色の違いは車の査定額に影響する。査定額が高い色は?

色の違いは車の査定額に影響する。査定額が高い色は?

車種やグレード、年式、走行距離に傷、ヘコミなど、中古車の査定に影響をおよぼす項目はたくさんあります。さらに、ボディーの色によっても車の査定価格は変わってきます。

査定額がボディーの色によって変わる理由はシンプルで、中古車市場で人気があるかどうかです。買い手がつきやすい色ほど査定額が高くなります。ここでは、査定額が高い色は何なのかをご紹介します。

定番色やイメージカラーの査定額が高い

白や光沢のあるパールホワイト、黒などの定番色は万人受けするので、車種問わず査定額が高くなることが多いです。他には、シルバー系も定番と言えるでしょう。

また、メーカーやブランド、車種に対して色のイメージが強い場合は、イメージカラーの車両の人気が高く、査定額が高くなります。特に、輸入車メーカー・ブランドに多く、例えばフェラーリやアルファロメオは赤、ジャガーは深緑、プジョーは青。

国内車種ではスバル・インプレッサが青のイメージが強いです。他の車種では、トヨタのプリウスはパールホワイトや白・黒、ハリアーは黒・白といったように、イメージカラーが定番色のものが多いです。

ただし、イメージカラーは必ずしも高査定につながるとはかぎりません。例えば、新車プロモーションのテレビCMなんかでよく目にするボディーの色も新車ではよく売れます。でも、中古車市場では人気がない……ということも往々にしてあります。

イメージカラーといっても、フェラーリの赤のようにブランドの定番色といえるほどの強い印象がないと、買い手が多い人気カラーとは言えないので注意しましょう。

人気カラーへの色替えはしないほうが良い

定番色やイメージカラーが査定価格が高くなりやすいからといって、全塗装するのはおすすめしません

なぜなら、全塗装した色替え車は最悪の場合、そもそも査定してもらえない可能性があるからです。

査定してもらえたとしても、同じ色であろうと、色替え車はメーカーの純正車ではなくなってしまうので、マイナス査定になることがほとんど。きれいに塗装してもらい、査定でマイナスにならなかったとしても、査定でプラスになった金額が塗装にかかる費用を上回ることは難しいです。

自分が乗っていた時に車体の色あせや傷がひどくて気になったから塗装したなど、やむを得ない理由で全塗装したとしても、査定にはマイナスになることは頭に入れておいてください。

購入時点で売却することを想定して色を選ぶ

以上のように、中古車市場で人気の定番色やイメージカラーのほうが高額査定になりやすい。でも、全塗装、色替えしてはいけない。となると、ボディーの色は売却する時にどうこうできるものではないのです。

そのため、車を購入する時に、将来売ることを考えてボディーの色を選ぶことは意外と重要だと言えます。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

今スグあなたの愛車の最高額をチェック
入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

買取・査定ガイド  2018/05/18

車査定 色

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします