メーカー
車種

お客様の声

車種
フィット シャトル ハイブリッド
年式
H24年10月(2012年10月)
走行距離
70,592 km
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
ユーカーパックさんにして本当に良かったです。
詳細を見る
続きを読む
車種
N BOX
年式
H27年05月(2015年5月)
走行距離
46,061 km
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
査定からオークション、落札、引渡し、入金まで非常にスムーズで満足しています。
詳細を見る
続きを読む
車種
ステップワゴン
年式
H21年02月(2009年2月)
走行距離
39,134 km
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
想定していたよりもかなり高く値段をつけていただき、とても満足です。わからないところは電話で聞いたのですが、丁寧な対応をしていただきました。 ただ、売買が決まってからのこちらからの印鑑証明などの書類を送った時、到着して確認したという連絡がほしかったです。不備で期日が守られないとペナルティ、とのことだったので、不安でした。 ですが、電話で対応していただいた方も査定に来てくださった方も、丁寧に対応してくださったので満足です。
詳細を見る
続きを読む
車種
ステップワゴン
年式
H18年09月(2006年9月)
走行距離
158,696 km
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
とても丁寧に査定して頂き、大満足です。初めて利用させてもらいましたがとても簡単でスピーディーなサービスで安心でした。 出品者のコメントが伝えられるのも◎!ありがとうございました。
詳細を見る
続きを読む
車種
ステップワゴン
年式
H18年05月(2006年5月)
走行距離
94,720 km
総合満足度
4.5
おすすめ度
4.5
買取業者に下取りを拒否された車でしたが、ユーカーパックさんでは納得のいく金額で売却することができました。それほど手間もかからず円滑に取引できたので、とても感謝しております。
詳細を見る
続きを読む

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

創業者 本田宗一郎から受け継がれた「Hondaイズム」

ホンダは創業者の本田宗一郎によって小さな町工場から二輪メーカーとしてスタートし、四輪への参入を経て、現在では日本を代表する自動車メーカーの1つとなっています。F1など国際的なレースでの活躍も印象的です。 ホンダはその源流といえる二輪ではスーパーカブ、四輪では70年代アメリカでの厳格な排ガス規制にいち早く対応したCVCCエンジンを搭載したシビックといった、シンプルかつ高性能な特徴を持つモデルを多数生み出しています。

本田宗一郎が掲げた技術力と独創性は現在にも受け継がれています。ホンダは本田宗一郎が長年の夢と掲げていた航空機の量産化を実現させています。ホンダ初の航空機「ホンダジェット」は同社のCMにも紹介されているため、ご存じの方も多いのでは無いでしょうか。

ユニークな発想が魅力!ホンダ独自のアイディア満載なクルマたち

ホンダの車は、どの車種にもホンダならはのユニークな発想が取り入れられています。例えば、フィットは初代シビックから受け継がれた「機械のスペースを最小に、人のためのスペースを最大に」という『M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想』に基づいた「センタータンクレイアウト」が採用されています。通常、燃料タンクは荷室や後部座席の下に配置されることが多く、コンパクトカーでは室内スペースや荷室を広くするのには限度がありました。

一方、センタータンクレイアウトの場合は、前席下に薄型の燃料タンクを配置させたため、後部座席や荷室をより広く取ることが可能となっています。 また、ステップワゴンは2015年に発売された現行モデルから、「わくわくゲート」と呼ばれる、縦開きのバックドアに横開きの機能を盛り込み、縦にも横にも開くユニークな構造が採用されています。従来ミニバンのトランクゲートは大きく、狭い駐車場では開けられずに苦労することもありましたが、ステップワゴンの場合は横に開くこともできるため、非常に使い勝手が良くなっています。

N-BOXは軽自動車の販売台数 4年連続1位!

ここ数年、ホンダで販売台数が絶好調な車種があります。それは軽自動車のN-BOXです。ホンダは軽自動車のシェアは軽自動車のジャンルにおいて長らくスズキやダイハツの後塵を拝していましたが、2011年に発売された初代N-BOXは、プラットフォームの新設計とホンダの特徴であるセンタータンクレイアウトによる低床設計により、軽自動車とは思えない室内空間の広さを実現しています。最近ではホンダの軽自動車を「Nシリーズ」と称して、N-BOXの超低床版のN-BOX+(プラス)、ベーシックモデルのN-ONE、トールワゴンタイプのN-WGN、バンタイプのN-VANなど、様々な用途に合わせた多彩なラインナップを展開しています。近年の軽自動車人気も相まって今後もこの人気は続きそうです。

ホンダ NSXは日本車で最も高価

日本車で最も高価な車種はホンダが誇るスーパースポーツカーのNSXです。1990年にデビューした初代NSXは高性能なV型6気筒 3.2L VTECエンジンと専用のオールアルミボディで世界を驚かせました。初代は2016年に販売が終了しましたが、その2年後の2018年には2代目がハイブリッド4WDシステムを搭載して華々しく復活しました。その車両価格は2370万円からとなっており、現状、日本車で最も高価な車種となっています。

ホンダ車の買取・売却なら、最大5000社以上が参加するクルマ買取オークション ユーカーパックをぜひ利用してみましょう。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号