車を売る 流れと手続き 5Step 後悔しない車の売却

車を売る際にはどのような手続きが必要なのでしょうか?車売却の手続きと流れを紹介します。売却に後悔することのないように、できるだけ高い値段がつくポイントについても解説しますので、参考にしてみてください。

1.車を売るなら、どこがいい?車の売却方法を知る

車を売る方法はいくつかあります。できる限り高く売るのなら、どのような方法を選択すべきでしょうか?まずは車の売却方法について解説します。

ディーラーや販売店で下取りに出す

車の下取りとは、新しい車を購入するディーラーまたは中古車販売店に、今まで乗っていた車を買い取ってもらうことを指します。言うなれば買い換えが前提の売却です。

新たに購入する車と合わせた価格交渉ができる点や、新たに購入する車の代金に充てるため負担が軽くなる点、そして何より売却にかかる手間を最小限にできるのがメリットと言えるでしょう。

下取りでは、売却に必要な手続きを全てディーラー、または中古車販売店に任せることができます。

中古車販売店、買取専門店で買い取ってもらう

売却のみを目的とする場合、ディーラーで売ることは難しいでしょう。ディーラーの本職はあくまでも車の販売であり、下取りも新車に乗り換えるからこそ行ってくれます。

一方、中古車販売店は、買い取った車を自店の店頭に並べて売ることが主な目的です。そのため、店のニーズのある車以外はあまり積極的な購入を望まず、高値が付きにくい傾向があります。例えば、軽自動車専門店で大型セダンを買い取ってもらおうとした場合、高い買取価格はあまり見込めないでしょう。また、買い取った車の販売にあたっては在庫管理費や経年の減価といったコストがかかることから、これらを含めた価格設定になってしまうため、売却価格も安くなってしまう傾向にあります。

また、最近はインターネットで様々な情報が得られるようになった影響で少なくなりましたが、以前は現在ほど一般の方が買取相場を知る方法が無かったため、相場よりもかなり安く買いたたき、高く売り抜けようとする業者も少なからず存在していたと言われています。

買取専門店は、買い取った車をオークションに出したり、中古車販売店に卸すことが目的です。台数を確保しておきたいという思惑から、とくに人気車種などは高く売れる傾向にあります。とはいえ、店舗ごとに買取金額が違う、交渉を自分で行う必要がある、代車を確保できるとは限らないなど、事前に調べて、納得のいく店舗を選ぶのには時間と労力が掛かります。

オークションにかける

車を売る方法としては「オークションに出品する」という方法があります。 中古車オークションには以下のような種類があります。

1.業者間オークション

買取専門店などが、全国の中古車販売店に向けて出品するオークションです。USSやTAAのように、大きな運営会社が定期的に全国各地で行っています。

基本的には会員制で、オークション会社との間に手続きをしなければ出品・落札はできません。個人が車を売る場合にはオークション代行業者に仲介を依頼する必要があります。

2.個人-業者間オークション

全国の買取専門店や中古車販売店に向けて、個人が出品するオークションです。ユーカーパックなどが代表例として挙げられます。ユーカーパックの場合、出品者側の個人には手数料はかからず、落札者側のみに手数料がかかるため、個人負担が軽いのが特徴です。

程度の良い個人の車を直接仕入れることができるため、買い手となる中古車販売店にとってもメリットが大きいと言われています。

3.個人間オークション

ヤフオク!などのサービスを使って個人が個人に対してオークションを催すこともできます。数千円程度のシステム利用料で、落札価格に対するマージンも発生しないため、高値で売れれば利益は大きくなるように見えます。

ただし名義の変更や車の引き渡しなど、売却手続きの多くを個人で対応しなければならない上に、支払いに対するトラブルが発生した場合も自己責任となります。このようなリスクがあることをある程度覚悟しておく必要があります。

