車の下取り価格の相場は?買取との違いは?おすすめの売却方法とは

車を下取りに出す場合、自分の車にいくらの価格がつくかを事前に知りたい人は多いのではないでしょうか?

下取り価格の相場の調べ方や買取との違い、おすすめの売却方法について解説します。なるべく車を高価格で引き取ってもらえるように工夫しましょう。

車の下取り、買取の違いとは

車の下取りと買取は、似ているようで実はまったく異なった意味を持っています。下取り価格の相場について詳しく知る前に、まずは下取りと買取がどのように違うのかを具体的に見ていきましょう。

車の下取りとは?

下取りとは、新しく車を購入する際に、現在乗っている車を新しい車の購入店舗やディーラーに売却することです。そのため、下取りは基本的に車を新規に購入することが前提です。

一方で買取は、買取専門店や中古車販売業者に車を買い取ってもらうことを指します。

基本的に、下取りは新規に購入した車の代金に割り当てるため、手元にお金は残りません。一方で買取の場合は、買取金額がそのまま現金として手元に残ります。

車の下取りと買取の違い 手続き

車の売却手続きは、基本的には以下のような流れで実施されます。

  1. 業者を決める
  2. 買取査定を受ける
  3. 必要書類をはじめとした手続きの準備
  4. 売却車両の引き渡し
  5. 入金確認

車の売却手続きは、基本的に下取りの方が、手間がかかりません。下取りは売却と購入を一つの店舗で済ませられるため、業者を選んだりオークションにかけたりといった手間が発生しないためです。

一方買取の場合、高く売ろうと思うのなら業者間の価格比較などを行わなければなりません。また、買取方法によっては価格交渉なども行う必要が出てきます。

車の下取りと買い取りの違い 書類

下取りと買取で必要になる書類に大きな違いはありません。具体的には以下のような書類などが必要になります。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • 振込口座情報
  • リサイクル券

中には、すでに持っているものもあるでしょう。

一方で、手元になく、再発行などが必要なものもあるかもしれません。用意しなければならないものは何かをしっかり把握した上で、売却手続きに臨む必要があります。

車の下取りと買取の違い 価格

結論から言ってしまえば、基本的には下取りよりも買取の方が売却価格は高くなりやすい傾向にあります。

買取業者は、買い取った車を商品として再販売することで利益を上げます。昨今の買取業者は競争が激しく、シェアを維持するために車を多く買い取ろうとする過程で、買取価格が高くなりやすいのです。

また、買取は下取りと比べて加点率が高いとも言われ、特に人気の車種などは高く売れる傾向にあるようです。

ただし、買取の場合は、古い車や人気のない車種は価格が低くなりがちですが、下取りの場合はある程度以上の価格にはなりやすいため、一概に買取の方が一貫して高額で売却できる、とは言えません

下取りの場合、新しい車の値引きの代わりに下取り額を上乗せすることで、新しい車の支払い金額が抑えられるように見せるといった商談もよく行われているようです。

車の下取り参考価格、相場はどのくらい?

車の下取り参考価格、相場

自分の車にどのぐらいの値がつくのかは、下取りに出す前にある程度は知っておきたいところでしょう。そこで、下取りに出す場合の参考価格や、相場の調べ方について紹介します。

車の下取り価格をどうやって調べるか?

下取り価格の調べ方は、大きく分けて2つのアプローチがあります。インターネットで調べるか、実際にディーラーなどに相談してみるという方法です。

ディーラーや店舗に相談する方法は正確性が増しますが、なかなか店舗に足を運ぶ機会が作れない方や、ディーラーと直接話すのは気が引けるという方もいるでしょう。

そうした人には、次に紹介するインターネットで調べる方法がおすすめです。

メーカーのシミュレーションで調べる

インターネットで調べる方法のうち一つは、メーカーが提供しているシミュレーションサイトで調べるというものです。

下記は、TOYOTAの出しているシミュレーションサイトです。メーカーや車種、年式からある程度の下取り価格を割り出すことができます。

TOYOTA 下取り参考価格シミュレーション

ただしこちらのサイトでは、傷やへこみ、走行距離や車検などの車の状態については考慮されません。そのため、実際の車の状態次第では価格に大きく差が出る可能性があることは覚えておきましょう。

中古車買取サイトやアプリで調べる

中古車買取サイトや、業者が提供しているアプリで相場を調べるという方法もあります。

下記は「ユーカーパック」が提供している買取相場の検索サイトです。こちらは、メーカーや車種、年式以外にも車検残りや走行距離などのデータも反映されるため、より精度の高い買取相場を調べることができます。

ユーカーパック 車査定・買取相場検索

車の下取り査定 条件によってどう変わる?

車の下取り査定

車の下取り査定は、名義や車検残り、車の状態などによってどのように変わるものなのでしょうか?主な項目別に見ていきましょう。

車検の有無 名義によってどう変わる?

