現在の買取相場

BMW 3シリーズ
170.6万円〜234.6万円
2017年/ 2万km
入力はカンタン30秒
完全
無料
査定依頼スタート

Title icon graph
BMW 3シリーズの買取価格データ

グレード別の相場価格

グレード
買取価格
0.0万円〜5.5万円
0.0万円〜8.8万円
3.4万円〜11.2万円
4.3万円〜14.3万円
0.0万円〜7.0万円
27.1万円〜45.2万円
141.7万円〜166.7万円
135.5万円〜159.4万円
26.5万円〜44.2万円
48.4万円〜60.5万円
182.1万円〜227.6万円
0.0万円〜7.3万円
89.0万円〜104.7万円
84.2万円〜99.1万円
115.4万円〜135.8万円
67.4万円〜84.3万円
4.0万円〜13.2万円
10.7万円〜21.3万円
40.7万円〜58.1万円
5.3万円〜17.6万円
10.7万円〜21.4万円
37.9万円〜54.1万円
4.8万円〜15.9万円
36.0万円〜51.5万円
17.9万円〜35.9万円
149.6万円〜176.0万円
95.6万円〜112.5万円
12.8万円〜25.6万円
14.4万円〜28.9万円
148.3万円〜174.5万円
137.1万円〜161.3万円
150.2万円〜176.7万円
10.9万円〜21.9万円
131.7万円〜154.9万円
143.1万円〜168.3万円
160.1万円〜188.4万円
14.3万円〜28.7万円
25.1万円〜41.9万円
52.2万円〜65.2万円
77.8万円〜91.5万円
56.8万円〜71.0万円

年式別の相場・査定価格

年式
平均買取価格
当社平均査定
2017年
192.0万円
195.6万円
2016年
166.9万円
170.7万円
2015年
145.0万円
149.9万円
2014年
121.6万円
127.4万円
2013年
113.1万円
116.9万円
2012年
98.5万円
102.7万円
2011年
60.8万円
64.4万円
2010年
45.5万円
47.4万円
2009年
28.3万円
30.3万円
2008年
27.2万円
28.7万円
2007年
22.9万円
24.3万円
2006年
19.6万円
20.7万円
2005年
16.7万円
17.7万円
2004年
15.3万円
16.4万円
2003年
9.8万円
10.3万円
2002年
10.3万円
11.0万円
2001年
8.3万円
8.8万円
2000年
8.6万円
9.2万円
1999年
8.0万円
8.5万円
1998年
6.9万円
7.3万円

走行距離別の相場・査定価格

走行距離
平均買取価格
当社平均査定
1万km
95.3万円
97.9万円
2万km
89.6万円
92.6万円
3万km
85.0万円
87.9万円
4万km
73.6万円
77.5万円
5万km
70.8万円
73.0万円
6万km
69.0万円
73.1万円
7万km
62.6万円
65.6万円
8万km
60.8万円
62.9万円
9万km
59.0万円
61.6万円
10万km
58.1万円
61.3万円
※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。

Title icon price
BMW 3シリーズの直近の買取・査定実績

車名・グレード名
年式/走行距離/カラー
買取価格
(対相場比)
※買取相場価格は当時

直近6ヶ月のユーカーパック最高買取価格

307.6万円
(相場:-万円)
買取成立 2017/09

ユーカーパックなら
かんたん・安心・高く売れる

査定は1回だけ!個人情報も安心!

クルマの査定は1回だけでOK。お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

クルマの査定は1回だけでOK。
お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

最大5000社以上から買取価格が提示!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。
オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

中間コストがない直接取引

あなたのクルマとクルマを買いたい買取店とを結ぶ直接取引なので中間コストがありません。だから、ディーラー下取りや買取店よりも高く売れるんです!

あなたのクルマとクルマを買いたい買取店とを結ぶ直接取引なので中間コストをカット。
だから、ディーラー下取りや買取店よりも高く売れるんです!

