車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

【2019年最新版】ホンダ ヴェゼルの買取ポイントをご紹介

様々な価値観を融合させたホンダ ヴェゼルは2013年に誕生。発売当初はガソリン(NA)車とハイブリッド車のラインナップでしたが、2019年にはターボ車も加わり、力強い走りが印象づけられました。

今回は、ホンダ ヴェゼルの車の特徴とあわせて、買取・売却のポイントについてご紹介します。

ホンダ ヴェゼル

モデル特徴

ヴェゼルの大きな特徴は、クロスオーバーさせたデザインやパフォーマンスです。デザインの面では、リアウィンドウの後方に埋め込まれるように配置されたリアドアハンドルが採用され、一見すると2ドアクーペのようなスタイルです。SUVのスタビリティとクーペのエレガントなスタイリングを融合させたスタイリッシュなエクステリアが印象的な車です。

パフォーマンスの面では、安心感、走る喜び、上質感を高いレベルで融合させました。例えば、軽量高剛性ボディを採用することで、安心感だけではなく上質感が感じられる乗り心地を実現しました。また、先進的なシャシーによって、ドライバーの感性に応えるダイレクトなハンドリングと上質な乗り心地を融合させました。更に、ガソリン車、ハイブリッド車共にパワフルな走りと高い燃費性能を両立させたパワートレインを搭載し、走る喜びを与えてくれます。

グレード・ボディカラー

ヴェゼルにはハイブリッド車(1.5L i-VTEC+i-DCD)、ガソリン(NA)車(1.5L i-VTEC)、ターボ車(1.5L VTEC TURBO)をラインナップ。ハイブリッド車は5つ、ガソリン(NA)車は3つ、ターボ車は2つのグレード(タイプ)で構成されています。

これらのラインナップの中で注目したいのが、ハイブリッド車とガソリン(NA)車にはFFと4WDが用意されていますが、ターボ車はFFのみしか用意されていないという点です。また、トランスミッションはハイブリッド車には7AT(パドルシフト)、ガソリン(NA)車やターボ車にはCVT(無段変速機)が搭載されています。グレードを選ぶ際はこの2つがポイントになります。

HYBRID Honda SENSING
  • FF /4WD
  • 5人乗り
  • 7AT+パドルシフト
HYBRID X Honda SENSING
  • FF /4WD
  • 5人乗り
  • 7AT+パドルシフト
HYBRID Z Honda SENSING
  • FF /4WD
  • 5人乗り
  • 7AT+パドルシフト
HYBRID RS Honda SENSING
  • FF
  • 5人乗り
  • 7AT+パドルシフト
HYBRID Modulo X Honda SENSING
  • FF /4WD
  • 5人乗り
  • 7AT+パドルシフト
G Honda SENSING
  • FF /4WD
  • 5人乗り
  • CVT
X Honda SENSING
  • FF /4WD
  • 5人乗り
  • CVT
RS Honda SENSING
  • FF
  • 5人乗り
  • CVT
TOURING Honda SENSING
  • FF
  • 5人乗り
  • CVT
TOURING Modulo X Honda SENSING
  • FF
  • 5人乗り
  • CVT

一方、ホンダのホームページではあまりアピールされていませんが、次のグレードにはHonda SENSINGを装備しない仕様が用意されているので、選ぶ際のポイントになります。

Honda SENSINGはホンダ自慢の安全運転支援システムです。

  • HYBRID Honda SENSING
  • HYBRID X Honda SENSING
  • G Honda SENSING
  • X Honda SENSING

次のグレードでHonda SENSINGを装備しない仕様は、クルーズコントロールが装備されます。

  • HYBRID Honda SENSING
  • HYBRID X Honda SENSING
  • X Honda SENSING

また、Honda SENSINGを装備しない仕様の中で、HYBRID X Honda SENSING 、X Honda SENSING以外にはLEDヘッドライトが装備されず、プロジェクタータイプ ハロゲンヘッドライトとハロゲンのフロントターンランプが装備されるため、前期型のグレードでの装備と同等になってしまいます。

Honda SENSINGを装備しない仕様(HYBRID X Honda SENSING、X Honda SENSING)には本革(ジェニュイン レザー)のフロントシートと合成皮革(シンセティックレザー)&ファブリックのリアシートのコンビシート(メーカーオプション)の設定がありません。豪華なシートを選びたい人はHonda SENSINGを装着する必要があります。

一方、タコメーターはガソリン(NA)車とターボ車には標準装備されますが、ハイブリッド車には装備されません。

ヴェゼルで用意されるボディカラーは全9色あります。中でも、青系のプレミアムクリスタルブルーメタリックと赤系のプレミアムクリスタルレッド・メタリックは、2つのカラー(ソリッドとメタリック)を塗り重ねた特別な構造になっているため注目です。この2色は光が当たる分と影になる部分にメリハリができるため、立体感と美しさを両立しています。

サイズスペック

ヴェゼルのボディは全車3ナンバーサイズとなっています。

最小回転半径は、HYBRID RS Honda SENSINGとRS Honda SENSING、TOURING Honda SENSINGは5.5m、その他のグレードは5.3mとなっています。

紹介したヴェゼルの最小回転半径は、ライバル車であるトヨタ C-HR(5.2m)、マツダ CX-3(5.3m)、スバル XV(5.4 m)との比較においても、同等もしくは極端に取り回しが悪いという訳ではありません。

ヴェゼルのHYBRID RS Honda SENSINGとRS Honda SENSING、TOURING Honda SENSINGの全長、全高、全幅は次の通りです。

