メーカー
車種

お客様の声

車種
ロードスター
年式
H18年04月(2006年4月)
走行距離
98,145 km
総合満足度
4.0
おすすめ度
4.0
サイトを使い売却に不安がありました。 ですが、急かされる事無く、話もキチンと聞いていただき安心して利用出来ました。 最終書類送付前に、私はお電話頂きたかったかなと。無くてもメールで済むので時間や状況を気にせずできますが、内容説明としてあれば嬉しかったかなと。
詳細を見る
続きを読む
車種
ビアンテ
年式
H25年11月(2013年11月)
走行距離
52,155 km
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
予想以上に高く売れてよかった
詳細を見る
続きを読む
車種
アクセラスポーツ
年式
H26年10月(2014年10月)
走行距離
10,315 km
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
車種
アクセラスポーツ
年式
H26年01月(2014年1月)
走行距離
23,022 km
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
当初ディーラーでの売却を考えていましたが、インターネットでUcarPACを見つけ依頼しました。以前複数社の査定を出した際は嫌というほど電話が鳴りましたが、もちろん今回はそういうことはなく、担当者もとても親切で、迅速に+25万程高額で売却となりました。  本当にありがとうございました。
詳細を見る
続きを読む
車種
MPV
年式
H24年09月(2012年9月)
走行距離
29,308 km
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

走り・デザインにこだわる!独自路線を走るマツダ

マツダは広島県に拠点を持つ自動車メーカーです。 自動車の生産は3輪トラックからスタートし、現在では、アテンザアクセラデミオといった乗用車や、CX-3CX-5等の人気のSUV、ロードスターRX-7といった高性能なスポーツカーなど、多岐にわたるラインナップを誇っています。

ブランド名が「MAZDA」である深い理由

ブランド名のアルファベット表記は「MAZDA」という表記となっていることに疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。名称の由来の一つ目は、事実上の創業者である松田重次郎氏の名字「MATSUDA」です。

もう一つの由来は、西アジアでの人類文明発祥とともに誕生したゾロアスター教の"叡智・理性・調和の神"とされる「アフラ・マズダー(Ahura Mazda)」です。

「MAZDA」というブランド名は、このように2つの意味が込められています。

ロータリーエンジンを世界で唯一実用化

ドイツの自動車メーカーNSU社から技術提携を受けたマツダは、度重なる技術的な困難を乗り越え、1967年に世界初の量産ロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツを販売しました。

従来のレシプロエンジンと比べて、「軽量・コンパクト」「高出力」かつ「低振動・低騒音なスムーズさ」を併せ持つ特徴を持つロータリーエンジンは、RX-7RX-8といった高性能スポーツカーに搭載され、世界中で多くの熱狂的なファンがいます。

高いデザイン力に定評 「魂動デザイン」

マツダは、他の国産メーカーに先駆けて欧州車のようにデザインテイストを統一し、ブランド性を高めています。

近年では、「魂動デザイン」(心臓で用いられる「鼓動」ではなく「魂が動く」の頭文字を取った造語)と呼ばれる、独自のデザイン思想が反映されています。そのため、動物のような立体的かつカタマリ感のあるデザインは、誰が見ても「マツダ」だと分かる見た目となっています。

また、この魂動デザインをより引き立てるのが、マツダを代表する鮮やかな赤いボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」です。このカラーは、同じく広島を拠点にするプロ野球チーム、広島東洋カープのヘルメットにも同様の塗装技術が使われています。

車の基本性能を徹底的に磨き上げた「スカイアクティブテクノロジー」

国内自動車メーカー大手各社は、ハイブリッド技術や電気自動車など、環境性能を高めるために電動化を推し進めてきました。一方、マツダは「スカイアクティブテクノロジー(SKYACTIV TECHNOLOGY)」と名付け、従来の技術を徹底的に効率化を図り、次世代の車を開発していく方針を打ち出しました。

スカイアクティブテクノロジーは、それぞれ新開発のエンジン、トランスミッション、ボディ、シャーシを総称した技術群です。これらを総合的に組み合わせることで、車の走る・曲がる・止まると言った基本的な性能の底上げを図りました。

また、スカイアクティブテクノロジーの中心となるエンジンは、量産ガソリンエンジンとしては世界一の圧縮比14.0を実現した直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」、低燃費・高トルクが特徴のディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D」に加え、2019年にはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特長を併せ持つ次世代のガソリンエンジン「SKYACTIV-X」が新たに加わりました。 このSKYACTIV-Xは、モデルチェンジを機にアクセラから名称変更し日本国外と統一名称となったマツダ3に初搭載されています。

マツダ 買取・査定のポイント

マツダのユーザーではデザインや走りにこだわる方も多く、マツダ車の査定の際には車の修復歴や車両の状態がより重視される傾向があります。 近年はマツダ車の中古車市場における高い人気が高く、それを反映して買取店でも比較的高い買取価格を提示する傾向となっています。そのため、マツダ車同士の乗り換えの際でも、そのままディーラーに下取りを出すのではなく、買取店で客観的に評価をしてもらい、買取価格を比較することが高価買取のための一番の方法です。

また、最近のマツダ車は「年次改良」とよばれる、モデルチェンジに至らない程度の小規模な仕様変更が各車種で一年ごとに行われています。そのため、同一車種・同一モデルであっても、知らない間に自分の車種が型落ちになってしまうケースも多く見られます。ですから、マツダ車の場合はなるべく早いタイミングで売却することがより重要となります。

マツダ車の買取・売却なら、最大5000社以上が参加するクルマ買取オークション ユーカーパックをぜひ利用してみましょう。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号