4.個人売買する

個人間オークション以外にも、個人で個人に、車を売る、個人売買することも可能です。具体的には以下のような方法があります。

  • 友人・知人に売る
  • フリマサイト・アプリ(メルカリなど)を利用する

個人間オークションと同様に、業者に高い手数料払わなくて済むため、利益を大きくできる可能性もありますが、こちらも名義変更や車両入替といった手続きは自分で行わなければなりません。

また、印鑑証明や住民票などの個人情報を面識のない相手に渡すことになります。また、個人との間で高額取引をするというリスクがあることも抑えておく必要があります。

なお、個人に売る場合でも、車の個人売買をサポートしてくれるサービスや業者はありますので、売却の手続きの一部を第三者のプロに頼むことで、このようなリスクを軽減することも可能です。

2.自分の車がいくらになるか、相場、目安を知る


売却の前に、自分の車に実際どれぐらいの価値があるのか、相場・目安を知ることは重要です。自分の車はいくらになるのか見当をつけるために、以下のようなことを事前に行いましょう。

買取相場をつかむ、査定シミュレーション

インターネット上には、車種や年数、走行距離といった車の情報を入れるだけで、ある程度の価格相場がわかるシミュレーションサイトがあります。そのようなサービスを使い、査定・下取りのシミュレーションをしてみましょう。

ただし、車の傷や凹み、パーツの消耗具合などを実際に見るわけではないので、車の状態によってはシミュレーションの金額と大きく差が出てしまう可能性もあります。

中古車オークションの相場をつかむ

オークションにかける場合も、開始価格や即決価格を決めるためにも、相場をつかんでおくことは大切です。高すぎれば買い手がつかないでしょうし、安すぎても逆に何か問題があるのではないかと買い手が入札をためらってしまいます。

3.査定・見積り方法を決める

ある程度相場を把握してから、査定・見積もりを取りましょう。査定方法にはいくつか種類があります。基本は相見積もりを取ることで、買取業者に競争意識を持ってもらうことが大切です。

下取り査定に出す

車を買い換える予定があるのであれば、車を購入する先のディーラーや中古車販売店での「下取り査定」で、査定額を確認しましょう。下取り査定の場合は、売却手続きも新車購入手続きと共に販売店で対応してくれるので、手元にお金は入りませんが、別で売却手続きをするよりは時間も手間もかかりません。

相場を理解していることで、買い換える車の値引き額をもう少しがんばってもらう、ということもできるかもしれません。

中古車買取店、販売店で持ち込み査定

愛車をなるべく高く買ってもらうためには、相見積もりをとることが重要です。

近くの中古車買取店や販売店に持ち込んで査定をしてもらいましょう。エリアやお店の特性によって査定金額には差が出る場合があります。金額があまりにも相場とズレてると感じたら、その理由を尋ねてみましょう。

インターネットサイトで一括査定に出す

インターネットで申し込みができる一括査定は、一度の情報入力で複数の中古車買取店に一括で査定依頼ができるサービスです。ただしサイトによっては、複数の業者に個人情報が渡ってしまうため、しつこく営業をかけられたりすることがあります。そのような悪質な業者に個人情報が渡らないようにするために一括査定の申込み先をしっかりと見極める必要があるでしょう。

値段の数字だけで判断しない

売却方法を考える際に重要なのは、値段の数字だけでは判断しないということです。

より高い金額に見積もってくれた業者を選びたいところですが、極端に高い金額を提示してくるような業者の中には、売却が決まった後に理由をつけて値段を下げにくるような悪質な業者がいるかもしれません。そのため、極端に値段が高い見積もりを出してくる業者にも注意が必要です。

相場をきちんと理解し、適正に近い価格帯の中で売却先を選ぶようにしましょう。

3-1.車を高く売るには?そのコツは?