売却したお客様の声
売却したお客様の声

Title icon price
BMW 3シリーズの買取・査定ポイント

BMW 3シリーズの売却を検討するにあたり、まず予備知識として知っておきたいことは、BMW車のリセールバリューは高くないということです。これはディーラーが新車販売時にむやみに大幅値引きをしたことと、決算期に長期在庫車を自社登録し中古市場に流したことで、BMWのブランド価値が毀損されているからです。

またBMW車は2回目の車検を迎えるまでは好調ですが、それ以降は特に電気系統に故障が発生しやすくなり、初度登録から5年以上経過したBMW車は査定が低くなる傾向にあります。さらに一般的に、BMW車は走行距離が長く、カスタマイズが施されているイメージがあります。走行距離が少なく程度の良い中古車を探す人には、BMW車は敬遠されがちなのです。加えてBMW 3シリーズは輸入車の新車では1、2を争う売れ行きで、中古車市場での流通量も多いので、希少価値もなく高額査定が付けにくい状況です。さらにBMW 3シリーズのボディタイプはセダン、ステーションワゴン、5ドアハッチバックで、日本の中古車市場では不人気です。BMW 3シリーズにはこれだけの悪条件が揃っており、高額査定が難しい状況です。

それでもBMW 3シリーズを高値で売却するには、抑えるべきポイントがあります。それが売却タイミング、走行距離、グレード、外装色です。

売却タイミングですが、新型のG20型が登場したため、先代のF30型の査定は右肩下がりの傾向にあります。さらに先述した2回目の車検以降はさらに査定額が下がる傾向にあるので、F30型セダンやF31型ツーリングのオーナーで売却をご検討中の方は、2度目の車検前の売却をご検討ください。もし2度目の車検を過ぎていて売却をご検討中なら、なるべく早く手放した方が良いでしょう。

走行距離は短い方が好まれます。中古車業界では年間8,000~10,000kmを標準的な走行距離としているので、少しでも高く売却するなら距離は控え目に運転しましょう。

人気グレードはM Sportです。それもできるだけ新車販売価格が高いグレードだと、高額査定の可能性が上がります。新型の320i M Sportの購入を検討中なら、リセールバリューを考え330i M Sportも検討してみてください。

外装色は定番のホワイト系と、ブラック系が人気です。逆に赤系など不人気色だと査定額が下がる傾向にあります。

BMW車からBMW車への乗り換えなら、BMW系ディーラーで下取りをしてもらうのが一般的です。しかしBMW車から他ブランド車に乗り換える場合、他ブランドのディーラーでは下取り価格が低くなる傾向にあります。なぜなら他ブランドのディーラーでは、BMWの購入を希望している顧客を捕まえづらいからです。

中古車販売の鉄則として顧客を確保してから、顧客の購入希望車を仕入れて販売すると利益が通常以上に確保できます。商品をストックし、管理するコストが省けるからです。

ユーカーパックが高額査定を出しやすい理由はここで、一度査定したら全国の中古車販売店が参加する買取オークションに出品し、既に顧客を抱えている販売店が高額で買取るシステムなのです。一般の買取店の売却額に納得できない時は、ユーカ―パックを利用してみませんか。

BMW 3シリーズの買取・売却なら、最大5000社以上が参加するクルマ買取オークション ユーカーパックをぜひ利用してみましょう。

Title icon info
BMW 3シリーズの豆知識

概要

BMW 3シリーズはDセグメントの小型セダンを中心とする車種で、BMW社の最多量販車です。現行モデルはG20型で、2019年3月にモデルチェンジしました。

モデル特徴

BMW 3シリーズは、世界で初めてターボエンジンを搭載したBMW2002の血統を受け継ぐ伝統ある車種です。初代モデルは1975年に発売され、以降6度のモデルチェンジが行われ、2019年3月からは日本でも新型7代目モデルのG20型が発売されました。

2019年12月時点での新型G30型3シリーズのボディタイプは2種類で、G20型4ドアセダンと「ツーリング」と呼ばれるG21型5ドアステーションワゴンが用意されます。「グランツーリスモ」の5ドアハッチバックは従来のF34型が販売されており、フルモデルチェンジが待たれます。

グレード・ボディカラー

BMW 3シリーズは2.0Lエンジンを搭載したFR車の「320i」を中心に、グレード展開がなされています。他にも2.0L直4ディーゼルターボ、PHEV(セダンのみ)を搭載したグレードがあり、ガソリン2.0L直4ターボはノーマル版とハイチューン版が用意されるので、合計4種類のパワーユニットがラインアップされています。

組み合わされる変速気は8速ATで、ノーマルタイプとスポーツモード付タイプの2種類が設定されます。駆動方式はFRの他に、BMW社のフルタイム4WDシステムの「xDrive」搭載グレードも用意されます。

グレード名は「(シリーズ名)+(エンジン排気量)+(エンジン種類)」で表されています。「320i」の場合、「3シリーズ、2.0Lエンジン搭載、ガソリン車」を意味し、3シリーズの標準仕様になります。この後に、各仕様、駆動方式やボディタイプを表す単語が続きます。「SE」は受注生産の廉価版、「M Sport」はM社のアクセサリーやパーツを標準装備したスポーティーグレードです。

2.0L直4ガソリンターボ(ノーマル版)搭載グレード

  • 320i SE FR 8AT
  • 320i FR 8AT
  • 320i M Sport FR スポーツモード付8AT
  • 320i SEツーリング FR 8AT
  • 320i ツーリング FR 8AT
  • 320i ツーリングM Sport FR スポーツモード付8AT

2.0L直4ガソリンターボ(ハイチューン版)搭載グレード

  • 330i MSport FR スポーツモード付8AT
  • 330i ツーリングMSport FR スポーツモード付8AT

2.0L直4ディーゼルターボ搭載グレード

  • 320d xDrive 4WD 8AT
  • 320d xDrive M Sprt 4WD スポーツモード付8AT
  • 320d xDrive ツーリング AWD 8AT
  • 320d xDrive ツーリングM Sprt AWD スポーツモード付8AT

プラグインハイブリッド

  • 330e M Sport FR スポーツモード付8AT

3シリーズには上記の他に、M社がチューニングしたスペシャルモデルもラインアップされます。こちらは性能、価格ともにノーマルの3シリーズモデルとは別格で、派生車として独立したモデルです。

3.0L直6ターボ搭載車

  • M340i xDrive AWD スポーツモード付8AT
  • M340i xDriveツーリング AWD スポーツモード付8AT

サイズスペック

新型G20型3シリーズセダンとG21型3シリーズツーリングは、Dセグメントに属するミドルクラス車です。国産車ならレクサス ISと同クラスであるため、さほど長い車ではありません。しかし全幅だけは操縦安定性や側面衝突安全性にも関係するため、国産車よりワイドに設計されています。

3シリーズ 320iの外形寸法

  • 全長:4,715mm
  • 全幅:1,825mm
  • 全高:1,440mm ※ツーリングは1,470mm

最小回転半径は、320i系なら5.3mで、トヨタの新型カローラセダンと同じです。狭い路地での方向転換でも、ハンドルを何度も切り返さなくても大丈夫そうです。

またラゲッジ容量ですが、セダンのトランクは480L、ツーリングは通常時で500L、2列目シート可倒時で1,500Lをそれぞれ確保しています。ツーリングのリアシートは、4:2:4の3分割可倒式なので、中央だけ倒すなどシートアレンジも様々に工夫できます。

エンジンスペック

新型G20型3シリーズセダンに搭載されるパワーユニットは、Mモデルも含め全5種、G21型ツーリングでは4種類です。それぞれの性能は、次の通りです。

2.0L直4DOHCターボ(ノーマル版)

