車の下取りと買取の違いは?高値で売るためのポイントや相場の調べ方も解説します

車を売却する際の選択肢に、「下取り」と「買取」があります。この2つの意味の違いは知っていても、売却価格がどう違ってくるのか、知らない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、車の下取りと買取の違い、そして高値で売るためのポイントを解説します。車をできるだけ高値で売りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

車の下取りと買取の違いとは

車の下取りと買取は、似ているようで実はまったく異なった意味を持っています。まずは下取りと買取がどのように違うのかを具体的に見ていきましょう。

車の下取り・買取とは? 手元にお金が残るのはどっち?

下取りとは、車を新たに購入するときに、現在乗っている車を購入店やディーラーなどに買い取ってもらうことです。そのため、車の新規購入が前提となります。一方、買取は車の購入と関係なく、買取専門店や中古車販売店などに車を買い取ってもらうことです。

それぞれの大きな違いは、手元にお金が残るか否かです。下取りの売却代金は新しい車の購入費に充てられるため、手元に残りません。それに対して、買取は購入と関係ないため手元に売却代金が残ります。

手続きに関する車の下取りと買取の違い

車の売却手続きは、基本的には以下のような流れで実施されます。

  1. 業者を決める
  2. 買取査定を受ける
  3. 必要書類の用意や手続きの準備
  4. 売却する車の引き渡し
  5. 入金確認

車の売却手続きは、基本的に下取りの方が、手間がかかりません。下取りは売却と購入を一つの店舗で済ませられるため、業者を選んだり、オークションにかけたりといった手間が発生しないためです。

一方、買取の場合は、高く売ろうと思うのなら自ら複数社に査定を依頼し、業者間の価格比較などを行わなければなりません。また、買取方法によっては価格交渉なども行う必要が出てきます。

書類に関する車の下取りと買取の違い

下取りと買取で必要になる書類に大きな違いはありません。具体的には以下のような書類などが必要になります。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • 振込口座情報
  • リサイクル券

中には、すでに手元に持っているものもあるでしょう。

一方で、手元になく、再発行などが必要なものもあるかもしれません。用意しなければならないものは何かをしっかり把握した上で、売却手続きに臨む必要があります。

価格に関する車の下取りと買取の違い

結論から言うと、基本的には下取りよりも買取の方が売却価格は高くなりやすい傾向にあります。

買取業者は、買い取った車を商品として再販売することで利益を上げます。昨今の買取業者は競争が激しく、シェアを維持するために車を多く買い取ろうとする過程で、買取価格が高くなりやすいのです。

また、買取は全国の中古車流通相場を基に買取価格を決定するため、下取りと比べて人気の車種やグレード、装備などはプラス評価になりやすく、結果的に高く売れる傾向にあるようです。また、一部のスポーツカーや輸入車、旧車・クラシックカーなどはそれぞれ得意とする専門店があり、専門店での査定では下取りや一般的な買取専門店よりも高い買取価格となる場合があります。

下取りの場合、新しい車の値引きの代わりに下取り額を上乗せすることで、新しい車の支払い金額が抑えられるように見せるといった商談もよく行われているようです。そのため、一般的には少しでも高く車を売りたい方や買い換える車の支払い総額を抑えたい方は買取を選んだ方がお得な場合が多いとされています。

ただし、買取の場合は、年式の古い車や過走行車、人気がそこまで高くない車種は価格が低くなりがちですが、下取りの場合は一定程度の価格にはなりやすいため、一概にすべての場合で買取の方が高額で売却できるとは言えません。

税金に関する車の下取りと買取の違い

税金面に関しては、下取りと買取に差はありません。

車の売却時は、「所得税」と「消費税」という2種類の税が発生します。しかし、売却する車が、主に日々の通勤や買い物などで使用する自家用車の場合、所得税と消費税は非課税となります。この制度は、あくまで日常生活の中で使用する自家用車に限定されるため、事業用やレジャー用の場合は対象外となります。

「自動車税」には、車を“廃車”したときに還付される制度があります。しかし、“売却”の場合は還付は発生しません。また、自動車税は毎年4月1日時点に車を所有している人に課されます。そのため4月になってから売却すると、たとえその年度の所有日が数日であっても1年分の自動車税納付書が元の車の持ち主に届きます。とはいえ多くの買取店では、残り期間の税金分を補填する仕組みがあり、自分で納めてからその分を買取価格に上乗せしてもらえたり、納付書を買取業者に渡して自動車税を納めてもらえたりします。対応は買取業者によって異なるので、売却前に確認しておきましょう。

車の下取りと買取のメリット・デメリットのまとめ

下取りと買取で悩んだ場合、それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分に合う方を選びましょう。最初から下取りだけに選択肢を絞らずに買取も視野に入れて査定を受けておくのがおすすめです。

メリット デメリット
下取り
  • 売却と購入を一つの店舗で済ませられるので手間がかからず楽
  • 年式の古い車や過走行車、不人気車種でも一定程度の価格になる場合も
  • 車種やグレード、装備などがプラス評価になりにくく、売却価格が高くなりにくい
  • 下取り代金は乗り換える車の購入代金以外に充てられない
買取
  • 相見積もりによる客観的な評価に基づいた適正価格での売却が可能
  • 車種やグレード、装備などでのプラス評価が反映されやすく、結果的に高く売れる傾向
  • ・買取代金を現金で受け取れるため、車の購入資金以外の使い道に充てることも可能
  • 自分で査定を依頼し、相見積もりや価格交渉などを行う必要がある
  • 購入先と売却先とでそれぞれ手続きを行わなければない

車の下取り・買取の参考価格や相場を調べる方法

自分の車にどのぐらいの値がつくのか知るには、いくつか方法があります。ここでは、下取りや買取価格の調べ方や人気車種の相場価格を紹介します。

下取り・買取価格は買取業者かインターネットで調べる

下取り価格の調べ方は、大きく分けて2つのアプローチがあります。実際にディーラーや買取業者に相談する もしくは インターネットで調べるという方法です。

ディーラーや買取業者に相談する方法は正確性が増しますが、なかなか店舗に足を運ぶ機会が作れない方や営業担当者と直接話すのは気が引けるという方もいるでしょう。

そうした人には、次に紹介するインターネットで調べる方法がおすすめです。

メーカーのシミュレーションで調べる方法

インターネットで調べる方法のうち一つは、メーカーが提供しているシミュレーションサイトで調べるというものです。

下記は、TOYOTAが提供しているシミュレーションサイトです。メーカーや車種、年式からある程度の下取り価格を割り出すことができます。

TOYOTA 下取り参考価格シミュレーション

ただしこちらのサイトでは、傷やへこみ、走行距離や車検などの車の状態については考慮されません。そのため、実際の車の状態次第では価格に大きく差が出る可能性があることは覚えておきましょう。

中古車買取サイトやアプリで調べる方法

中古車買取サイトや、業者が提供しているアプリで相場を調べるという方法もあります。

しかし、車の買い取り相場は、メーカーや車種、年式以外にも車検残りや走行距離などのデータも反映されます。

例えば、人気の車種の一例に下記のようなものがあります。

「トヨタの買取相場・査定価格」ページ

「ホンダの買取相場・査定価格」ページ

「日産の買取相場・査定価格」ページ

「スズキの買取相場・査定価格」ページ
(2022年6月現在の買取相場価格)

これらの相場はユーカーパックの「車査定・買取相場検索」から簡単に調べられます。さらに車検残りや走行距離などのデータも追加すれば、より精度の高い買取相場がわかります。

ユーカーパック 車の買取査定・下取りの相場一覧表

高く売るためのコツは複数業者から見積もりを取ること

車の買取価格を高くするポイントは、複数の業者から見積もりを取って比較することです。ここでは、車を高く売るための、具体的な見積もりの取り方について紹介します。

下取り・買取どちらも複数業者から見積もりを取ろう

購入する場合のみでなく、下取りと買取でも相見積もり(通称 アイミツ)を取ることがポイントです。アイミツとは「複数の業者に対し同時に見積もりを依頼すること」を指します。

複数の業者から見積もりを取ることで、値段の相場がわかります。そうすることで、抑えた値段を提示している業者がわかりますし、相場より高額な金額を提示して買い取ってもらえない、といった事態を防ぐことも可能です。

また、業者が行っているキャンペーンを利用すると、さらにお得になる可能性が高まります。特に車需要が高くなる1~3月、はキャンペーンが多くギフトカードやキャッシュバック、現金プレゼントなどの特典を受けやすくなります。

一括査定を利用する際の注意点

一括査定を行うと、複数の業者から同時に見積もりを取ることができるため、価格の比較も行いやすくなるので便利です。しかし、思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。

一括査定を利用すると、複数の業者に自分の連絡先が渡ってしまうことになり、営業電話が多くかかってくることがあるのです。中には、強引な営業をする業者もあるようです。

また、メールや電話だけで査定を依頼する場合、実際の価格とは差が出てしまうことも珍しくありません。

こうしたトラブルを回避するためには、情報を渡す業者を自ら選べる一括査定サイトを使ったり、できるだけ精度の高い情報を入力できる査定を行うことが重要になります。

ユーカーパックはオークション形式で高く売れる

ユーカーパックはオークション形式で買取価格が決定される仕組みを採用しています。全国8000店以上の買取店同士が競り合って高額買取の可能性も高まります。

また、査定は1回だけで済み、連絡も1社だけなので複数の買取店からの営業電話に悩まされることなく、安心して利用することが出来るサービスです。

ユーカーパック 公式サイト

車の下取り・買取Q&A

ここからは車の下取り、買取のよくある疑問に答えていきます。

車を売却するときに気になるのは、車の状態と買取価格の関係ではないでしょうか? また、車検切れや名義が違う車でも買取に出せるのか、といった質問にもお答えしています。

Q.他社メーカーの車でも下取りに出せる?

購入する車と違うメーカーの車であっても、下取りは引き受けてもらえます

ただし、同じメーカーの車を下取りに出すよりも安めの価格となる可能性が高いようです。その理由は、車を下取りした後の販路が自社メーカーの車に比べて強くないことが原因と言われています。

一方、同じメーカーの車であればディーラーが経営している系列の中古車販売店で扱うことが出来るため、価格の融通が利きやすいこともあり、高値で買い取ってもらいやすい傾向があります。

Q.車検切れの車でも下取り、買取に出せる?

車検が切れた状態でも車の売却は可能です。また、車検切れを理由に査定額が大きく下がることもありません。しかし、車検切れの車は公道を走れないため、引き取りに来てもらうための費用がかかる可能性があるのは注意しましょう。

また、車検が残っている状態は、車検切れよりも査定額が高くなる傾向にあります。ただし、日本自動車査定協会(JAAI)の規定により、車検が残っていても残り期間が3カ月以下の場合は加算が0となります。車検の残り期間による加算は、ディーラーや買取業者によって基準が異なる場合もあります。あらかじめ確認しておきましょう。

Q.他人名義の車でも下取り、買取に出せる?

車の名義が他人のものであっても売却は可能です。ただし、先に名義を自分に移してから売却手続きをする必要があり、そのための書類が必要です。

他人名義の車を売却する際の必要書類は以下になります。

  • 車検証
  • 印鑑登録証明書
  • 有効期限内の自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券

なお、名義の変更は自分でも行えますが、ディーラーや買取業者に依頼する方法もあります。

Q.掃除はしておくべき?

