査定前に車の傷やヘコミは修理すべきか?

査定前に車の傷やヘコミは修理すべきか?

車の下取り査定では、車を買い取る業者は細かな場所まで確認します。当然のことながら、減点箇所が多ければ多いほど査定額が減らされてしまいます。

傷や凹みはマイナス要因になるので、査定前に修理して、なるべくマイナス要因をなくしていきたいと考える方は多いのではないでしょうか。

でも、本当に事前に修理したほうがよいのでしょうか。査定前の傷や凹みの修理について考えてみましょう。

車の査定前に業者に修理を依頼すべきか?

一般的には、爪を立てて引っかからない程度の傷は減点にならないといわれています。通常の乗り方で普通に付いてしまう程度の傷であれば、それほどマイナスにはならないでしょう。

また、大きな傷や凹みがある場合は、修理業者に修理を依頼すれば、安くても数万円の修理費がかかるのが通常です。その一方でせっかく修理費用をかけても、修理費に見合った分の査定アップにはなりません。なぜなら、中古車販売店などは、自社工場や提携工場など傷やヘコミを安い費用で修理することが可能だからです。

そのため、修理業者に依頼しなければならないような程度の大きな傷や凹みの場合、修理は行わずにそのまま査定を受けた方が結果的には得となるケースが多いでしょう。

腕に自信があっても修理はしないほうがいい

カー用品店やホームセンターなどには、車を修復するための道具が多数販売されています。ある程度、ひっかき傷やこすった跡など、少しぐらいの傷であれば、自分で補修してもよいと考える人もいるでしょう。

しかし、修理がうまくいかないと傷を一層目立たせてしまったり、新たな傷をつけてしまったり、車体の色にムラができたりすれば、逆にマイナス要因が増えてしまいかねません。

どんなキズでも何もせずにそのまま査定に出しましょう。

まとめ

査定の業者によって査定時の対応や、査定金額などが異なる場合もあるので、キズの修理を考えるより、査定を受ける前にある程度把握しておいたほうがいいでしょう。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

今スグあなたの愛車の最高額をチェック
入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

買取・査定ガイド  2017/03/03

キズ・へこみは修理すべき?

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします