車の査定シミュレーション。査定基準と高く売るコツ、注意点

「車を買い換えたい」「売りたい」という人が一番気になるのは「自分の車が一体いくらで売れるのか」ではないでしょうか?

売却前に価格の予想を立てられると、その後の計画も立てやすくなります。車の査定基準や高く売るコツを交えながら、実際に査定シミュレーションの仕方、注意点などをご紹介します。

車の査定金額はどのように決まるのか

車の査定額を決める要因は一つではありません。さまざまな要因が折り重なって、最終的な査定額が決定されます。どのような要因が査定額を左右することになるのかについて、まずは見ていきましょう。

車種やグレード、年式

車種は査定金額を左右するもっとも大きな要因の一つです。新しい車種や人気の高い車種・グレードほど高い金額がつきやすくなります。より高額な査定を狙うのであれば、モデルチェンジ前に売却しましょう。

車種やグレードと同様に年式も新しい方が中古車市場では人気が高く、高い値段がつく傾向にあります。特に5年目、10年目を超えるとぐっと下落率が高くなるので注意しましょう。

ただし年式が古くても、後続モデルがなく生産終了を迎えた絶版車や絶版モデルにはプレミアがつくことがあり、高く売れる場合があります。

走行距離やダメージ

たとえ年式が新しくても、 走行距離によって価格が大きく下落することがあります。走行距離が長いほど、車が使い込まれ、パーツなどが劣化していると判断されるからです。10万kmの大台は、とくに査定金額を左右する大きな境目となります。

ダメージも大きいほどマイナス要因になります。小さなキズやヘコミであればそれほどマイナスにはなりませんが、損傷の状態によっては修理費用相当の減額が行われてしまうことがあります。また、内装についても、シートの状態が悪かったり、喫煙車の場合はマイナス評価の対象となります。

加えて車両内部のダメージも査定対象です。特にエンジンや駆動系部品に損傷や劣化が見られる場合、査定額から大きく引かれる可能性があるので注意しましょう。

車業界のトレンド

車業界全体のトレンドも、ときに査定額を左右することがあります。例えば市場でSUVが流行っている場合、そのジャンルの査定額は上昇し、人気の低いジャンルの車種の査定額は低い水準となることもあります。

オプション

装備やオプションも細かくチェックされます。最も評価が高いのはやはり純正品です。もし正規の装備やオプションが取り外されている状態であれば、査定額は減少するでしょう。また、社外品のオプションが付いている場合は業者によって評価は異なります。

オプションを交換していたとしても、手元に純正品があれば査定の際に合わせて提出してみるのもよいでしょう。

車査定の相場を知る方法とは?

正式に査定に出す前に自分の車にどのぐらいの値段がつくのか相場を知りたいという人は多いでしょう。車査定の相場を知る方法についていくつかご紹介します。

ディーラーや中古車買取店に見積もりを依頼

ディーラーや中古車買取店に見積もり依頼するという最もオーソドックスな方法です。中古車市場にも詳しくトレンドの把握しているため、 かなり正確な査定金額を知ることができます。

ただし、ディーラーに査定を依頼する場合は、原則新しい車を購入することが前提の「下取り査定」になります。

また、中古車買取店に見積りを依頼する場合は店舗に持ち込む手間もかかり、さらに査定後は買取の営業をかけられる可能性が大いにあります。

個人情報の入力なしに査定相場を調べる方法もある

正式な査定に申し込むまでは「営業をかけられたくない」「個人情報を外に出したくない」という人もいるでしょう。そのような方には、インターネットを使って車の査定相場を調べる方法が最も有効です。

中古車情報サイトをめぐって、実際の車の小売金額を確認し、大体の査定額を算出してみるという方法もありますが、それよりも有効なのはWebサイトの査定シミュレーション機能を活用することです。

Webサイトの査定シミュレーション機能を利用する

メーカーのWebサイトや中古車買取サイトでは査定シミュレーションができるページを設置していることがあります。査定シミュレーション機能は、車種や年式をはじめとした条件を選択していくことによって、ある程度車の査定額が割り出せる仕組みとなっています。

