現在の買取相場(2021年5月現在)

ハイエースワゴン

ハイエースワゴンの買取相場データ

買取査定相場価格 173.1万円〜238.0万円
年式 2018年
走行距離 2万km
入力はカンタン30秒
完全
無料
査定依頼スタート

Title icon graph
ハイエースワゴンの買取価格データ

Title icon price
ハイエースワゴンの直近の買取・査定実績

車名・グレード名
年式/走行距離/カラー
買取価格
(対相場比)
※買取相場価格は当時

直近6ヶ月のユーカーパック最高買取価格

12.0万円
(相場:-万円)
買取成立 2021年2月

ユーカーパックなら
かんたん・安心・高く売れる

査定は1回だけ!個人情報も安心!

クルマの査定は1回だけでOK。お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

クルマの査定は1回だけでOK。
お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

最大5000社以上から買取価格が提示!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。
オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

安心・安全な取引の仕組み

お客様の個人情報がお車の購入者以外には公開されない新しい仕組みを採用しており、取引のやりとり全てをユーカーパックが仲介し、お客様が実際にやり取りするのはユーカーパックのみです。

お客様の個人情報がお車の購入者以外には公開されない新しい仕組みを採用しており、取引のやりとり全てをユーカーパックが仲介し、お客様が実際にやり取りするのはユーカーパックのみです。

Title icon info
ハイエースワゴンの豆知識

商用車としても普段使いの乗用車としても。長い間支持され続けているハイエースワゴン

ハイエースワゴンはトヨタが製造販売を行なっている乗用車であり、主に商用車として多くのユーザーに長年支持され続けている人気車種です。

また商用車としてだけでなく、大人数が乗車しても大きな荷物など積載することが可能なほど広大な室内空間が人気を呼び、普段乗りの乗用車としても高く支持されています。そんなハイエースワゴンの歴史をまとめました。

ハイエースワゴンの歴史

初代 H10系(1967年-1977年)

初代ハイエースは1967年に誕生しました。なおワゴンは10月に登場しています。

発売当初は9人乗りのみの販売でしたが、翌年1968年2月にはホイールベースとオーバーハングをのばした15人乗りを追加しています。1971年のマイナーチェンジ時に、1.3L搭載車が追加されました。

2代目 H20~40系(1977年-1985年)

1977年に初のフルモデルチェンジを実施しました。ヘッドランプが4灯から2灯へと変更がなされスタイリッシュな印象に進化しています。1980年1月のマイナーチェンジではワゴンにスーパーカスタムモデルを追加。また全車にディーゼルエンジンを採用しました。

3代目 H50系(1982年-1989年)

1982年にフルモデルチェンジを発表し、1983年1月に3代目ハイエースが誕生しました。エンジンには2代目と同様のL型ディーゼルエンジンと合わせて、トヨタが新開発した3Y型エンジンである「LASRE」が新搭載されました。なおディーゼルエンジンモデルは1984年1月に2L型に変更がなされています。

1985年8月にマイナーチェンジを実施し、7人乗りワゴンには最上級グレードである「スーパーカスタムリミテッド」が追加されました。

4代目 H100系(1989年-2004年)

1989年8月に4代目へとフルモデルチェンジを実施しました。4代目からはフロアシフトへと変更されたほか、エンジンの再編も行なわれました。

また、内外装の装備が充実化し、特に最上級グレードである「スーパーカスタムリミテッド」の内装にはクラウンなどの高級車を想起させる豪華絢爛なものに変更されるなど、高級ワンボックスとしての風格を高めています。なお4代目からは一部グレードにパワースライドドアが初めて採用されるなど、利便性を高めています。

1996年8月のマイナーチェンジ時には運転席と助手席のエアバックを標準装備しました。2002年8月にアルファードのデビューに伴いワゴン車のガソリン車を廃止しています。

 

5代目 H200系(2004年 - )

2004年8月に15年ぶりのフルモデルチェンジを実施し、現行モデルである5代目が誕生しました。5代目では全幅が拡大されたことにより居住性が向上しています。

2010年7月のマイナーチェンジ時には、多岐にわたる大幅な改良が実施されました。その結果、燃費性能が向上したほかエンジン騒音が軽減するなど環境性能とユーザビリティが高められています。2012年4月の一部改良では、イルミネーテッドエントリーシステムや車速感応パワードアロックなどを採用。

また上級グレードには、トヨタの国内車としては初採用の「バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー」なども搭載されました。2017年11月にはトヨタの衝突回避支援パッケージである「Toyota Safety Sense P」を標準装備しています。

ワンボックスカーの代名詞といっても過言ではないほど、長い間支持され続けているハイエースワゴン。商用車としても普段使いの乗用車としても、幅広いユーザーに愛され続けているトヨタの人気車種にこれからも注目していきたいと思います。

入力はカンタン30秒

今すぐ 無料査定申し込み

車両情報入力
車両情報入力

必須メーカー
トヨタ
必須車種
ハイエースワゴン
必須年式
選択してください
必須走行距離
選択してください

お客様情報入力
お客様情報入力

必須お名前(かな)
必須 郵便番号 郵便番号検索
必須電話番号
無料査定を申し込む
無料査定お申込みフリーダイヤル
ユーカーパックの査定にお申込みをされる方の専用フリーダイヤルです。
0120-020-050

Title icon search
トヨタの似た車の買取・査定を探す

関連情報

ページのトップへ
無料査定に申し込む