車の買い替えタイミングはいつがベスト?年数や状況で考えよう

車の所有者にとって「いつ頃買い換えるのがベストか」という悩みは尽きないものです。車を買い換えるタイミングは、いつ頃がベストなのかをさまざまな要因から解説します。買い換えまでの準備や、買い換え手続きの流れについても合わせて見ていきましょう。

車を買い換えるべきタイミング

今乗っている車が古くなってきた際に、修理しながら使い続けるか、それとも買い換えるかは常に悩むところです。どのような決断で買い換えを検討すべきでしょうか?まずは車を買い換える判断基準となる要素について解説します。

年数で買い換える

車を買い換えるタイミングの第一要因としては、年数が挙げられます。

一般社団法人財団「自動車検査登録情報協会」が平成29年に行った調査により、車の平均寿命はおよそ8.5年程度であることがわかっています。

この時期を過ぎると車の市場価値が大きく下がり始めるので、一般的には買い換えのタイミングと言われています。

車検前や保証切れを考慮

車検や保証を更新してすぐに買い換えるとなると、その費用が無駄になってしまいます。一定の年数ごとにやってくる車検や保証は以下のようになります。

  • 3年目(または 走行距離6万km時点)…一般保証の終了、初回車検有効期間
  • 5年目(または 走行距離10万km時点)…特別保証の終了、2回目の車検有効期間
  • 13年目…低年式の自動車税の増税(重課)

日本には車検時に自動車メーカーが受け持つ保証があり、それが一般保証と特別保証になります。5年目は特別保証の終了に加え、部品交換が必要となる確率が高いので、3年目よりも費用がかかるとも言われています。車検がちょうど切れるタイミングや、保証切れのタイミングで売却するのがベストと言えるでしょう。

ただし、車検が切れてしまった後に売却や査定となると、車検切れの車で公道を走ることはできないので、車の保管場所で出張査定をしてもらう必要や、輸送費などが発生してしまうので、車検が切れる前に売れるよう、余裕を持って売却プランを立てたほうが良さそうです。

走行距離は10万kmが目安

年数だけではなく、走行距離も重要な買い換えの目安です。

たとえ購入後5年未満の車であっても、10万km以上走行していれば、部品などの消耗が激しく、「乗り潰した車」と判断されてしまうこともあるでしょう。

10万kmを一つの目安として覚えておきましょう。それ以降は修理額が大きくなるだけではなく、市場でも買い手がつかなくなってしまう可能性があるからです。

軽自動車なら8万km、一般車なら10万kmの大台に乗る前の買い換えをおすすめします。

リセールバリューの低下前

「リセールバリュー」とは、車を売却したときにどのぐらいの価値がつくのかを示した指標です。

中古車の市場価値は年数や走行距離によって一定の割合で下がるだけでなく、ある条件によって大きく下がってしまうこともあり得ます。

具体的には、以下のような場合です。

  • 1. モデルチェンジやマイナーチェンジが迫り、新しいモデルの発売される
  • 2. モデルの生産中止・販売終了が決定した
  • 3. 競合となる車種の発売が決定した
  • 4. 不具合が見つかり、自主回収(リコール、改善対策、サービスキャンペーン)が行われたり、自動車メーカーで不祥事が発生した

4.についてはおよそ防ぎようがありませんが、1~3.の場合でも市場価値は大きく下がります。このように、リセールバリューが大きく下がる前に車を手放すこともポイントと言えるでしょう。

ローン完済やライフスタイルの変化

車のローンを完済したタイミングも、車を手放す節目になります。ローン返済中は車の名義はローン会社にあるので勝手に売ることはできませんが、ローン完済後は自分の名義になるため売却が可能になります。車を売った代金がすべて自分の収入になるのもポイントでしょう。

また、ライフスタイルが変化するときも、車を売るタイミングの一つです。家族が増えて少し大きな車が必要になる、子どもが独立して、夫婦二人用の小さい車に乗り換える・引っ越して車の使用頻度が変わるといった車の必要性に応じて買い換えることも検討しましょう。