実際に査定シミュレーションしてみよう

査定シミュレーション

実際にインターネット上のウェブサイトを使って、査定シミュレーションをしてみましょう。具体的な方法や流れを紹介します。

メーカーサイトのシミュレーション機能を使って調べる

メーカーが提供しているシミュレーション機能を利用してみましょう。

TOYOTAのWebサイトでは、下取り参考価格情報がシミュレーションできるページがあるので、ぜひ一度利用してみてください。

方法は非常にシンプルで、サイトの案内に従って車の情報を入力していくのみです。すべて選択式で、記述する情報はありません。メーカー・車名・年式を選択したら、次はボディタイプや発売日、型式を選択します。

最後にグレードや仕様、燃料、主な装備を選択すれば完了です。表示される金額がシミュレーションされた価格となります。

中古車買取サイトから調べる

車メーカーの公式サイト以外に、中古車買取サイトでも査定シミュレーションを設置している場合があります。 こちらも中古車市場に精通しているため、メーカーサイトに引けを取りません。

ユーカーパックで調べる方法

ユーカーパックで査定前に、自分の車の買取相場価格を知るためには、まず、「クルマの売却実績」から、自分の車と同じ車種、年式の車の売却実績を見てみましょう。

詳細な条件で価格に違いはありますが、だいたいの相場価格を知ることができます。車の写真をクリックすると、実際に買取が成立した車の状態や価格を見ることも可能なので、参考になるでしょう。

自分の車の買取価格相場がわかったら、次は査定についての解説です。

車の査定方法

車の査定方法

車の査定方法は大きく分けて3種類あります。それぞれどのような査定方法なのかを詳しく解説します。

持ち込み査定

持ち込み査定は、中古車販売店や買取専門店に実際に車を持ち込んで、その場で査定してもらう方法です。
値段にあまりこだわらず、色々悩んだりせず、早く売りたい時はこの方法も良いでしょう。

査定額に納得いけばその場で売ることもできるでしょう。スタッフとその場で相談しながら、買取についての打ち合わせを進めていくことができます。

出張査定

買い取り店に家や職場まで来てもらい、査定してもらう方法です。わざわざお店に持ち込まなくて良いので手間が省けるほかに、車検切れなどの理由で公道を走れない車でも査定してもらうこともできます。

ただし家や職場の住所を知られてしまうので、その後、別の買取業者に出したいと思ってもしつこく営業をかけられて、根負けしてその業者に売ってしまうということも多いようです。

業者選びや事前の口コミの確認などはしっかり行う必要があります。
また、その際には出張査定が無料かどうかについてもきちんと確認しましょう。

一括査定

一社だけで見積もりを依頼すると、相場よりも安い査定額を出された際に気づきにくいといったリスクもあります。このようなリスクを防ぎ、より相場の金額に近づけるために複数の業者に一気に査定してもらう方法が一括査定です。

一括査定サイトを使えば、インターネットを使って複数社に一括で査定申込を行うことができます。
複数の業者に見てもらえる上、人気車種であれば査定額が高くなりやすいというメリットがあります。

ただし一般的に個人情報の入力が無ければ査定依頼できないものが多いので、その後査定業者からたくさんの営業電話やメールの問合せがきてしまうことはあらかじめ覚悟しましょう。

ユーカーパックの査定方法は?

ユーカーパックで査定を行う場合は、まず電話やWebサイトから詳細な情報を入力します。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • 郵便番号
  • 連絡先
  • 氏名

その後、サポートセンターから連絡があり、近くのユーカーパック査定店や提携ガソリンスタンド、もしくは自宅で査定が受けられます。

ユーカーパックでの査定では、5000社を超える全国の買取業者が参加するオークションにかけられ、買取価格が決まりますが、買取業者を売り手が決定するまで、個人情報は渡されないため、一括査定のようなしつこい営業をされることはありません。また、査定が1回だけで済むのもメリットです。

高く売るための車の査定ポイントとコツ

高く売るための車の査定ポイントとコツ
車を売る以上、できるだけ高く買い取ってほしいものです。
車をできるだけ高く売るためには、以下の点を押さえるようにしましょう。

