車の下取りと買取の違いってなに?

車の下取りと買取の違いってなに?

新車を購入する際や今乗っている車が不要になった際に考えるのが下取りや中古車の買取です。このふたつは似ていますが、実はいくつかの点で大きく異なります。

この違いを押さえることが中古車を処分するときに損をしないコツです。

買取とは?

買取とは、中古車販売業者や買い取り専門店などに中古車を買い取ってもらうことをいいます。

多くの中古車買い取り業者は中古車の販売も行っており、買い替える車が中古車の場合には同一店舗で完結するため便利です。

一昔前までは買取単体というのはほとんど行われておらず、下取りが一般的でした。しかし、現在では独自の販売網やネットワークを利用して下取りに出すよりも圧倒的に高い値段を提示してくれる業者も多くなっています。

車のパーツや付属品に関しても細かく査定の対象となっていることが高額査定に結びつくひとつの大きな要因だと考えられます。

このため、中古車市場で人気のある車などを売りに出す場合には買取がおすすめといえるでしょう。

下取りとは?

下取りとは、新しい車を購入する際にその店舗において現在乗っている車を買い取ってもらい、購入代金の一部から割り引いてもらうことをいいます。

下取りは昔から行われてきた方法で、買取に比べると長い歴史を持っています。買取との決定的な違いはその査定方法です。

下取りは各社があらかじめ決められた下取り価格をもとに、キズなどのマイナス要素を減額しながら査定を行います。そのため、古くて人気のない車種であってもある程度の下取り価格はつくことが多いといわれています。

逆に、純正パーツではないパーツの取り付けや改造が行われている場合には査定価格は大幅に下がることが予想されるため、この場合には買取を選択する方が賢いといえそうです。

より高く売るためにはどちらを選ぶ方が賢いのか?

ふたつの大まかな違いが分かったところで、どちらを選ぶ方が賢いのかを考えてみましょう。

結論から言うと、より高く売るためには買取を選択する方が良いといえます。
一般的に、買取は下取りよりも平均しておよそ10万円~15万円ほど高い査定額が付くことが多いようです。

ただし、買取は複数の業者の査定額を比較検討して売却先を探すのが一般的なため、このような作業が面倒だと考える人にとっては下取りの方が魅力的に映るかもしれません。このほかにも、買取市場では値段が付かないような車種でも、下取りであればある程度の値段になる可能性もあります。

このように、一般的には買取の方が高額査定は出やすいと言えるものの、必ずしもそれが正解というわけではありません。売却をする際には自分に合った売却先を選ぶことが重要です。

買取・査定ガイド  2017/01/31

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします