トヨタエスティマの買取相場

車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

日本を代表するミニバン トヨタ「エスティマ」

トヨタのエスティマは1990年に初代が発売された、日本を代表するミニバンです。

初代は「天才タマゴ」のキャッチコピーとミッドシップ・レイアウトを採用したモノフォルムで一躍人気車種になり、ルシーダ、エミーナの派生車種も生み出しました。2世代目はミッドシップではなくFFとなりましたが、ハイブリッドモデルも追加されました。

現行車は2006年に発売された3世代目になりますが、発売から10年以上たってもその魅了は衰えることなく、マイナーチェンジで進化を続けながらユーザーを虜にしています。

エスティマのおすすめポイント

エスティマは、そのスタイリッシュなエクステリアデザインで人気を集めています。

初代のモノフォルムをFFとなってからも継承したそのデザインは、ミニバンカテゴリーにおけるスペシャリティカー的なポジションを独り占めしています。

また第2世代で登場したハイブリッドモデルも大人気車種で、ミニバンとしては驚異的な燃費を達成しているうえ、モーターのみで駆動される電気式四輪駆動システムEFour搭載モデルも設定されてます。

エスティマのデザイン(外観・内装)

現行のエスティマは2016年にビッグマイナーチェンジを行いました。通算3回目のビッグマイナーチェンジとなり、フロントデザインが大きく変わりました。

初代から続くモノフォルムに、今回のマイナーチェンジでは更に精悍さを加えました。ヘッドランプを薄く横長にし、グリルを大きくデザインするとともに両サイドを張り出し、押し出しの強さが鮮明になりました。

内装も大きく広がるデザインに、センターメータを配した上質な空間が魅力です。

エスティマの走りやすさや乗り心地

エスティマは2016年のビッグマイナーチェンジで足回りも改良しました。

フロントパフォーマンスダンパーが、採用されたことによってハンドリング性能が向上し、ドライバーの操作に対するレスポンスがとても良くなり安定性も更に良好になりました。また、車体の揺れを抑える効果があることから、明らかに乗り心地も向上しています。

発売から10年以上たっても、さらなる進化を成し遂げられる基本性能の高さがうかがい知れます。

エスティマの燃費/排気量

エスティマ(2輪駆動、7人乗り)のガソリンエンジン車の燃費は1Lあたり11.4kmとなっていますが、2.4Lエンジンのミニバンとしては妥当と思われます。

ただしエスティマにはハイブリッドモデルもあります。日本初のハイブリッドミニバンの実力は、2.4Lエンジンとモータの組み合わせによって、1Lあたり18.0km(AERASPREMIUMG)を達成しています。しかもEFourによるAWDなのですから言うことなしです。

エスティマの歴史

初代(1990年 - 1999年)

初代のエスティマは1990年の5月に販売を開始しました。従来は前輪前・運転席下に位置しているエンジンを75度まで傾けて搭載することにより平床化に成功し、世界的にも例を見ないアンダーフロア型のミッドシップレイアウトが実現しました。

それまで常識だった「ミッドシップ=室内が狭い」という概念を覆したことで話題を呼び、エスティマは一躍有名車種となりました。

2代目(2000年 - 2006年)

2000年に初めてのフルモデルチェンジを実施しました。

先代で浮き彫りになった課題を踏まえ、両側スライドドアの採用や、更なる居住性の向上などの機能面での改善と共に、エンジンやトランスミッションも見直されるなどさまざまな改良を実施しています。その努力が実を結び、販売面では2000年の新車乗用車販売台数において第3位を獲得しました。

またこの2代目では、トヨタとしてはプリウスに次いで2番目、ミニバン市場では初めてとなるハイブリッド仕様車が登場しています。

3代目(2006年 - )

2006年1月に現行モデルへとフルモデルチェンジを実施しました。エクステリアデザインはさらに洗練されたものに変更されています。フロントフェイスも精悍な表情が印象的で、丸みを帯びたデザインながらスポーティーな雰囲気は多くのユーザーの心を射止めました。

また、「スーパーリラックスモード」など、居住性の面でも更なる進化を果たし、ミニバンとしての魅力を最大限感じることが可能になりました。

その後もマイナーチェンジを繰り返し、安全面、機能面、居住性の面など多くの改良が実施されています。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号