車を査定してもらおう!でも価格基準はあるの?

車を査定してもらおう!でも価格基準はあるの?

今まで乗っていた車を売りに出す場合、良い条件で買い取ってもらいたいと考える方も多いのではないでしょうか。

その際に行われるのが査定です。この査定には2種類あり、どちらの基準で査定するかは選べます。今回は、査定の基準について違いに触れつつご紹介します。

買取査定と下取り査定の違いとは

査定には、買取査定と下取り査定という2つの査定があります。まず、買取査定の方から見ていきます。

買取査定とは、自動車販売店などが行っているサービスで、車を買い取ることを目的としています。そのため、高額査定が期待できると言っても過言ではありません。しかし、季節やタイミング、売りたい車の車種によって市場の在庫数が変動するため、価格が変動しやすいというデメリットがあります。

続いて、下取り査定ですが、これはディーラーが行うサービスです。新車に乗り換える際に旧車を下取りして割引をする際に利用できます。あくまでも新車に乗り換えることが前提のため、買取査定より安く見積もられることがあり、高額な査定を期待することは難しいでしょう。

査定の基準は?

車を査定する基準は、「市場価値」です。

市場に同じ車種が集まっている場合、人気が薄いと判断されて査定額は下がっていく傾向にあります。反対に、希少な車であれば価値は高くなり、高額な査定額が期待できます。これは買取査定の場合です。

下取り査定の場合は、メーカーの方で査定額が決まっており、市場価値とは連動していないという特徴があります。年数が経てば経つほど価値は落ちていき、査定額も下がりますので注意が必要です。

買取査定の場合、買取店舗によっても値段が変動します。同じ買い取りであっても、業者が異なれば査定額も異なります。少しでも自社に売ってほしいということから業者によって買取価格が変動していると言われています。

査定額をアップするには?

車の査定額をアップさせたいというのであれば、複数の業者を比較する前に、車内をクリーニングしたり、付属品を揃えたりすると良いでしょう。

クリーニングをすることで、査定額が多少ですがアップすることもあります。また、付属品が欠けている場合などは査定額がマイナスになることもありますので、揃えておくことをおすすめします。

それらのことをしたあとは、業者の比較です。一括査定サイトなどを利用すると、査定額を一気に比較することができるのでおすすめです。また、他社の査定額を交渉に使うこともできますのでなるべく比較は多くしておくと良いでしょう。

このように、車を査定に出すには基準があり、業者はその基準に従って価格を提示します。少しでも良い条件で売るために、基準の違いを理解しておくようにしましょう。

買取・査定ガイド  2017/02/21

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします