車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

乗用車としても長年活躍!スズキのエブリイワゴン

エブリイワゴンは、スズキが製造販売を行なっているワンボックス型の軽自動車です。

ベース車のエブリイは今年で発売開始から55年目と、軽自動車史上では4番目の長い歴史を誇るロングセールス車です。

広い室内空間、高い積載性、高い運転性能、燃費性能が人気を博し、多くの企業の商用車を中心に長年活躍し続けているエブリイワゴンの歴史をまとめました。

エブリイワゴンの歴史

4代目/ワゴン初代(1999-2005年)

エブリイワゴンはエブリィが4代目にフルモデルチェンジを実施した1999年に誕生しました。

初代では「ジョイポップターボ」と「ジョイポップエアロターボ」の2グレードが用意され、当時軽ワンボックスカーにはあまり標準装備されることのなかったABSが全車に標準装備されました。

「ジョイポップエアロターボ」の装備にはチルトアップ機構付きの電動サンルーフが標準装備されるなど、かなりの充実度で好評を博しました。

5代目/ワゴン2代目(2005年-2015年)

2005年にフルモデルチェンジを実施しました。エブリイワゴンは「軽のミニバン」をコンセプトに開発が行なわれ、軽自動車としては初となる後席パワースライドドアを「PZターボ」、「PZターボスペシャル」に装備しました。

2007年の一部改良時には、スズキ車初のロービーム専用のマルチリフレクタータイプのヘッドランプを採用しています。

また2010年の一部改良時には、燃費性能と走行性能が共に改良され、更にユーザビリティが高められました。

6代目/ワゴン3代目(2015年-)

2015年2月に約9年ぶりにフルモデルチェンジが実施され、現行モデルである3代目エブリイワゴンが誕生しました。

室内長、室内高共に拡大を実施し、ロングホイールベース化とリアシートのスライド量を拡大したことにより、前席と後部座席のゆとりが生まれ居住性が大幅に高まりました。

燃費性能も改良されたほか、軽キャブワゴンで初めてとなる衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」などの安全機能が標準装備されるなど、トータル面でさまざまな改良が実施されました。

2018年6月にはシリーズ国内累計販売台数が300万台を達成したことが発表されるなど、長年愛され続けているスズキのエブリィシリーズの一員であるエブリイワゴン。今後の進化にも注目していきたい車種です。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号