高額査定を勝ち取るためのポイントについても抑えておきましょう。

高額査定のポイントは?タイミングが重要

高額査定に重要なのは以下の4点です。

  • 走行距離が大台に届く前に売る
  • モデルチェンジ前に売る
  • 年式が節目を迎える前に売る
  • 査定前に洗車や車内清掃を行う

車の価値は一定のペースで下落していくのではなく、走行距離が大台に突入した際やモデルチェンジで一気に下落することも考えられるので、計画的に売却しましょう。

売却にはタイミングも重要です。一年のうちで車の需要が最も高まる1~3月、7~8月は車の査定額も上がりやすくなります。しかしながら、査定額は早く売れば売るほど高く評価されますので、例えば中途半端な5月に売りたいと考えるのであれば、7月を待つよりすぐに売ってしまった方が高く売れることも十分あり得ます。

また、既存車の売却と新車の納車のタイミングによっては代車が必要になってくる可能性もあります。タイミングが合わない場合、業者から代車を借りられるかについても確認しましょう。

3-2.査定・見積りQ&A

車を査定に出すにあたり、自分の車は売れるのか?査定前にやっておいた方がいいことはあるか?などよく聞くお悩みにお答えします。

ローンが残っていても車は売れる?

ローンの返済中は、車の名義は信販会社にあり、勝手に売ることはできません。

ローン返済中の売却は、所有権の解除手続きなどを信販会社との間で行う必要があります。また、車を売却した後に、売却金額でローンを返済できるかも重要になります。

売却金額がローン残高を上回る場合、残りの金額は収入になりますが、車の売却金額すべてをローンに充てても残債が残る場合は、追い金という形で現金で支払うか、別のローンを組んで返済する必要があります。

名義が違う場合はどうなる?

車の名義が自分のものでない場合、売却することはできません。その場合は、まず名義を変更する手続きから行います。ナンバープレートの変更も合わせて行わなければなりません。

車検切れなどはどうなる?

車検切れであっても、査定や売却を拒否されることはありません。ただし車検切れの場合は公道を走れないため、査定は車の保管場所まで出張査定を依頼する必要がありますし、売却時も車を引き取りに来てもらう必要があります。

業者によってはその際に輸送費などが別途にかかるケースもあるようです。

ちなみに車検切れであっても車検証や自賠責保険の納付書などの必要書類を用意しておくことで、査定アップする可能性もありますので、用意しておきましょう。

傷やへこみ、隠したまま売ったら?

大きな傷やへこみは、減点対象になることもあり、隠したまま売りたくなってしまう気持ちが出てきてしまう人もいるかもしれません。

しかし、後々に発覚すると確実にトラブルになります。業者が相手の場合、違約金が発生する可能性もあります。後々のことを考えれば、正直に申告した方が良いでしょう。

4.売却に必要な書類を準備する

車の売却には多くの書類が必要になり、中には前もって準備をしなければならないものもいくつかあります。具体的にどんな書類が必要になるのかを解説します。

必要書類の確認 印鑑証明なども準備する

車(普通車)の売却に必要な基本書類は以下になります。

  • 車検証(自動車検査証)原本
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 実印

なお、所有者の引越し状況や氏名変更などによっても必要書類は変わります。また、業者によって規定の書式の書類を求められることもあるので、事前に確認しましょう。

紛失書類は、再発行などの手続きが必要

書類を紛失してしまった場合、再発行などの手続きをしなければなりません。車検証の発行はナンバーを管理する陸運支局、自動車賠償責任保険証明書は保険会社、自動車納税証明書は税事務所など、再発行の手続きをするための場所は書類により異なります。

書類によっては数週間程度待たされてしまうこともあります。そのため車の売却を決めた地点で必要書類は確認し、紛失書類があったらすぐに再発行の手続きを行いましょう。

5.売却先を決めて、手続きする

売却する店舗や会社が決まったら、実際に売却の手続きを行いましょう。手続きの方法について詳しく解説します。

売却手続き

業者に売却をする場合、売却の手続きについてはそれほど難しくはありません。先述した書類を業者に引き渡せば売買手続きは終了で、あとは車の引き渡しとなります。

なお、売却する車の引き渡し日は事前に担当者と調整しておきましょう。乗り換え先の車の納車のタイミングと合わせて、車が手元にない期間が生まれないようにするのがポイントです。