車の買い替えまでの準備

車を買い換えると決めたら、まずは準備すべきことがいくつかあります。買い換え本番までに何をすれば良いのかを見ていきましょう。

売却可能かどうかや保有する車の価値の確認

まずは、所有する車が売却可能かを確認しましょう。以下の要件を満たしているかをチェックしてみてください。

  • 自動車税をきちんと支払っている
  • 自動車税納付証明書が手元にある
  • 自動車ローンが完済している

自動車税の滞納がある場合は完済し、自動車納税証明書が手元にない場合は、税事務所などに連絡して再発行してもらいましょう。また、自動車ローンが完済していない場合は、所有権の解除などの手続きをローン会社に対し行わなければなりません。

売却できることが、確認できたら、次に、今乗っている車を売却したときにどのくらいの値段がつきそうか?その価値相場をつかんでおきましょう。

ただし、相場の理解は、個別の車の状態などを含まないので、実際の査定価格とはズレが出ることがあるので、おおよその価格感と理解しておきましょう。

購入する車を選ぶ

欲しい車が決まっていないのであれば、売却で見込まれる金額を元に購入する車の予算を検討するのも一つの方法です。

加えて、車の使用目的や乗る人数などを考慮し、購入する車に見当を付けておくことが求められます。店舗に着く前に欲しい車がある程度決まっていると話もスムーズになるでしょう。

店舗での現物確認や見積もり

購入する車が決まったら、いよいよ次は実店舗での現物確認や見積もりです。事前に決めた情報だけではなく、実際に車に試乗するなどして、乗り心地や使い勝手など、自分との相性をチェックするのがポイントです。これから長く乗るのですから、実際に乗ったときの感覚は重要になります。

見積もりを出してもらう場合、複数の店舗を訪れるのも有効です。相場がわかるようになりますし、値引き交渉などもしやすくなります。
また、今乗っている車の下取り査定をしてもらい、下取りがある場合の見積もりとない場合の見積もりを出してもらい、そのまま下取りに出したほうが良いか、それとも他で売却したほうが良いかを検討してみるのも良いでしょう。

また、見積もりは予算内に収まっているか、ローンを組むなら返済能力の範囲内であるかといったことも一つ一つ検討していきましょう。

車の買い換えの手続きの流れ

事前準備や車の選定が終わったら、ここからは実際にどのようにして買い換えるのかについて一連の流れを紹介します。

今乗っている車の売却手続きを行う

現在乗っている車の売却手続きを行います。どこで売るか、査定額や売却にかかる手間を比較検討した上で、必要書類を揃えていきましょう。書類は時間がかかるものもあるので、前もって準備を始めるのがおすすめです。

また、売却が決まった場合も、今乗っている車の引き渡し日と購入した新しい車の納車日に注意が必要です。必要なときに車がない、あるいは、車が2台になって駐車場代がかさむ、ということはなるべく避けたいですし、発生しても短期間に済ませたいものです。

車の売却の流れを理解して、必要書類を事前に準備してスムーズな売却を目指しましょう。

車の購入手続きを行う

車の購入手続きを行います。自動車契約書を作成し、その他にも必要な書類を用意し、期日までに契約する店舗に届けましょう。任意保険の切り替えなども、合わせて行うようにします。

購入時に必要な書類

車の購入時に必要な書類は下記のようなものになります。自賠責保険証や車検証は販売するディーラー、中古車販売店が用意してくれます。委任状は車の名義を変更するのに必要となります。車庫証明は別途費用がかかりますが業者に代行してもらえます。ですが、自分で申請する場合は、警察署に支払う手数料のみで済ますことが可能です。購入時に必要な書類を確認しておきましょう。

<普通車の場合>

  • 印鑑登録証明書
  • 委任状
  • 車庫証明書(※地域によっては不要)
  • 自賠責保険証明書
  • 車検証(自動車検査証)原本
  • 印鑑(実印)
<軽自動車の場合>

  • 住民票
  • 委任状
  • 自賠責保険証明書
  • 車検証(自動車検査証)原本
  • 車庫証明書(※地域によっては不要)
  • 印鑑(認印でも可能)