買取時に汚れや臭いが残っていると、それを理由に買取価格を下げられるケースがあります。そのため、持ち込み前には一度車内清掃をしておくと良いでしょう。

とはいえ、徹底して行う必要は無く、乗車していて不快にならない程度で十分です。洗車までは必要ありません。

Q.傷やヘコみがあったら修復してから出すべき?

車の状態が査定に及ぼす影響は、日本自動車査定協会(JAAI)によって基準が設けられています。例えば、ヘコみや傷の大きさは、カードサイズ未満・小・大の三つにカテゴライズされ、傷が大きいほど査定のポイントが減点されます。

傷を修復してから下取りに出そうと考える方もいるかもしれませんが、プロの目から見れば傷があったことはわかってしまいます。また、査定額の上昇分より、修理費用の方がかさむ可能性もあります。そのため、総合的に考えると、傷やヘコみはそのままで下取りに出した方が損をする可能性は低くなります

Q.7年・10年・15年落ちの年式、10万km・30万kmの走行距離の場合は?

車の状態を大まかに判断する基準の一つに年式と走行距離があり、一般的に年式が新しく走行距離が少ないほど高値がつきやすくなります。年式が10年前でも走行距離が3万キロにも満たなければ使用頻度が低い、年式が新しくても走行距離が多ければ使用頻度が高いと判断されるでしょう。ただし、走行距離が少なくても年数が経つほど需要が下がるため、一般的には7年を過ぎると査定額が大きく下がり、10年落ちになると一気に下落するといわれています

例外として、ランドクルーザーハイエースなど海外での人気が非常に高い車種は、15年落ちや走行距離30万km以上でも価格がつく可能性があります。

Q.下取りの見積りが0円、廃車扱いとなるのはどんな車?

残念ながら、車を下取りに出しても、値段が付かないケースもあります。

たとえば、事故によって車両の骨格や装備品が大きく損傷している事故車や、エンジンがかからない車、バッテリー上がりを始めとした問題があり、自走ができない不動車などが該当します。

他にも、年式が15年落ちの場合や走行距離が10万キロを超えている場合、長らくメンテナンスをしていなかった放置車なども、0円査定が付きやすい車としてあげられるでしょう。

Q.下取りのキャンセルはできる?

下取りのキャンセルは、ほとんどの買取業者で「キャンセルポリシー」という下取りに関する取り決めを定めていて、その規定内であれば無償キャンセルが可能です。

しかし、すでに車内清掃や修理を行ってしまった場合や、オークション会場へ輸送されてしまった場合などは、実際にかかった清掃費や輸送費などを請求される可能性があります。また、新たな買い手が決まってしまった後は、キャンセルが困難となります。

Q.下取り・買取で、ガソリンの残量やタイヤの状態は査定に関係する?

ガソリンの残量は査定に影響しません。ただし、タンクに全くガソリンが入っていない場合、業者によってはガソリンスタンドの出張費や車を運ぶ陸送代を請求されるケースがあります。

また、タイヤの状態は、溝が5mm以上残っていると査定でプラスになるほか、アルミホイールの場合もプラス査定となります。しかし、そのためにタイヤを履き替えると、交換費用の方が高くつく可能性が高いです。なお、タイヤを外した状態の場合、出張費用や移動費用がかかるうえに、走行不能として価格がつかないケースもあります。

Q.下取り・買取後、代車は借りられる?

新車の納車よりも下取りの方が早くなってしまうときは、ディーラーの場合では代車を用意してもらえるケースが多いです。しかし、買取店の場合、代車が用意出来ないケースや代車費用が有料の場合もあるので、基本的には納車のタイミングに合わせて下取りに出した方が安心です。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大8000店公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

記事カテゴリ

お役立ち関連情報

車買取オークションご利用ガイド

個人売買をご利用の方へ

おすすめ情報

人気記事

ユーカーパックについて

  
あなたの車が高く売れる!クルマ買取オークション ユーカーパック

ページのトップへ
無料査定に申し込む