現在の買取相場

インプレッサ
123.8万円〜160.3万円
2014年/ 2万km
入力はカンタン30秒
完全
無料
査定依頼スタート

Title icon graph
インプレッサの買取価格データ

Title icon price
インプレッサの直近の買取・査定実績

車名・グレード名
年式/走行距離/カラー
買取価格
(対相場比)
※買取相場価格は当時

直近6ヶ月のユーカーパック最高買取価格

185.0万円
(相場:-万円)
買取成立 2021年2月

ユーカーパックなら
かんたん・安心・高く売れる

査定は1回だけ!個人情報も安心!

クルマの査定は1回だけでOK。お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

クルマの査定は1回だけでOK。
お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

最大5000社以上から買取価格が提示!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。
オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

安心・安全な取引の仕組み

お客様の個人情報がお車の購入者以外には公開されない新しい仕組みを採用しており、取引のやりとり全てをユーカーパックが仲介し、お客様が実際にやり取りするのはユーカーパックのみです。

お客様の個人情報がお車の購入者以外には公開されない新しい仕組みを採用しており、取引のやりとり全てをユーカーパックが仲介し、お客様が実際にやり取りするのはユーカーパックのみです。

売却したお客様の声
売却したお客様の声

総合満足度
4.5
おすすめ度
4.5
車両の引き渡しが完了し、所有権解除書類が貴社に到着後、二営業日で振込されると思っていたが、実際は車両買い取り業者が発行する、車両の受領書を貴社が受けとり後の振込となる事については、説明が無かったと思います。 又、車両の売買契約書が無いのは、振込されるまでの不安感を助長します。 全体的には満足度は高いですが、上記の二点は説明を追加する事と、所有権解除書類を発送する際に送れるのでは? 契約書印紙代金の負担については、契約書作成の場合は、売却代金からの相殺の可否を事前に、とれば良いと思います。
総合満足度
4.0
おすすめ度
4.0
総合満足度
4.0
おすすめ度
4.0
特にありません。
総合満足度
4.5
おすすめ度
4.5

Title icon price
インプレッサの買取・査定ポイント

1992年に登場したインプレッサの中でも、2.0Lターボエンジン(EJ20型)を搭載するスポーツグレードのWRXは、高い走行性能を求めるユーザーから圧倒的な支持を受け、WRXがインプレッサの1グレードから独立した現在でも依然として人気車種です。ここでは、WRXグレードの買取・売却情報をお伝えします。

中古車市場での人気ボディカラーは、定番色のホワイト系「クリスタルホワイトパール」とブラック系の「クリスタルブラックシリカ」、そしてスバル車ではお馴染みのブルー系「WRブルーパール」です。

また、査定で高い評価を受けやすい人気のメーカーオプションや装備は、定番のサンルーフやドアミラーオートシステムの他、大型リヤスポイラーが挙げられます。

高い走行性能で人気のインプレッサWRXですが、お車乗り換えの際にはディーラーにそのまま下取りを出してしまう方も多いのではないでしょうか。ディーラーでは走行距離が長いお車の場合、安い下取り価格での提示となってしまう場合が多いようです。

本来、中古車市場で非常に人気の高いインプレッサWRXは、走行距離を問わず高い買取価格が維持されている稀有な車種です。下取り価格が適正な金額なのかを客観的に確認するためには、スポーツカー専門店を含めた買取店での査定は必ず受けるようにしましょう。

全国のスポーツカー専門店など、最大5000社以上の買取店・販売店が参加するクルマ買取オークション ユーカーパックなら、1回の査定でたくさんの買取オファーが受けられます。ぜひ一度試してみることをおすすめします。

Title icon info
インプレッサの豆知識

スバルの世界戦略車「インプレッサ」

スバルのインプレッサは1992年に初代が発売された、レガシィの下位モデルです。ノッチバックセダンに加え、スポーツワゴンと命名されたやや全長の短いステーションワゴンの2モデルがあります。

レガシィに代わり受け世界ラリー選手権に出場する車両のベースとなり、コンパクトなボディサイズで数々の栄光に輝きました。

現行車は2016年に発表された第5世代となります。ノッチバックセダンとスポーツワゴンをラインナップするのは初代から変わりません。

インプレッサのおすすめポイント

なんといってもインプレッサはスバルのラリーカーとしての高い走行性能が一番の売りでした。

ラリーカーのイメージを持ち込んだWRXはインプレッサの最も代表的なグレードで、日本のカルトカーとして海外でも高い人気を誇りました。

WRCへの参戦も一旦終了し、WRXも独立した車種となった現行車は従来のスポーティなイメージから、上質なファミリーカーへそのイメージをシフトしています。コマーシャルも「家族と愛」がコンセプトとなっています。

インプレッサのデザイン(外観・内装)

インプレッサのデザインは3代目以降イメージを継承しています。

特に2ボックスのインプレッサスポーツは初代と第2世代がワゴンに近いイメージを持っていたのに対し、5ドアハッチバックとして整ったフォルムを持ち、一目でインプレッサとわかるサイドラインとウィンドウグラフィックスが特徴です。

インテリアはスバルの新しいデザインテーマであるダイナミックアンドソリッドを取り入れた、安心かつ愉しい、大胆で精緻な造形がなされています。

インプレッサの走りやすさや乗り心地

現行のインプレッサは、そのスポーツ性をレヴォーグに譲ったことにより誰でも乗りやすい車になりました。元々スポーティな車ですので走行性に関しては高い評価を受けています。

新世代プラットフォームであるSUBARU GLOBAL PLATFORMを採用し、ボディ剛性を高めた事によりあらゆる面で性能が向上しています。

また、より低回転域で実用性が高まったエンジンと、誰もが扱いやすいようにチューニングされたサスペンションがもたらす乗り心地は、クラスを超えたものです。

インプレッサの燃費/排気量

インプレッサの燃費は最もいいもので1Lあたり18.2km(2WD、グレードは1.6i-L EyeSight)から1Lあたり15.8km(AWD、グレードは2.0i-S EyeSight)となっています。いずれも平成27年度燃費基準達成レベルを+5%達成あるいは達成しています。

エコカー減税の対象グレードも、1.6L全グレード、2.0Lであれば2.0i-LEyeSightが自動車取得税を20%、自動車重量税を25%減税されることとなります。

入力はカンタン30秒

今すぐ 無料査定申し込み

車両情報入力
車両情報入力

必須メーカー
スバル
必須車種
インプレッサ
必須年式
選択してください
必須走行距離
選択してください

お客様情報入力
お客様情報入力

必須お名前(かな)
必須 郵便番号 郵便番号検索
必須電話番号
無料査定を申し込む
無料査定お申込みフリーダイヤル
ユーカーパックの査定にお申込みをされる方の専用フリーダイヤルです。
0120-020-050
ページのトップへ
無料査定に申し込む