現在の買取相場

フェアレディZ
214.8万円〜295.4万円
2017年/ 2万km
入力はカンタン30秒
完全
無料
査定依頼スタート

Title icon graph
フェアレディZの買取価格データ

グレード別の相場価格

グレード
買取価格
50.6万円〜63.3万円
24.6万円〜41.0万円
269.6万円〜337.0万円
109.6万円〜128.9万円
27.7万円〜46.2万円
80.2万円〜94.4万円
220.6万円〜275.7万円
98.8万円〜116.2万円
66.5万円〜83.1万円
129.1万円〜151.9万円

年式別の相場・査定価格

年式
平均買取価格
当社平均査定
2017年
241.7万円
245.9万円
2016年
214.8万円
219.8万円
2015年
192.7万円
199.8万円
2014年
180.1万円
186.2万円
2013年
161.8万円
166.4万円
2012年
131.6万円
137.4万円
2011年
113.5万円
117.4万円
2010年
108.1万円
112.3万円
2009年
109.2万円
112.3万円
2008年
57.7万円
60.8万円
2007年
47.3万円
49.9万円
2006年
36.2万円
38.0万円
2005年
25.7万円
27.0万円
2004年
24.1万円
25.4万円
2003年
21.1万円
22.6万円
2002年
20.6万円
22.0万円
2000年
12.8万円
13.6万円
1999年
50.7万円
53.6万円
1998年
62.3万円
65.0万円
1997年
18.2万円
19.1万円
1996年
9.5万円
10.1万円
1995年
3.0万円
3.1万円
1994年
4.0万円
4.1万円
1993年
- 万円
- 万円
1992年
- 万円
- 万円
1991年
- 万円
- 万円
1990年
1.2万円
1.2万円
1989年
2.5万円
2.6万円

走行距離別の相場・査定価格

走行距離
平均買取価格
当社平均査定
1万km
107.6万円
112.1万円
2万km
101.2万円
104.6万円
3万km
95.8万円
100.4万円
4万km
85.2万円
89.0万円
5万km
79.8万円
82.2万円
6万km
77.8万円
82.3万円
7万km
69.4万円
71.8万円
8万km
68.4万円
71.7万円
9万km
66.3万円
69.4万円
10万km
65.2万円
69.1万円
※買取相場価格は弊社が独自に統計分析した値であり実際の買取価格を保証するものではありません。

Title icon price
フェアレディZの直近の買取・査定実績

車名・グレード名
年式/走行距離/カラー
買取価格
(対相場比)
※買取相場価格は当時

直近6ヶ月のユーカーパック最高買取価格

350.0万円
(相場:284.5 〜 314.5万円)
買取成立 2019年1月

ユーカーパックなら
かんたん・安心・高く売れる

査定は1回だけ!個人情報も安心!

クルマの査定は1回だけでOK。お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

クルマの査定は1回だけでOK。
お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

最大5000社以上から買取価格が提示!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。
オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

中間コストがない直接取引

あなたのクルマとクルマを買いたい買取店とを結ぶ直接取引なので中間コストがありません。だから、ディーラー下取りや買取店よりも高く売れるんです!

あなたのクルマとクルマを買いたい買取店とを結ぶ直接取引なので中間コストをカット。
だから、ディーラー下取りや買取店よりも高く売れるんです!

Title icon info
フェアレディZの豆知識

50年の歴史を経てもなお進化し続けるスポーツカー。日産「フェアレディZ」

フェアレディZは日産が製造販売を行なっているクーペタイプのスポーツカーです。高いスペックと美しいスタイルを持ち合わせながら、スポーツカーとしては比較的リーズナブルな価格で手に入ることから発売開始当初から国内に留まらず国外においても高く支持されています。

そんな日産を代表するスポーツカーといえるフェアレディZ。その歴史をまとめました。

フェアレディZの歴史

初代 S30型系(1969年 - 1978年)

初代フェアレディは先代のダットサン・フェアレディに代わり1969年に発売を開始しました。

初代の開発ではアメリカ市場のニーズが強く反映されており、海外の高級スポーツカーにも劣らないエンジン性能や運転性能などその高度なスペックが北米を中心に高く評価されました。

2代目 S130型系(1978年 - 1983年)

1978年8月に初のフルモデルチェンジを実施しました。先代よりもワイドサイズなボディに変更が行われ、その結果、空力特性が向上しています。

1980年には国産車で初となるTバールーフ仕様車を追加し、話題を呼びました。1982年にはL28ET型エンジンを搭載した新モデルが誕生し、1年弱で生産台数が10万台を突破するなど、先代に引き続き大ヒットを記録しています。

3代目 Z31型系(1983年 - 1989年)

1983年に2度目のフルモデルチェンジを実施し、3代目フェアレディZが誕生しました。3代目ではエクステリアデザインをシェイプアップすることで、先代よりも更に空力性能が向上しました。

また、エンジンはSOHCターボ2.0LのVG20ETと3.0LのVG30ETと、全グレードにV6ターボエンジンを搭載しました。なかでもVG30ETは非常に強いパワーを持ち、当時の出力としてはトップクラスを誇るなど好評を博しました。

1985年10月にはDOHCセラミックターボRB20DETを搭載した新モデルが誕生。なおセラミック製のターボを使用した自動車は3代目フェアレディZが世界で初めてでした。

4代目 Z32型系(1989年 - 2000年)

1989年にフルモデルチェンジを実施し4代目フェアレディZが誕生しました。4代目フェアレディZは先代よりもさらにスタイル、パフォーマンスなど全てにおいて完璧なスポーツカーを目指し開発が進められました。

ボディサイズは先代までの5ナンバーサイズから完全な3ナンバーサイズへと変更が行なわれています。エンジンは2種類が搭載され、なかでも新開発されたツインターボチャージャーが採用されたVG30DETTが搭載されたツインターボモデルは日本の自動車メーカーで初の最大出力280PSに達するなど、大きな話題を呼びました。

5代目 Z33型系(2002年 - 2008年)

4代目の生産販売終了から2年を経て2002年に復活した5代目フェアレディZ。5代目フェアレディZはほぼ毎年エンジンスペックの向上が行なわれるなど、スポーツカーとしてのクオリティを追求し続けるモデルとなりました。

また、5代目からそれまでのTバールーフ仕様を廃止し、オープン仕様のロードスターが新たに誕生しています。

6代目 Z34型系(2008年 - )

2008年12月に復活後初のフルモデルチェンジを実施しました。プラットフォームはボディ後半部分が新設計となりました。また、6代目では先代よりも100kgの車重の増加が見込まれていたものの、構造変更やアルミニウムの採用を拡大することで先代とほぼ同じ車両重量をキープすることに成功しました。

2012年のマイナーチェンジではユーロチューンドサスペンションを採用し、スポーティーさと安全性能、乗り心地など多方面においてのレベルアップが実現しています。6代目からは市場を拡大し、世界120カ国近くで販売が行なわれるなど、今もなおその人気をキープし続けています。

日本が誇るスポーツカーとして、50年の歴史を経てもなお進化し続けるフェアレディZ。これからもどのような改良が行なわれていくのか、注目していきたい車種です。

入力はカンタン30秒

今すぐ 無料査定申し込み

車両情報入力
車両情報入力

必須メーカー
必須車種
必須年式
必須走行距離

お客様情報入力
お客様情報入力

必須お名前(かな)
必須 郵便番号 郵便番号検索
必須電話番号
無料査定を申し込む
お電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00
0120-020-050
ページのトップへ
無料査定に申し込む