時期を考えて売却する

ボーナスの時期や会社の決算期などが、年内でも車が高く売れる時期と言われています。1~3月、9~10月は一般的に車の需要があがり、その分高い値段がつく可能性があるでしょう。

ただし、走行距離が増え、年式が古くなるほど車の価値は下がりますので、例えば11月に車を売りたくなったのであれば、1月まで待つよりもすぐに売ってしまった方が高く売れる可能性があります。時期は、あくまで目安として考えましょう。

走行距離が大台に乗る前に売る

走行距離が大台に乗る前に車を売却するのがポイントです。3万km、5万km、10万kmといったキリが良い数字の前に売却を検討しましょう。

特に10万kmを超える場合、車のパーツが摩耗し、故障しやすくなります。そのため買い手がつきにくくなり、価格が下落する傾向にあるのです。

査定前に洗車・車内掃除をしておく

実際には買い取られた後には清掃はされるものの、査定の前に洗車や清掃をしておくことで、査定での印象が良くなる可能性が高まります。

費用をかけての本格的な清掃は不要ですが、簡単な清掃をある程度済ませておくと、査定時に「丁寧に扱われた車」という印象を与えることができるかもしれません。

カスタム(改造)してある場合は?

一般的なディーラーでの下取りや買取店では、純正に近い状態であるほど、高額査定になる傾向にあります。そうしたところで査定をする場合は、社外品のパーツやカーオーディオなどは純正のものに戻しておきましょう。

ですが、必ずしも純正に戻さなければ高く売れないわけではありません。
カスタム(改造)車の売却を考えるのであれば、カスタムカー専門店や、専門店が多数参加するユーカーパックでの査定をおすすめします。カスタム(改造)車ニーズのあるところに出すことがポイントです。

傷やへこみはそのままの状態にする

傷やへこみは査定額を大きくマイナスにする要因ですが、査定に出す前に修理などする必要はありません。修理にかけた費用分、査定額が上がるとは限らないからです。

車の状態を良くすることは査定アップに重要ですが、洗車や車内クリーニングなど、お金のかからない範囲にとどめましょう。

査定時の注意点

査定に出す際の注意点について解説します。次の点については留意し、対策ややり方について十分に検討しましょう。

シミュレーション結果と金額が大幅に違うこともある

インターネット査定などで特に起こり得ますが、シミュレーション結果の査定額と実際の金額が大きく違うことがあります。

なぜならシミュレーション機能では市場の動向などの外因や、車の傷や凹みといった実際に見てみなければわからない車の状態が考慮されていないからです。また、エンジンや駆動系部品の劣化など、見えないところで査定にマイナス評価がつくケースもあります。

シミュレーションで算出された金額は、あくまでも参考程度とすることが大切です。

営業からしつこく電話がかかってくることも

査定のために業者に個人情報を教えてしまうと、その後にしつこく営業の電話がかかってくることもあります。家の住所まで知られてしまうと、実際に訪問されてしまうというケースもあるでしょう。

防止策としては、取引実績の多い業者や上場している大手の業者に依頼することです。もし地元に根付いた中古車業者などを利用する場合には、実際に利用したことのある人に利用した感想を聞くなど、事前に調査しておくとよいでしょう。

再査定やキャンセルペナルティが発生する可能性も

買取契約が成立した成立した後に再査定をされて価格が一方的に変更されてしまうケースや、契約後にキャンセルを申し出た場合に違約金を課されるケースがあります。

これらのトラブルを防ぐためには、契約書をよく読み、再査定やペナルティについての条項を確認することが重要です。

愛車の売却時にはしっかりと、相場を調べ、査定方法を検討して、後悔のないようにしてください。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

記事カテゴリ

お役立ち関連情報

車買取オークションご利用ガイド

個人売買をご利用の方へ

おすすめ情報

人気記事

ユーカーパックについて

あなたの車が高く売れる!クルマ買取オークション ユーカーパック
  
ページのトップへ
入力はカンタン30秒
無料査定に申し込む