査定前に車の傷やヘコミは修理すべきか?

査定前に車の傷やヘコミは修理すべきか?

車の下取り査定では、車を買い取る業者は細かな場所まで確認します。当然のことながら、減点箇所が多ければ多いほど査定額が減らされてしまいます

傷やヘコミはマイナス要因になるので、査定前に修理して、なるべくマイナス要因をなくしていきたいと考える方は多いのではないでしょうか。

でも、本当に事前に修理したほうがよいのでしょうか。査定前の傷やヘコミの修理について考えてみましょう。

車の査定前に業者に修理を依頼すべきか?

一般的に中古車の査定基準では、爪を立てて引っかからない程度の傷は減点にならないといわれています。普通の乗り方で普通に付く程度の傷であれば、それほどマイナスにはならないでしょう。

大きな傷や凹みがある場合は、修理業者に修理を依頼すれば、安くても数万円の修理費がかかります。しかし、せっかく修理費用をかけても、修理費に見合った分の査定アップにはなりません。中古車販売店などは、自社工場や提携工場など傷やヘコミを安い費用で修理することが可能だからです。

工場に知り合いがいて格安で修理できる場合は別ですが、修理業者に依頼しなければならないような修理は行わずに査定を受けた方が結果的には得となるケースが多いでしょう。

腕に自信があれば修理したほうがいい

カー用品店やホームセンターなどには、車を修復するための道具が多数販売されています。ある程度、ひっかき傷やこすった跡など、少しぐらいの傷であれば、自分で補修してもよいでしょう。多少時間がかかりますが、マイナスの査定要因を少しは軽減できるかもしれません。

ただし、ある程度経験や知識がある方でなければ、止めておいたほうがよいでしょう。修理がうまくいかないと傷を一層目立たせてしまったり、新たな傷をつけてしまったり、車体の色にムラができたりすれば、逆にマイナス要因が増えてしまいかねません

たとえば、小さな傷がある場合、傷を目立たなくさせるためには、一般的にコンパウンドなどのクリームを塗りますが、大きな色むらができる場合があります。大丈夫だと思っても、光の当たりぐあいや見る方向が違うと、見え方が変わってしまうので要注意です。

傷やヘコミの修理方法について

自分で小さな傷や線傷などを修理する場合、スプレーペイントやタッチペイント、スマートペンなどを使います。

自分の車の車体の色が分かれば、小さな傷は比較的容易に目立たなくすることが可能です。ただし、スプレーを使用する場合、小さな気泡ができることもあるので、注意が必要です。

車体の色は一般的にエンジンルーム、または、運転席のドア周辺にある、方式表示プレートに記載があるので確認してみましょう。カラーネームは3ケタから4ケタの数字とアルファベットの組み合わせです。

バンパーなどのすり傷については、細めのコンパウンド、薄づけパテ、液体コンパウンドなどを使います。コンパウンドは小さな傷の場合、こするだけで簡単に傷が消えますが、ムラができやすいので要注意です。傷の大きさや場所によって道具を使い分けることによってある程度ムラを防ぐことが可能です。

まとめ

以上のように、大きな傷は手を付けずに査定に出し、小さな傷は腕に自信のある人は直しておくのがよいでしょう。

ただ、未経験者が行うと逆効果となる可能性があるので注意が必要です。可能であれば、修理業者に相談するなどして、どのようにしたらいいか決めましょう。

買取・査定ガイド  2017/03/03

キズ・へこみは修理すべき?

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします