スバル フォレスター 平均買取相場情報

フォレスター 平均買取相場のご紹介

ユーカーパックにおけるフォレスターの平均買取相場は、135万円です。(※2018年10月~2019年1月現在)

実際の高額売却実績を大公開!

ユーカーパックではフォレスターの高額売却実績が続々と出ています。その一部をご紹介します。

スバル フォレスター

メーカー スバル
車種 フォレスター
グレード ts
年式 H27年03月(2015年3月) アオ
走行距離 16,921 km 入札件数 4件
金額 3,120,000円
URL https://ucarpac.com/items/8038

スバル フォレスター

メーカー スバル
車種 フォレスター
グレード
X-BREAK アドバンスドセイフティパッケージ
年式
H29年01月(2017年1月)
オレンジ
走行距離
8,297 km
入札件数 2件
金額 2,451,000円
URL https://ucarpac.com/items/12009

スバル フォレスター

メーカー スバル
車種 フォレスター
グレード
Sリミテッド アドバンスセイフティーパッケージ
年式
H28年11月(2016年11月)
グレー
走行距離
16,652 km
入札件数 130件
金額 2,300,000円
URL https://ucarpac.com/items/43277

スバル フォレスター

メーカー スバル
車種 フォレスター
グレード
S−リミテッド
年式
H27年09月(2015年9月)
シルバー
走行距離
22,245 km
入札件数 29件
金額 1,838,000円
URL https://ucarpac.com/items/37616

スバル フォレスター

メーカー スバル
車種 フォレスター
グレード
エックスブレイク
年式
H26年03月(2014年3月)
シロ
走行距離
32,829 km
入札件数 37件
金額 1,828,000円
URL https://ucarpac.com/items/21769

 

フォレスターの魅力とは

フォレスターはスバルが製造販売を行なっているクロスオーバーSUVです。
SUVらしい悪路での走行性能の高さを持ちつつ、オンロードでの走行性能も高いフォレスターは、アウトドアを好むユーザーだけでなく幅広いユーザーに高く評価されています。
基本性能に加え安全性能などさまざまなこだわりを持って開発が進められ、国内外で高い人気を誇るSUVへと成長を遂げたフォレスター。その歴史をまとめました。

フォレスターの歴史

初代 SF系(1997年 – 2002年)

初代フォレスターは「スバル・ストリーガ」として1995年に東京モーターショーにて発表されました。その後名称がストリーガからフォレスターに変更され、1997年2月に販売を開始しています。
プラットフォームはスバルの人気車インプレッサと共有し、オフロードでの高い走破性に加え、高速道路などオンロードでの走行性能も重視されており、新ジャンルのクロスオーバーSUVとして一躍話題を呼びました。

初代の間にエンジンの改良を数回実施し、ドライバビリティを向上しています。

2代目 SG系(2002年 – 2007年)

2002年2月に初めてのフルモデルチェンジを実施しました。
発売開始からわずか2週間で月販目標台数を達成しその人気をアピールしています。またグレード体系は「X」「X20」「XT」の3グレードで構成され、中でもターボエンジンを搭載した「XT」モデルに人気が殺到しました。2004年2月にはオンロード走行性能を重視したグレード「STi Version」を追加しています。
2代目でもオンロード・オフロード共に進化を遂げ安定した人気を獲得し、2006年には、発売から約9年3か月で累計生産台数が100万台に突破しました。

3代目 SH系(2007年 – 2012年)

2007年12月に3代目フォレスターが誕生しました。SUVでありながらオンロードでのドライバビリティも重視されてきたフォレスターですが、3代目では本格的なSUVとしての進化がなされています。
エクステリアは車高が高くなったことによりSUVらしさが強調され、ボディーサイズの拡大も図られ居住性も大幅に向上しています。
走行性能においても、エンジンをスバル初のレギュラー仕様のDOHCエンジンに変更。走破性だけでなく環境性能も向上されました。
発売開始1ヶ月間の受注台数は月販目標の2倍以上にあたる4,285台を受注するなど好評を博しました。

4代目 SJ系(2012年 – 2018年)

4代目フォレスターは2014年11月に誕生しました。
キャッチフレーズに「実証。全方位SUV」を掲げ、SUVの本質に磨きをかけることを目指し開発が進められました。
エクステリアはSUVらしさが全面に出たダイナミックなデザインを採用し、空力特性など機能性も考慮されたものへと変更されています。
グレード「2.0XT」では、レガシィに搭載されているエンジンであるFA20型を280psにチューニングし搭載。これにより先代の出力を大きく上回る出力が可能になりました。
4代目では運転支援システム「EyeSight(Ver.2)」の設定するなど安全性能も大きく向上しています。

5代目 SK系(2018年 – )

現行モデルである5代目フォレスターは2018年7月に販売を開始しました。
またスバルが新開発した、走りの楽しさと運転のしやすさを実感できるパワーユニット「e-BOXER」を搭載したハイブリッドモデル「Advance」も9月に発売を開始することが発表されました。
9月13日の時点で月間販売計画の5倍を超える累計受注台数を記録するなど5代目でもフォレスターの人気は衰えることはありません。

 

スバルを代表するSUV車として、20年以上もの間その人気を確立し続けてきたフォレスター。
2018年にはフルモデルチェンジも実施され、その進化にますます今後も注目していきたいと思える車種です。

ユーカーパックでは、今回ご紹介した以外にもフォレスターの高額買取実績が続々と出ています。
愛車の売却を検討している方は、これを機にユーカーパックを利用して車を高く売りましょう!

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

今スグあなたの愛車の最高額をチェック
入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

買取・査定ガイド  2019/03/13

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします