車の売却の疑問!ローンの残り(残債)があっても買取してもらえるの?

家族が増えた、新しい車が欲しいといった理由で、ローンの支払い途中でも車を売却したいと考える人は少なくありません。

結論から言って、車を売却したお金でローンが完済できるならば、買取してもらうことに問題はありません。車を売却してもローンが完済できない時は、やや手続きが複雑になることがあります。

ローンを完済できるかどうかが重要

売却したい車にローンが残っていたとしても、基本的には査定額への影響はあまりありません。

一括査定サイトなどを利用して、まずは自分の車の相場を確認しましょう。

査定額がローン残高を上回っている場合には、売却をして得たお金でローンを完済し、差額は手持ちのお金として残すことができます。買取店が一括返済などの手続きをすべてやってくれるということもあります。

問題となるのは、査定額がローン残高を下回っていて、ローンが完済できないというケースです。

自動車ローンでは車の所有権をローン会社や販売店に留保しているということが多く、ローンを完済できないと自分に所有権がないので、自由に売れません。

ローンが残っている車を売却する方法

銀行のカーローンで借りた場合には、車を担保に入れていないケースが多いので、何も問題なく車を売却できます。

ただし、新しい車のローンと、古い車のローンを二重に払い続けなければならないという問題はあります。

ディーラーローンを利用している場合には、ほとんどのケースで車の所有権がローン会社や販売店側にありますので、自由に売ることはできません。

この場合、所有権を移転して、まずは自分の名義にする必要があります。この手続きは手間がかかりますが、書類さえ用意できていれば、買取店がすべて代行してくれるということも多いです。

ローンの残りは、買取店に対して分割払いをしていくことになります。例えば、ローン残高が150万円、車の買取額が100万円なら、差額の50万円を買取店に対して分割払いで支払っていくことになります。

できるだけ高く売却するために

このように、車の売却ではローンが完済できるかどうかが重要になります。

車の査定額がローン残高を下回っていた場合には、なんとかして差額のお金を用意するか、新しいローンを組むかしなければならないので、買取のためのハードルが上がります。

だからといって、ローンが完済できるまでその車を使い続けるという選択肢が必ずしも正しいとは限りません。 なるべく早い段階で査定をしてもらったほうが良いでしょう。

一括査定サイトなどを利用して、複数の買取業者に査定をしてもらって、できるだけ高く買取してくれる業者を見つけることが重要です。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

記事カテゴリ

お役立ち関連情報

車買取オークションご利用ガイド

個人売買をご利用の方へ

おすすめ情報

人気記事

ユーカーパックについて

あなたの車が高く売れる!クルマ買取オークション ユーカーパック
  
ページのトップへ
入力はカンタン30秒
無料査定に申し込む