車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

高級クロスオーバーSUVの先駆けトヨタ ハリアー

トヨタ ハリアーは1997年に発売されたクロスオーバーSUVです。

セダンの快適性とSUVの踏破性を兼ね備え、更にスタイリッシュなエクステリアデザインを纏ったハリアーは高級クロスオーバーSUVの先駆けとされ、その後世界各社から同様の車種が発売されるようになりました。

トヨタの高級ブランドであるLEXUSブランドでもRXとして発売されていましたが、現行の3世代目はRXとは別の独立車種となり日本国内専用車となっています。

ハリアーのおすすめポイント

現行のハリアーは2013年に発表された3世代目となり、ベースは輸出用のRAV4ロングボディです。日本専用車となったことで若干サイズも小さくなりより使い易さが増しています。

エンジンもダウンサイジングされるとともにハイブリッド車も統合され、高級車として静寂性も向上しています。

基本4グレードにG'sが加わっています。上位グレードではシート生地を本革(ブラック)、上級ファブリック+合成皮革(ブラック)、上級ファブリック+合成皮革(アイボリー)から選択できるようになっています。

デザイン(外観・内装)

高級クロスオーバーとしてハリアーは威風堂々としたエクステリアデザインと、素晴らしい質感のインテリアデザインを持っています。

3世代目になってより鋭く横長になったエッドランプが与える印象は美しさとともにSUVとしての力強さをよく表現しており、全体のフォルムもシンプルなラインとマッシブな面の構成で迫力がありながらスマートな印象さえ与えます。

内装も高級感あふれ、乗っているときはラグジュアリーセダンを思わせる質感でありながらスポーティーさを醸し出し、またイルミネーションでの演出もセンスよくまとめられています。

走りやすさや乗り心地

ハリアーは3世代目になりガソリンエンジンが大きくダウンサイジングされました。2L直4ですので、2世代目と比較すればパワーは足りないかもしれませんが、街乗りでは十分な性能を持っています。

もう少し余裕が欲しければハイブリッドなら2.5Lになりますので、低速トルクがアップし更に余裕の走りができます。

走行性能に関してもクロスオーバーSUVとして充分な性能をもち、抜群の高速安定性と静寂性を誇ります。

乗り心地はやや柔らかめのセッティングが施されており、ラグジュアリーカーとしての主張が見られます。

燃費/排気量

3世代目ハリアーのガソリンエンジンは2世代目の最大排気量であったV6、3500ccから直4、2000ccにダウンサイジングされ、アイドリングストップ機能を搭載し燃費向上を図っています。

ハイブリッド車も直4、2500ccリダクション機構付THS IIに換装され同じく燃費が向上しています。

ハイブリッド車はカタログ値で1Lあたり20kmを超えており、ガソリン車4WDで1Lあたり14.8km(最上級グレードのPREMIUM"Advanced Package")を記録しています。ボディーのダウンサイジングと相まって、実燃費も向上しています。

ハリアーの歴史

初代(1997年-2003年) SXU・ACU・MCU1#

初代ハリアーは6代目カムリのプラットフォームをベースとして1997年に登場します。

販売当時、このような乗用車をベースとしたSUVと高級サルーンとを兼ね備えた車は他に例がなく、ハリアーの登場は国内外の自動車メーカーに大きな影響を与えました。海外ではレクサスRXとして販売され、主に北米では高い人気を獲得しています。

SUVならではのワイルドな雰囲気と上品で精悍な顔つきが、多くのユーザーの心を掴み初代から人気を博しました。またマイナーチェンジの中でエンジンの改善などを行ない、運転性能の向上も図られています。

2代目(2003年-2013年) ACU・MCU・GSU3#

2003年2月に初のフルモデルチェンジを実施しました。ボディサイズは初代よりも一回り大きく変更され、居住性も改善されています。

2代目ではエクステリアだけでなくインテリアのデザインにもこだわり、高級クロスオーバーSUVの名に相応しいラグジュアリーな空間へと進化しました。

また、この代からはハイブリッドモデルも登場、市販車として初めてプリクラッシュ・セーフティー・システム(自動衝突軽減ブレーキ)を搭載するなど、時代のニーズにも対応しています。

3代目(2013年 – ) ZSU6#W/ASU6#W/AVU65W

2代目は2013年にハリアーとしての国内販売が一旦終了しましたが、同年、3代目ハリアーが国内専用車として再出発をすることになりました。外観は先代よりも力強くスポーティーな顔つきに変更され、LEDヘッドランプを標準装備するなど革新的な進化を遂げています。

またアイドリングストップシステムの標準装備や、「リダクション機構付THS II」の採用などにより燃費性能の向上も図っています。

2014年12月にはトヨタのスポーツコンバージョン車シリーズである「G’s”」を設定し、より幅広いユーザーにクルマの楽しさを提供できる車種へと変貌を遂げました。

その後もマイナーチェンジや特別仕様車の販売など多くの改良が進められています。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号