現在の買取・下取り相場(2021年9月現在)

Cクラス

Cクラスの買取・下取り相場データ

買取相場価格 176.6万円〜242.8万円
下取り相場価格 161.4万円〜228.1万円
年式 2018年
走行距離 2万km
入力はカンタン30秒
完全
無料
査定依頼スタート

Title icon graph
Cクラスの買取価格相場表

Title icon price
Cクラスの直近の買取・査定実績

車名・グレード名
年式/走行距離/カラー
買取価格
(対相場比)
※買取相場価格は当時

直近6ヶ月のユーカーパック最高買取価格

235.0万円
(相場:185.5 〜 203.3万円)
買取成立 2021年6月

ユーカーパックなら
かんたん・安心・高く売れる

査定は1回だけ!個人情報も安心!

クルマの査定は1回だけでOK。お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

クルマの査定は1回だけでOK。
お客様への連絡もユーカーパックからだけです。複数の買取店からの営業電話に悩まされることはありません。

最大5000社以上から買取価格が提示!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

ユーカーパックは国内最大級のユーザー向けクルマ買取オークション。
オークション形式だから買取店同士が競り合って、買取価格がグングン上がります!

安心・安全な取引の仕組み

お客様の個人情報がお車の購入者以外には公開されない新しい仕組みを採用しており、取引のやりとり全てをユーカーパックが仲介し、お客様が実際にやり取りするのはユーカーパックのみです。

お客様の個人情報がお車の購入者以外には公開されない新しい仕組みを採用しており、取引のやりとり全てをユーカーパックが仲介し、お客様が実際にやり取りするのはユーカーパックのみです。

売却したお客様の声
売却したお客様の声

総合満足度
5.0
おすすめ度
5.0
やはり、買い取り業者から電話営業がこないのが良い。

Title icon price
Cクラスの買取・査定ポイント

メルセデスベンツ Cクラスの中古車市場での人気は全体的に上昇傾向にあり、年式やモデルに関わらずリセールバリューは全体的に高めとなっています。特に人気なモデルは2018年以降のマイナーチェンジ後モデルで、AVANTGARDEやAMGグレードの人気が高いです。一方のベースグレードは評価が低い傾向にあります。人気色は定番の、白・黒となっており、シルバー系も次いで人気の色となっています。高評価につながるメーカーオプションや装備に関しては、革シートやシートヒーターが高評価のポイントです。

先代型の中古相場の低下しやすいメルセデスベンツを高く売却するためには、メーカー保証の有無と走行距離が重要になってきます。メルセデスベンツは修理代が高額になってしまう場合が多いため、メーカー保証が継続する初年度登録3年以内に加えて走行距離が低いこと、高年式であることが高額買い取りの条件となります。

旧型車の値崩れが激しいと言われているメルセデスベンツだからこそ、5000社以上からオークション形式によって値段が決まるユーカーパックなら少しでも高く売却できます。こだわりと思い入れのある愛車だからこそ、少しでも高く、そしてメルセデスベンツの好きなオーナー様への売却をユーカーパックはお手伝いさせていただきます。

メルセデスベンツ Cクラスの買取・売却なら、最大5000社以上が参加するクルマ買取オークション ユーカーパックをぜひ利用してみましょう。

Title icon info
Cクラスの豆知識

概要

Cクラスは輸入車ブランドで絶対的人気を誇るメルセデスベンツの中でも、「プレミアカー販売台数5年連続No.1」に選ばれるほどの人気モデルです。それほどの売れ筋なため中古車価格が落ちにくいことはもちろん、メルセデスベンツが改良や販売に力を入れているモデルです。Cクラス4代目となる現行型のC180(W205型)も2014年に発表されてから5度以上ものマイナーチェンジを繰り返しています。

メルセデスベンツ Cクラスの特徴

メルセデスベンツのセダンのラインナップ(Sクラス、Eクラス、Cクラス、Aクラス)を見ても分かる通り、Cクラスはメルセデスベンツの中でも中核に位置し、Eクラスと同じようなボディラインナップを持ちます。

現行型に展開されるのはW205型セダン、S205型ステーションワゴン、C205型クーペ、そして2016年にCクラスとして1番新しく追加された4人乗りカブリオレタイプのA205型です。どれも、国産車と比べると大柄なEクラスよりも比較的扱いやすいボディサイズに、エンジンスペックやディテールの異なるグレードラインナップを展開しています。

Cクラスのエクステリアは、さすがメルセデスベンツと言えるボディサイズよりも大きく見える意匠となっています。マイナーチェンジはエクステリアにも見られ、現行型の中でも最新の2019年度9月以降のC180およびC180 AVANTGRADE等にはユニークなヘッドライトが装備されました。また、C180とC180 AVANTGRADEでもグリル部のデザインなどが変わっていたり、幅広いラインナップの中から違いを楽しみながらクルマ選びができるモデルとなっています。

インテリアはシンプルで機能的な印象で、センターパネル上のエアコン吹き出し口はEクラスが4つであることに対してCクラスは3つになっています。C200以上のグレードに標準装備される12.3インチのコクピットディスプレイはCクラス専用設計·デザインとなっており、スマートフォン等へのワイヤレス充電に対応した小物入れがセンターコンソール前方に装備されます。オプション装備としてはお車を真上から見ているような360°カメラシステムや、Sクラスにも装備される高級オーディオであるブルメスターサラウンドサウンドシステムが用意されています。全体として、高級車としての魅力を余すことなく全面に出しているSクラスやEクラスに比べて、シンプルさがより若々しくスポーティーな印象を持たせてくれます。