書類によっては即日発行ができないものもありますので、1カ月前くらいから準備を始めましょう。
また、普通車と軽自動車では用意する書類が少し異なるのも注意が必要な点です。

今乗っている車の引き取りと購入車の納車

乗っている車の引き渡しは購入した車の納車日に引き取ってもらうことがベストですが、タイミングが合わなければ代車を借りることも可能です。

売却車両の引き渡しについてはそこまで難しくはありませんが、入金されたかどうかはしっかりチェックしましょう。業者に伝えられた入金予定日に入金されたかどうかを確認し、入金がなければすぐに問い合わせてください。

購入車の納車は、手続きが終われば、後は書類に不備がなければ納車日を待つのみです。当日は、購入車に傷やへこみがないか、仕様に間違いがないか、細部までチェックしておきましょう。特に傷やへこみについては、後日気づいても受け付けられない場合があります。

新しい車に興奮してしまうかもしれませんが、チェックは冷静に行うようにしてください。

任意保険の切り替え、「車両入替」を忘れずに

車を購入した際に任意保険に加入した方も少なくないでしょう。では、自動車を買い換えた際に任意保険を継続することはできるのでしょうか?そのために必要な「車両入替」の手続きについて解説します。

任意保険の対象を移行する手続き

「車両入替」とは、任意保険の対象を新車に移行する手続きのことです。任意保険は買い換え前の車と契約した保険なので、車を買い換えた際には、保険証券に登録された車の情報を変更しなければなりません。この手続きを「車両入替」と呼びます。

車両入替を行わないと、新しく購入した車が任意保険の対象とならないので、注意が必要です。

車両入替の方法

車両入替は、次の順番で手続きを行いましょう。

  • 1. 車両入替に必要な書類(買い換えた車の車検証かそのコピー)を用意
  • 2. 加入している任意保険の会社、もしくは代理店へ連絡し、任意保険を切り替える旨を伝える

このとき、保険料が変わっていないかどうかを確認しましょう。車の車種や年式によっては、保険料が高くなることもあり得ます。また、これまではセットにできた保証がセットでなくなる可能性もあるため、任意保険の内容についてはきちんと確認しましょう。

車両入替は保険会社によっては、業者の用意したWebサイトで行うことも可能です。

車両入替を忘れてしまった場合はどうする?

万が一、車両入替を忘れてしまったとしても、買い換えの車を取得した30日以内に車両入替の手続きをすれば、以前の保障内容が適用されます。

ただし、保険会社によっては次のような条件がある場合もあります。

  • 車種が自家用8車種である
  • 前の車が廃車もしくは譲渡、あるいはリース業者へ返還された

保険会社によって別の条件がある場合もありますので、あらかじめ確認しましょう。

ちなみに、自家用8車種とは、乗用車3種(普通・小型・軽四輪)と貨物車4種(普通2種・小型・軽)、そしてキャンピングカーなどを指す特種用途自動車をまとめた総称です。
自家用普通貨物車は(1)最大積載量0.5トン以下と、(2)最大積載量0.5トン超2トン以下で区分が異なるため、2種に分かれています。

車の乗り換えをスムーズに

今乗っている車では不便になってきた、今の生活スタイルにマッチした車に乗り換えようと考えたとき、保証や車検などの兼ね合いで、「もう少し待てば良かった」「もう少し早く決めれば良かった」と後悔することのないようにするために、買替のタイミングは大切です。

また買替にあたっては保険などの手続きも必要になります。満足の行く車の売買は情報収集がとても大切です。

車の相場感や売却価格の変化など、ユーカーパックでは車の買い替え、乗り換えの際に役立つ情報を提供しています。

スムーズな車の買い替えに、ぜひ参考にしてみてください。

ユーカーパック お役立ち情報トップ

関連記事

おすすめ記事

お役立ち情報カテゴリ

個人売買について

ご利用にあたって

お役立ち情報

あなたの車が高く売れる!クルマ買取オークション ユーカーパック
  
ページのトップへ
入力はカンタン30秒
無料査定に申し込む