現在の買取相場(2021年6月現在)

アクセラスポーツ

アクセラスポーツの買取相場データ

買取査定相場価格 69.3万円〜95.3万円
年式 2019年
走行距離 2万km
入力はカンタン30秒
完全
無料
査定依頼スタート

Title icon graph
アクセラスポーツの買取価格相場表

Title icon price
アクセラスポーツの直近の買取・査定実績

車名・グレード名
年式/走行距離/カラー
買取価格
(対相場比)
※買取相場価格は当時

直近6ヶ月のユーカーパック最高買取価格

120.0万円
(相場:84.0 〜 100.6万円)
買取成立 2021年6月

ユーカーパックなら
かんたん・安心・高く売れる

査定は1回だけ!個人情報も安心!

クルマの査定は1回だけでOK。お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

クルマの査定は1回だけでOK。
お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

最大5000社以上から買取価格が提示!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。
オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

安心・安全な取引の仕組み

お客様の個人情報がお車の購入者以外には公開されない新しい仕組みを採用しており、取引のやりとり全てをユーカーパックが仲介し、お客様が実際にやり取りするのはユーカーパックのみです。

お客様の個人情報がお車の購入者以外には公開されない新しい仕組みを採用しており、取引のやりとり全てをユーカーパックが仲介し、お客様が実際にやり取りするのはユーカーパックのみです。

売却したお客様の声
売却したお客様の声

総合満足度
4.5
おすすめ度
4.5
勤務も不規則で家庭では育児もあったのでできるだけメール等でやり取りしたかったです。連絡方法の希望順があると良かったかもしれません。また書類は締切が近いので時間がなく指定日に間に合いませんでした。もう少し余裕が欲しかったです。
総合満足度
4.5
おすすめ度
5.0
初めてのことで、不安が有りました。 電話の応対、メールでの応対共に分かりやすく、進めました。
総合満足度
4.5
おすすめ度
5.0
総合満足度
4.5
おすすめ度
4.5
総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
初めてオークション形式の買取依頼をしましたが、思った以上に高く売れてとても良かったです。最初は動きが遅く不安もありましたが、売り切り価格を超えた時はとてもワクワクしました。電話対応の際には不明な点を丁寧に説明頂きとても良かったです。

Title icon price
アクセラスポーツの買取・査定ポイント

車種概要

マツダ アクセラスポーツは、ヨーロッパで人気の高いCセグメントサイズの中型ハッチバックです。足回りやハンドリングなど、走りの質感はヨーロッパでも高く評価され、一躍マツダを代表する大ヒットモデルとなりました。なお、現行モデルはヨーロッパでの名称を踏襲し、国内市場でも「マツダ3」に名称が変更されています。

初代型(BK系)の買取・売却情報

従来、マツダ ファミリアが長らく親しまれてきましたが、2003年に世界戦略車として初代アクセラスポーツ(BK系)が登場しました。アクセラスポーツが属するCセグメントでは、フォルクスワーゲン ゴルフやプジョー307、フォード フォーカスといった強力なライバル車が数多く存在していましたが、2004年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーで2位を獲得したほか、世界各国で高い評価を受けました。

では、初代型アクセラスポーツの買取・売却ポイントについて見ていきましょう。

グレードは、1.5Lガソリンエンジン搭載モデルの「15F」「15C」、2.0Lガソリンエンジン搭載モデルの「20C」「20S」、2.3Lガソリンエンジン搭載モデルの「23S」「23H」が基本構成となっており、2006年にはスポーツモデルである「マツダスピード」が追加されています。

流通台数は1.5Lモデルと2.0Lモデルが多い状況です。なお、生産終了から10年超経過しており、走行距離に関わらず買取価格は付きにくくなっています。一方、「マツダスピード」は流通台数が非常に少なく、その希少性から買取価格は比較的高めです。

2代目(BL系)の買取・売却情報

2009年に初のフルモデルチェンジを迎えた2代目アクセラスポーツ(BL系)は、マツダ車のアイデンティティといえる5角形のフロントグリルが大型化され、エクステリアデザインが一新されました。2011年に行われたマイナーチェンジでは、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」が採用され、一部グレードで新型ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」、新型変速機の「SKYACTIV-DRIVE」がアクセラとして初めて搭載されました。

では、2代目アクセラスポーツの買取・売却ポイントについて見ていきましょう。

1.5Lガソリンエンジン搭載モデルの「15C」「15S」、2.0Lガソリンエンジン搭載モデルの「20C20C スカイアクティブ」「20S20S スカイアクティブ」「20E(4WDモデル)」が基本構成となっています。

流通台数としては2.0Lモデルの流通台数が多い傾向で、マイナーチェンジ以降の後期型となる「20C スカイアクティブ」「20S スカイアクティブ」の評価が高めとなっています。また、初代型と同様、スポーツモデルの「マツダスピード」は流通台数が非常に少なく、その希少性から買取価格は比較的に高めをキープしています。

3代目(BM系)の買取・売却情報

2013年に2度目のフルモデルチェンジを行った3代目アクセラスポーツ(BM系)は、2代目の後期型から部分的に採用されたマツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」を従来のエンジンとトランスミッションに加え、ボディとシャーシにも採用することで、全面的な採用が図られ、走りの質感と燃費性能のさらなる向上が図られました。また、エクステリアデザインはマツダの新デザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用し、ダイナミックかつ生命感のあるデザインとなりました。

では、3代目アクセラスポーツの買取・売却ポイントについて見ていきましょう。

グレードでみると搭載されるエンジンにより、大まかにSKYACTIV-G 1.5(1.5Lガソリンエンジン)搭載モデルの「15C」「15S」、SKYACTIV-G 2.0(2.0Lガソリンエンジン)搭載モデルの「20S」「20S ツーリング」「20S ツーリング Lパッケージ」、SKYACTIV-D 2.2(2.2Lディーゼルエンジン)搭載モデルの「XD」「22XD プロアクティブ」「22XD Lパッケージ」、SKYACTIV-D 1.5(1.5L ディーゼルエンジン)搭載モデルの「15XD」「15XD プロアクティブ」「15XD Lパッケージ」に分けられます。

流通台数としては、1.5Lガソリンモデルの標準グレードとなる「15S」の流通台数が多く、次いでディーゼルモデルの「XD」、2.0Lガソリンモデルの上位グレードである「20S ツーリング」という順番となっています。一方、相場価格では、XD(22XD)系、1.5XD系といったディーゼルモデルの評価が全般的に高い傾向です。

走行距離でみると、3~4万km未満の場合、比較的高めの査定評価が付く可能性が高いでしょう。

なお、アクセラスポーツは2WD車の全グレードにMTモデルが用意されていますが、MTモデルは流通台数が少ない状況ですが、2.0Lガソリンモデル、ディーゼルモデルの上位グレードでは評価が高めとなる可能性があります。

ボディカラーは、有償色となるパール系(スノーフレイクホワイトパールマイカ)の評価が最も高く、次いでブラック系(ジェットブラックマイカ)とレッド系(ソウルレッドクリスタルメタリック)が続きます。

装備でみると、バックモニター、電動スライドガラスサンルーフ、BOSEサウンドシステムの評価が高めの傾向です。

マツダ アクセラスポーツをより高く売却するにはユーカーパック

マツダを代表するモデルといえるアクセラですが、中古車市場でも非常に人気の高い車種ですので、マツダ車同士で乗り換える場合であっても、マツダ系ディーラーで下取り査定を行うだけでなく、複数の買取店で査定してもらい、客観的に車の価値を確かめてみることがより重要です。

マツダ アクセラスポーツの買取・売却なら、最大5000社以上が参加するクルマ買取オークション ユーカーパックをぜひ利用してみましょう。

Title icon info
アクセラスポーツの豆知識

概要

アクセラスポーツは、マツダが誇る新世代技術である「SKYACTIV TECHNOLOGY」が採用され、走りを追求したスムーズな乗り心地が特徴です。

G-ベクタリング・コントロールが搭載され、1.5Lのガソリンエンジンと、2.2Lと1.5Lのクリーンディーゼルプラス直噴ターボがあります。さらなる力強さを求める人には4WDも選ぶこともできます。

海外では「Mazda 3」と呼ばれ、マツダの主力モデルとして人気です。

おすすめポイント

アクセラスポーツでは、最新の安全性能も充実しています。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートにより、衝突を回避し、少しでも被害を軽くするための自動ブレーキと誤発進抑制制御が装備されているグレードもあります。

上級や中級のグレードでは、これまでマツダの安全技術として主流であったアイ・アクティブセンスが進化し、「アダプティブ・LED・ヘッドライト」「ブラインド・スポット・モニタリング」「レーンキープ・アシスト・システム&車線逸脱警報システム」などの安全装置が標準装備やオプションとして選択できます。

デザイン(外観・内装)

力強いボディを持つアクセラスポーツは、ボディカラーにもこだわり、上品さを出すことにも成功しています。

マツダ独自の塗装技術である「匠塗 TAKUMINURI」により鮮やかさと深みの両方を再現することを可能にしました。

これまで何度もカーオブザイヤーのファイナリスト入りを果たしているマツダインテリアにもこだわりを見せ、左右それぞれに温度設定可能なエアコンや、機能性の高いタッチパネル式のコネクティビティシステムである「マツダコネクト」などを搭載し、快適な空間を作り出しています。

走りやすさや乗り心地

マツダのアクセラスポーツは、気持ちよさに包まれる走り心地を追求して作られています。

ディーゼル車であっても運転中に車内で音を感じることのない静かな走り心地と、マンホールなどのギャップにも不快感を与えません。それでいてロードインフォメーションをドライバーに伝えてくれる、運転が好きな人のための車であると言えるでしょう。

コックピットはさまざまな研究を重ねて考え出された「無理のない快適な姿勢」を保てるように設計されています。アクセラスポーツではマツダならではの上質の乗り心地を体感できます。

燃費/排気量

アクセラスポーツはスポーティでありながらも驚きの燃費の良さを誇ります。

排気量が1.5Lで平均燃費は20.4km/Lであり、山道などのカーブの多い道であっても燃費の落ち込みが少ないのが特徴です。そのため安定した燃費を保つことができます。

マツダでは燃費性能をさらに向上させるためにボディが受ける空気の流れを理想的なもの近づける「空力グランドライン」を採用しています。

フロア下とアッパーボディに分かれて気流を流すことで燃費性のだけでなく、走行の安定性と静寂性も生み出すことに成功しました。

入力はカンタン30秒

今すぐ 無料査定申し込み

車両情報入力
車両情報入力

必須メーカー
マツダ
必須車種
アクセラスポーツ
必須年式
選択してください
必須走行距離
選択してください

お客様情報入力
お客様情報入力

必須お名前(かな)
必須 郵便番号 郵便番号検索
必須電話番号
無料査定を申し込む
無料査定お申込みフリーダイヤル
ユーカーパックの査定にお申込みをされる方の専用フリーダイヤルです。
0120-020-050
ページのトップへ
無料査定に申し込む