  • 全長:4.340m
  • 全幅:1.790m
  • 全高:1.605m

それ以外のグレードの全長、全高、全幅は次の通りです。

  • 全長:4.330m
  • 全幅:1.770m
  • 全高:1.605m

HYBRID RS Honda SENSINGとRS Honda SENSING、TOURING Honda SENSINGは、その他のグレードと比較して、僅かですが全長や全幅を拡大しています。

ヴェゼルにはSUVという側面だけでなく、ファミリーカーとしても優秀なユーティリティ性能を備え、ゆったりした後席の空間が用意されています。開放感があるキャビンには、ミニバン並の広さを実現した膝まわりのスペースがあります。

一方、変幻自在に使い分けられる多彩なシートアレンジも採用しており、サーフボードやMTBなどを搭載することが可能です。車中泊をするためにヴェゼルの購入を検討している人もいる程です。

また、広々したラゲッジスペース(393L)を確保しています。更に低い開口部となっているため、お子さんや女性も荷物の積み込みが簡単。キャンプに使う荷物の出し入れも楽そうですね。

客室内寸法は次の通りです。

  • 室内長:1.930m
  • 室内幅:1.485m
  • 室内高:1.265m

エンジンスペック

ヴェゼルのハイブリッド車に搭載されるエンジンは、アトキンソンサイクル DOHC i-VTECエンジンは優れた熱効率を発揮するため低燃費を実現。更に出力を向上させつつ、電動化したVTC(バルブタイミングコントロール)によって連続的に吸気バルブをコントロールして、相乗効果を生み出しています。 i-VTECエンジンはハイブリッドと組合せることで進化しています。

ターボ車に搭載される1.5L4気筒直噴ターボエンジンは低速トルクが太く、レスポンスが良いため、街乗りからワインディングロードまでゆとりがある走りを実現します。

燃費・動力性能等

ハイブリッド車にはハイブリッドシステム・SPORT HYBRID i-DCDが搭載されるため、スポーティーな走りを実現しつつ、27.0 km/L(JC08モード)という低燃費を実現しました。一方、ガソリン(NA)車は21.2 km/L(JC08モード)、ターボ車は17.6km/L(JC08モード)となっています。ヴェゼルはSUVの中でもトップクラスの燃費を誇ります。

ユーティリティやその他特徴

ホンダファンにとっては、無限という存在は常に意識していると思います。無限からはヴェゼルのパーツが多数展開されているので、その中からおすすめを紹介します。

ヴェゼルをエアロパーツで武装したい方におすすめなのが、フロントアンダースポイラー/サイドスポイラー/リアアンダースポイラーの3点セットです。このセットを装着することで、いわれる「SUVの腰高感」が抑えられ、よりスポーティーなエクステリアに仕上がります。

チュ―ニングのファーストステップとしてよく行われるのが、吸排気系の部品の交換です。無限からはヴェゼル用のスポーツサイレンサーとハイパフォーマンスエアフィルターが展開されているので、レスポンスを改善したい方は装着してみてはいかがでしょうか。

キビキビ走りたい人にはスポーツサスペンションとブレーキパッド(Type Touring)も用意されています。

ヴェゼルの買取・売却情報

ヴェゼルが2019年上半期のSUV新車販売台数で第1位を獲得したことはご存じでしょうか?ヴェゼルは2014年の発売当初から人気となり、2014年~2015年とSUV新車販売台数第1位を獲得しました。その後、ライバル車であるトヨタCH-Rが登場し、一時期1位の座を明け渡していましたが、2019年上半期には再び1位に返り咲きました。ヴェゼルは激戦区とも言えるこのSUVジャンルの中でも大人気の車種といっていいでしょう。

中古車市場でのSUVの人気は高く、ヴェゼルの相場も高めとなっています。ヴェゼルのフルモデルチェンジが2020年という噂が流れていますが、フルモデルチェンジ後の場合、相場が大きく変わる可能性があるため、現行モデルがモデルチェンジする前に売却することをおすすめします。

中古車市場ではヴェゼルの中でも車両価格が高いハイブリッドモデルが人気です。1番人気はハイブリッドZ、2番人気はハイブリッドX、3番人気は1.5X(ガソリンモデル)となっています。

駆動形式では、2WD車と4WD車では数万~10数万程度の価格差があり、高年式であるほど、走行距離が少ないほど評価が高いです。

ボディカラーではパール系(プラチナホワイトパール)が最も人気が高く、次いで黒系(クリスタルブラックパール)が人気色となっています。また、赤系(プレミアムクリスタルレッド・メタリック)も人気があります。

査定額のアップが期待できる人気のメーカーオプションや装備は、本革シート&専用インテリア(HYBRID Z Honda SENSING、TOURING Honda SENSING)、メーカー純正エアロパーツやメーカー純正ナビゲーションとなっています。

ヴェゼルをより高く売却するにはユーカーパック

紹介したようにSUVの中古車相場は高く、中でもヴェゼルは高額な査定を引き出せる可能性を秘めています。そのため、ディーラーが提示した査定額のまま手放すのは損をする可能性が高いといえます。ディーラー下取りの場合、年式や走行距離、グレードでバッサリと査定されることがあるため、安めの下取価格となってしまう場合も多いと聞きます。そのため、ディーラーで査定をするだけでなく、必ず中古車買取店からも査定を受け、買取価格を比較することが高価買取のための一番の方法といえます。

ヴェゼルの買取・売却なら、最大5000社以上が参加するクルマ買取オークション ユーカーパックをぜひ利用してみましょう。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号