車の名義が他人のものであっても売却は可能です。ただしその場合、必要な書類はその分だけ多くなります。まずは、名義を自分に移してから手続きに入らなければなりません。

その場合、下記の書類が必要になります。

  • 車検証
  • 印鑑登録証明書
  • 有効期限内の自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券

名義の変更は自分で行うこともできますが、ディーラーに依頼する方が簡単です。

また、車検に関しては日本自動車査定協会によって車検残りが4カ月以上ない場合は加算が0となっています。この基準は目安として覚えておきましょう。ディーラーや買取業者によって、この基準が異なる場合もあります。

基本的には車検が残っている方が価格は上がる可能性がありますが、車種の人気の高さや車の状態によってはその限りではありません。

傷やへこみがあったら

車の状態についても、日本自動車査定協会によって基準が設けられています。傷やへこみがない方が良いのはもちろんですが、傷がある場合、傷の面積や深さが査定額に大きく影響します。

へこみや傷の大きさにより、小・大・要交換の三つにカテゴライズされ、傷が大きいほど減点されます。ですが、傷を修復してから下取りに出すのはおすすめしません。

きれいに直せたとしても傷があったことはプロの目から見ればわかってしまいますし、修理にかかる費用や手間を考えると、必ずしも傷による減点査定分の費用を取り返せるとは限りません。そのため、そのまま下取りに出した方が総合的にかかるお金は得をする可能性が高くなります。

他社メーカーの車の場合

他社メーカーの場合は、下取りを引き受けてくれないのではないかと考える方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。ディーラーは他社メーカーの車であっても、下取りを引き受けてもらえます。

ただし、査定額としては同じメーカー同士の下取りと比べて若干安く見積もりされてしまうことは覚悟した方が良いでしょう。

その理由は、これを機に自社の車に乗り換えてもらおう、と考えるためです。また、自社の中古車であればディーラーが経営している中古車販売店で販売できる可能性もあるため、価格にある程度融通を利かせてくれることもあります。

他社の車の場合はオークションへの出品など、自社の車と比べて流通費用がかかるのも、価格が低くなりやすい要因だと言われています。

10年、15年落ちの型式、10万キロ、30万キロの走行距離の場合

車の状態は年式と走行距離の比較によってある程度判断されます。例えば、年式が10年前の車で走行距離が3万キロにも満たない、というような状態であれば、あまり使用頻度が高くないことがうかがえます。

逆に、年式が新しいのに走行距離が多い車は、それだけ使用頻度が高かったと判断されるでしょう。

こういったケースがあるので、10年落ちだからといっても一概に状態が悪いとは言い切れません。

ただし限度はあります。15年落ちの型式、10万キロ、30万キロの走行距離に達するような状態の車は、ほとんどのケースでは廃車同然として扱われる可能性が高いです。

一方で、トヨタ ランドクルーザーハイエースなど海外でも人気の高い車種は輸出需要もあり、上記のような状態でも廃車になりにくい傾向があります。

車の下取り見積り0円、廃車扱いだったら?

車を下取りに出しても、思ったように値がつかないこともあります。中には、見積価格0円でほぼ廃車として扱われる可能性もあるでしょう。

そうした場合にキャンセルは可能なのか、また、どのような車が0円と査定されてしまうのかについて解説します。

下取りで値段が付かないこともある

車を下取りに出しても、値段が付かないケースもあります。

たとえば、これまで修復歴があり、事故によって車両の骨格や装備品が大きく損傷している事故車や、エンジンがかからなかったり、バッテリー上がり等で自走ができない不動車などが該当します。

他にも、先述した通り走行距離が10万キロを超えている場合、年式が15年落ちの場合や、長らくメンテナンスをしていなかった放置車なども、0円査定が付きやすい車としてあげられるでしょう。

下取りをキャンセルすることはできる?

ほとんどの業者では、下取りのキャンセルに関する取り決め「キャンセルポリシー」を決めているため、その規定内であれば無償でキャンセルすることが可能です。

しかし、キャンセル料金が発生するケースも中にはあります。例えば、すでに車内清掃や修理を済ませてしまっている場合です。この場合は、清掃費や修理費を請求されることがあります。

また、オークション会場へ輸送されている場合も、輸送費を請求されることがあるでしょう。

すでに買い手が決まっている場合も、キャンセルをすることは困難です。下取りを無料でキャンセルしようとする場合は、売却時にきちんと条件を確認すること、なるべく早く連絡することが重要になります。

より高く売るために、きちんと見積もりをとること

中古車ローンの審査

車の売却額をなるべく高くしたいなら、きちんと見積もりをとることが重要になります。

どのように見積もりを取ったらお得なのでしょうか。具体的な方法について紹介します。

下取り、買取ともきちんと相見積もりを取ろう

購入する場合のみでなく、下取りと買取でも相見積もり(アイミツ)を取ることがポイントです。アイミツとは、複数の業者に対し同時に見積もりを依頼することを指します。

複数の業者から見積もりを取ることで、値段の相場がわかります。そうすることで、抑えた値段を提示している業者がわかりますし、相場より高額な金額を提示して買い取ってもらえない、といった事態を防ぐことも可能です。