  • 総排気量:1,998cc
  • 最高出力:135kW(184ps)/5,000rpm
  • 最大トルク:300Nm(30.6kgm)/1,350-4,000rpm

2.0L直4DOHCターボ(ハイチューン版)

  • 総排気量:1,998cc
  • 最高出力:190kW(258ps)/5,000rpm
  • 最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1,550-4,400rpm

2.0L直4ディーゼルターボ

  • 総排気量:1,995cc
  • 最高出力:140kW(190ps)/4,000rpm
  • 最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1,750-2,500rpm

PHEV

●エンジンスペック
  • 総排気量:1,998cc
  • 最高出力:135kW(184ps)/5,000rpm
  • 最大トルク:300Nm(30.6kgm)/1,350-4,000rpm
●電気モータースペック
  • 最高出力:83kW(113ps)/3,170rpm
  • 最大トルク:250Nm(25.5kgm)/3,170rpm

3.0L直6ターボ

  • 総排気量:2,997cc
  • 最高出力:285kW(387ps)/5,800rpm
  • 最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1,800-5,000rpm

さすがはBMWのエンジンで、いずれも高性能です。しかし、最高出力を日常の運転で使い切ることは、法定速度内では難しいでしょう。一方最大トルクの発生回転数に目を向けると、1,350回転で最大トルクを発生できる最もベーシックな2.0L直4ガソリンターボの扱いやすさが目立ちます。

燃費・動力性能等

前章でご紹介したBMWのパワーユニットはいずれも高出力ですが、では燃費はどうでしょうか。各ユニットの燃費は次の通りです。

2.0L直4DOHCターボ(ノーマル版)

  • WLTCモード:13.8km/L
  • 市街地モード:10.2km/L
  • 郊外モード:13.9km/L
  • 高速道路モード:16.3km/L
  • JC08モード:15.6km/L

2.0L直4DOHCターボ(ハイチューン版)

  • WLTCモード:13.2km/L
  • 市街地モード:9.4km/L
  • 郊外モード:13.7km/L
  • 高速道路モード:15.5km/L
  • JC08モード:15.7km/L

2.0L直4ディーゼルターボ

  • WLTCモード:15.3km/L
  • JC08モード:18.9km/L

PHEV

  • WLTCモード:13.1km/L
  • 市街地モード:9.6km/L
  • 郊外モード:13.2km/L
  • 高速道路モード:15.4km/L
  • JC08モード:15.4km/L

3.0L直6ターボ

  • WLTCモード:11.7km/L
  • 市街地モード:7.8km/L
  • 郊外モード:12.2km/L
  • 高速道路モード:14.4km/L
  • JC08モード:12.4km/L

2.0LガソリンエンジンはWLTCモードで概ね13.0km/L台で、車格を考えると経済的と言えます。ディーゼルターボはWLTC総合で15.3km/Lと好成績ですが、各モードの燃費がまだメーカーから公開されていないので、詳細が不明です。PHEVは燃費だけなら、他の2.0Lエンジンと変わりませんが、EVモードで57km走行が可能です。使い方によっては、1か月ガソリン無給油でも走行できるため、JC08やWLTCモードの燃費に惑わされてはいけません。

3.0L直6ターボは、BMW Z4やトヨタ GRスープラに搭載されている3.0L直6ターボと同じエンジンのチューニング違いです。3シリーズに搭載されていても、中身はスポーツカーそのもの。ある程度の燃料費を覚悟しておきましょう。

入力はカンタン30秒

今すぐ 無料査定申し込み

車両情報入力
車両情報入力

必須メーカー
必須車種
必須年式
必須走行距離

お客様情報入力
お客様情報入力

必須お名前(かな)
必須 郵便番号 郵便番号検索
必須電話番号
無料査定を申し込む
お電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00
0120-020-050
ページのトップへ
無料査定に申し込む