車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

ホンダのプレミアムなミニバン「オデッセイ」

ホンダのオデッセイといえば、最大で8人の乗車定員を持つ上級ミニバンです。

日本での登場は1994年、現行モデルで5代目を数えます。発売当初から、ミニバンらしからぬフロントガラスの傾斜と、ノーズの長いプロポーションが人気を集めていました。現行モデルにも、その影を見ることができます。

現行の5代目では、通常のFFに加え、4WDの設定があります。また、燃費性能の高いハイブリッドのモデルも設定されており、装備の点も含め、幅広いモデルを検討できるのも魅力の一つです。

オデッセイのおすすめポイント

オデッセイの強みは何と言っても他のミニバンにはあまり見られない床の低さと低重心にあります。

この2つは、走る・曲がる・止まるといった車の基本的な運動性能に大きく関わる特徴であることはもちろんですが、見た目にも影響します。

重心の低い車は、見る者にスポーティーな印象を与えてくれます。そのスポーティーな見た目に違わず、セダンに匹敵する運動性能とミニバンの強みである広い室内空間を両立しているのです。さらには床の低さにより、乗り降りしやすさも獲得しています。

オデッセイのデザイン(外観・内装)

オデッセイのデザインは、インテリア、エクステリア共に洗練されています。

まずインテリアですが、ホンダが目指したのは、「走るラウンジ」です。その言葉通り、上質な仕立てが施されています。本革巻きのステアリングや、助手席側にまで大きく入った木目調のパネル、近未来感のあるタッチ式のエアコン操作パネルなどグレードによって様々なパッケージが装備されています。

エクステリアについても他社のミニバンに比べると流線的なフロントとルーフの低いデザインは高く評価されています。

オデッセイの走りやすさや乗り心地

オデッセイといえばセダンに匹敵するほどの高い運動性能を持っており、長時間の運転や高速走行でも走りやすく疲れを感じさせません。

車内においては3列目まで広い車内空間を獲得していますが、特に2列目はゆとりを持って設計されており、その乗り心地は抜群です。

現行のSENSINGパッケージでは、クルーズコントロールをはじめ、運転をアシストする機能が多数装備されているため、より快適な走行を楽しむことができます。

オデッセイの燃費/排気量

オデッセイは現行でハイブリッドが設定されており、HYBRID・Advancedパッケージにおいては1Lあたり26.0kmという高い燃費性能を誇っています。ガソリンエンジンの最も標準的なグレードにおいても1Lあたり13.8kmというこのクラスでは十分な燃費です。

ホンダの先進技術が環境性能の向上にも寄与していり、他社のミニバンと比べても同等かそれ以上の燃費の良さで人気を博しています。

また、排気量はハイブリッドとガソリン車でそれぞれ2.0Lと2.4Lであり、8人乗りとしては必要十分なサイジングです。

オデッセイの歴史

初代 RA1/2/3/4/5型(1994年 - 1999年)

オデッセイの誕生は1994年10月。当時ホンダは業績が低迷し、オデッセイの開発費も充分に確保できないのが現状でした。そのため中型乗用車であるアコードと共通の生産ラインで生産することになり、ライバル車のミニバンよりも全高が低い車体で製造、販売がされました。

その結果、ミニバンではなくワゴンのような車体が話題を呼び、オデッセイは発売からすぐホンダの業績を回復させるほどの大ヒットを生む結果になりました。その爆発的なヒットから1994年には日本カーオブザイヤーの特別賞も受賞しています。

2代目 RA6/7/8/9型(1999年 - 2003年)

1999年、初めてのフルモデルチェンジを実施しました。
初代の大成功を受けて、2代目ではデザインやコンセプトはそのまま継承しつつ、更にスポーティなデザインへと進化しています。

また2代目では「サウンドスピリット」や「プレミアムサウンドスピリット」などの特別仕様車を積極的に発表し、ブランドとしてのラインナップの厚さを高めるとともに、エンジン性能や走行性能の改善も実施し、更に多くのユーザーに支持されるミニバンへと成長を遂げました。

3代目 RB1/2型(2003年 - 2008年)

2003年10月に2度目のフルモデルチェンジを実施しました。
新開発された低床プラットフォームが採用され、全高が更に低く設計されています。ミニバンとしては異例の機械式立体駐車場へ入庫可能なサイズとして話題を呼びました。

初代からから人気の理由の1つである重心の低さが叶える抜群の操縦安定性と、他のミニバンにはない低い全高ならではの美しいシルエットは3代目で更にレベルアップしています。
その良い意味で“ミニバンらしさ”がないスポーティなデザインは、若者層やスポーツモデル好きのユーザーにも人気を博しました。

4代目 RB3/4型(2008年 - 2013年)

4代目は2008年の10月に販売を開始しました。
初代から継承されてきた三角形のテールランプを横長に変更し、よりスタイリッシュな印象へと変化しています。

また4代目では、新技術として車両の挙動の乱れを安定させるアシストシステム「モーションアダプティブEPS」や、死角の軽減や車庫入れの支援を行なう「マルチビューカメラシステム」を搭載しています。人気の理由の1つである低い全高は変更せずに、室内長が拡大されました。

燃費の向上や走行性能に関しては多くのユーザーから好評を博し、2009年にはホンダのミニバンとして2車種目となる国内累計販売台数100万台を達成しました。

5代目 RC1/2/4型(2013年 - )

現行モデルである5代目は2013年11月に販売を開始しました。
オデッセイの一番のセールスポイントである「超低床プラットフォーム」は大幅に改良されました。フロアの骨格構造から見直され、徹底的な低床化に向けて多くの工夫がなされました。

またエンジンにも次世代環境技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」が投入され、燃費性能の向上も図られています。
5代目では、歴代初となる両側スライドドアの採用、8人乗りの設定など大きな変更が行われました。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号