メルセデスベンツ Cクラスのグレード・ボディカラー

CクラスのグレードラインナップはEクラスに似たボディラインナップに加えて、 Cクラスのみに設定されているローレウス エディションという特別仕様車がセダンとステーションワゴンには設定されています。これは、スポーツの力で世界をより良いものに変えていくことを目的に設立され、スポーツ界のアカデミー賞とも称されている「ローレウス世界スポーツ賞」の選定と表彰も行うローレウス・スポーツ財団から名付けられたモデルです。ローレウス エディションにはAMGラインエクステリアやAMGラインインテリア、ノラミックスライディングルーフ(ステーションワゴンのみ)が標準装備され、スポーティーなCクラスの魅力をより楽しむことのできるモデルです。

※メルセデスベンツのグレード読み方

クラス名を表す頭文字に続く数字は、基本的には大きくなればなるほどエンジンスペックが高い上位グレードになります。また、4MATICは四輪駆動モデル、AMGは上位スポーツモデル、dはディーゼルモデル、eはプラグインハイブリッドモデル、Laureus Editionはメルセデスベンツがグローバルパートナーを務める「ローレウス・スポーツ財団」との特別仕様車となっています。

現行モデル グレード一覧

メルセデスベンツ Cクラス セダン
  • C 180
  • C 180 AVANTGARDE
  • C 200 Laureus Edition
  • C 200 4MATIC Laureus Edition
  • C 220d Laureus Edition
  • C 350 e AVANTGARDE
メルセデスベンツ AMG Cクラス セダン
  • Mercedes-AMG C 43 4MATIC
  • Mercedes-AMG C 63
  • Mercedes-AMG C 63 S
メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン
  • C 180 STATIONWAGON
  • C 180 STATIONWAGON AVANTGARDE
  • C 200 STATIONWAGON Laureus Edition
  • C 200 4MATIC STATIONWAGON Laureus Edition
  • C 220d STATIONWAGON Laureus Edition
メルセデスベンツ AMG Cクラス ステーションワゴン
  • Mercedes-AMG C 43 4MATIC STATIONWAGON
  • Mercedes-AMG C 63 STATIONWAGON
  • Mercedes-AMG C 63 S STATIONWAGON
メルセデスベンツ Cクラス クーペ
  • C 180 Coupé Sports
メルセデスベンツ AMG Cクラス クーペ
  • Mercedes-AMG C 43 Coupé
  • Mercedes-AMG C 63 Coupé
  • Mercedes-AMG C 63 S S Coupé
メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ
  • C 180 Cabriolet Sports
メルセデスベンツ AMG Cクラス カブリオレ
  • Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabriolet
  • Mercedes-AMG C 63 S Cabriolet

このように多様なボディとグレード展開がされているCクラスですが、AMGラインが充実していることも見て取れます。Mercedes-AMG C63 S S Coupéなどの上位モデルには、4リッターの排気量を誇るV型8気筒ツインターボチャージャー付きのエンジンが装備され、最大出力は510PS(375kW)におよびます。Cクラス AMGの人気は国内外を問わず、改造車のベースとしても各地のモーターショー等で見かけることが多いです。

メルセデスベンツ Cクラスのサイズスペック

CクラスのサイズはメルセデスベンツのFR車としては最小のDセグメント車でありながら、日本の街では決して小さいという印象は受けません。国内外で人気の同セグメント車である現行型日産スカイラインのサイズとメルセデスベンツ Cクラスのサイズを比較してみると、全長と全幅はCクラスの方が小さく、特に全長は100mm以上もCクラスの方が小さいのです。これは輸入車の同セグメントである現行型BMW3シリーズと比べてみても同じことが言えます。しかし、ホイールベースは日産スカイラインやBMW3シリーズとほとんど変わらず、むしろ取り回しやすいボディサイズになっていると言えます。

C180 セダン ボディサイズ

  • 全長:4,690mm
  • 全幅:1,810mm
  • 全高:1,445mm
  • ホイールベース:2840mm

メルセデスベンツ Cクラスのエンジンスペック

メルセデスベンツ Cクラスは、エントリーグレードのC180に1.5リッターの直列4気筒ターボチャージャーエンジンから上位グレードのMercedes-AMG C63 SのV型8気筒ツインターボチャージャーエンジンまで、幅広い種類のエンジンにてラインナップが作られています。エントリーグレードのC180に搭載されるエンジンの最高出力は156PS(115kW)ですが、搭載される9速の電子制御トランスミッションの効果もあり、変速を感じさせない非常にスムーズなドライビングエクスペリエンスを生み出します。

メルセデスベンツ Cクラスの燃費性能

C180 の公式数値と、輸入同セグメント車である現行型BMW3シリーズ(320i)の公式数値を比べてみると、3シリーズがWLTC燃費で13.1km/lであるのに対して、C200は13.4km/lと僅差でCクラスの方が低燃費となっています。

入力はカンタン30秒

今すぐ 無料査定申し込み

車両情報入力
車両情報入力

必須メーカー
メルセデスベンツ
必須車種
Cクラス
必須年式
選択してください
必須走行距離
選択してください

お客様情報入力
お客様情報入力

必須お名前(かな)
必須 郵便番号 郵便番号検索
必須電話番号
無料査定を申し込む
無料査定お申込みフリーダイヤル
ユーカーパックの査定にお申込みをされる方の専用フリーダイヤルです。
0120-020-050
ページのトップへ
無料査定に申し込む