キャンペーンを活用する

車を売却するお得な方法として、業者が行っているキャンペーンなどを活用するという方法があります。特に、1月~3月は学生や社会人が新しく車を必要とするため、この時期にはキャンペーンを実施している業者が多くなります。

キャンペーンの内容としては、ポイント贈呈やギフトカード、キャッシュバックといったものです。中には現金プレゼントをする業者もあります。

査定自体は無料で行っている業者が多く、キャンペーンを活用するとお得に査定できる可能性が高くなります。

一括査定をするなら要注意

一括査定を行うと、複数の業者から同時に見積もりを取ることができるため、価格の比較も行いやすくなるので便利です。しかし、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。

一括査定を利用すると、複数の業者に自分の連絡先が渡ってしまうことになり、営業電話が多くかかってくることがあるのです。中には、強引な営業をする業者もあるようです。

また、メールや電話だけで査定を依頼する場合、実際の価格とは差が出てしまうことも珍しくありません。

こうしたトラブルを回避するためには、情報を渡す業者を自ら選べる一括査定サイトを使ったり、できるだけ精度の高い情報を入力できる査定を行うことが重要になります。

ユーカーパックはオークション形式を採用しており、個人情報を開示するのは買取が成立した業者のみです。ユーカーパック1社への連絡のみで複数の会社から買取価格の提示が行われるため、手間もかかりません。実際に車を見て査定されるため、精度の高い査定が期待できます。

このようにして査定された情報が全国5,000以上の買取会社に公開されるため、高額買取の可能性も高まります。

ユーカーパック 公式サイト

売却方法が決まったら、車を下取りに出す準備

車を下取りに出す準備

売却方法が決まったら、下取りに出す準備を整えましょう。車をどのような状態にしておくべきか、また下取りに出すタイミングについても解説します。

ガソリンは入れておく? タイヤは履き替える?

結論、ガソリンの量はギリギリで問題ありませんし、タイヤを履き替える必要もありません。

一つ一つ理由を説明していきましょう。まずガソリンの量については、満タンであってもギリギリであっても査定には影響しません。給油ランプが点灯している状態からでも50kmは走行します。

ただし、ガス欠になってしまった場合はガソリンスタンドの出張費を1,000円ほど取られるので、ある程度の調整は必要です。引き渡し日から遡って1週間から10日程度前からガソリンの量を調整しましょう。

タイヤについては、溝が5mm以上残っていると査定でプラスになるものの、そのために新品のタイヤに履き替えるのはおすすめしません。プラス査定の金額分よりも、タイヤの交換や購入費用の方がかかってしまうためです。

だからといってタイヤを外してタイヤを売却するのはおすすめできません。業者が車を移動できないので、査定や売却に手間がかかるだけではなく、タイヤが無いことで受けるマイナス査定も加算され、最悪の場合は車と見なされずに価格がつかなくなってしまいます。

タイヤは履き替えずに、そのままの状態で下取りに出しましょう。

また、交換用のスタッドレスタイヤを持っている場合は下取り評価にどのように影響があるのでしょうか。一般的に、スタッドレスタイヤを持っている場合でも評価にはあまり影響がないと言われています。

ただ、逆にタイヤの処分費用が掛かってしまう場合もあります。ただ、アルミホイールが装着されている場合はアルミホイール自体の評価は高いとされ、プラス査定となる場合があります。

下取りに出すタイミングを考えよう

下取りに出すタイミングは、新車の納車とほぼ同じタイミングで行うのが一般的です。そうすることで、手元に車がない状態を回避できるからです。

仮に下取りの方がタイミング的に早い場合でも、ほとんどの場合はディーラーが代車の提案をしてくれますが、万が一に提案がない場合はこちらから代車の依頼をしなければならず、最悪費用がかかってしまう可能性もあります。

そうしたトラブルを回避するためにも、下取りに出すタイミングは車が常に手元にあるように調整するのがベストでしょう。

掃除はしておくべき?

汚れや臭いが残っていると、それを理由に下取り額を下げられる可能性があるため、最低限の掃除はしておくべきでしょう。

自分が乗車する際に不快にならない程度の基準を設け、掃除機をかけたり、拭き掃除をする程度の簡易的なもので十分です。

費用をかけて洗車をする必要はありませんが、手放す愛車に感謝を込めて本格的な洗車をするなら、洗車によって新たな傷がつかないように充分注意してください。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

関連記事

おすすめ記事

お役立ち情報カテゴリ

個人売買について

ご利用にあたって

お役立ち情報

あなたの車が高く売れる!クルマ買取オークション ユーカーパック
  
ページのトップへ
入力はカンタン30秒
無料査定に申し込む