保険関係の手続き

自賠責保険と任意保険について、それぞれ見ていきましょう。

(1)自賠責保険

自賠責保険の契約期間内で車を売却した場合、全額は還付されません。業者による買取の場合、ある程度の契約期間が残っていれば、月割りで計算され、保険期間が過ぎていない部分の保険料が、査定にプラスされる、あるいは売却額に上乗せされる形で還付されます。

(2)任意保険

任意保険を継続する場合は「車両入替」を行います。保険会社等に連絡し、手続きを行いましょう。

車両入替については、車を買い換えてから30日以内に行わなければならないため注意が必要です。加えて、新車の車種やモデルによっては、保険料やプランの変更を余儀なくされることがあるため、確認を取りましょう。

車の税金 自動車税はどうなる?

自動車税は、毎年4月1日時点での自動車の車検証上の所有者に対して、自動的にかかります。1年分払う形になりますが、自動車の売却は「譲渡」にあたるため、役所から還付金を受け取れることはありません。

しかし、中には買取業者が自動車税の残りの期間を算出して、買取額に上乗せしてくれるケースはあります。自動車税分のお金がどう処理されているかについては業者に確認しましょう。

廃車にしたら、抹消登録と還付申請を

ただし「廃車」にした場合は別です。その場合、自動車税が還付されるので、手続きを行いましょう。

この場合の廃車には3つのカテゴリーがあります。
解体などで2度と走れないようにする「永久抹消」、ナンバープレートを返却して一時的に走れなくする「一時抹消」、輸出する際に必要になる「輸出抹消」です。このいずれかの制度が適用されることになります。

永久抹消には、下記の書類が必要になります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 永久抹消登録申請書
  • 手数料納付書
  • 車の名義人の印鑑証明書(発行日から3カ月以内のもの)
  • 車の名義人の実印(印鑑証明書の印鑑) または委任状
  • リサイクル券に記載の移動報告番号の控え
  • 解体業者からの報告書(解体証明)にある解体報告記録日の控え
  • 自動車税・自動車取得税申告書(一部の陸運支局では不要の場合あり)

抹消条件や自治体によって書類が異なることがあるため、事前に確認しましょう。

還付金の受取についてですが、まずは運輸局で抹消手続きを行い、それが完了すればその情報が都道府県の税事務所に届きます。自治体によって申請書類が異なるケースがあるため、こちらは各自治体の税事務所のサイトなどから何の書類が必要かをチェックするようにしましょう。

入金の確認

車両の引き渡しが完了すれば、指定した口座に買取金額が入金されます。基本的には銀行振込で、現金の手渡しはありあせん。
入金までは1週間~10日程度が多いようですが、入金日はしっかりと確認しておき、入金がなければすぐに業者に連絡しましょう。

確定申告が必要になる場合とは?

通常自動車の売却には、自動車税を支払っているので、所得税とはみなされず、確定申告は必要ありません。確定申告が必要になるのは所得と見なされる次のようなケースです。

  • 所有者が個人事業主である場合
  • レジャーや趣味を目的に使用していた場合
  • 車の売却額が購入額を上回った場合

これらの場合は確定申告が必要になります。
確定申告が必要かどうかわからない場合は、売却先の業者や税理士に聞いておきましょう。

満足のいく売却をするには

売却タイミングや車の管理方法、相場をしっかり把握した上で、自身にあった適切な方法を採ることが、高い査定額を出すことにつながります。

また、単純な査定額だけではなく、そこに至るまでの労力やトラブルについても検討しましょう。リスクや専門性を考えれば業者に頼んだ方が高いリターンを得られる可能性もあります。満足のいく売却をするためにも、情報収集をしながら、計画的に行うことが大切です。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

関連記事

おすすめ記事

お役立ち情報カテゴリ

個人売買について

ご利用にあたって

お役立ち情報

あなたの車が高く売れる!クルマ買取オークション ユーカーパック
  
ページのトップへ
入力はカンタン30秒
無料査定に申し込む