ホンダフィットの買取相場

車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

お客様の声

車種
フィット
年式
H22年12月(2010年12月)
走行距離
30,058 km
総合満足度
4.5
おすすめ度
4.5

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

街乗りに最適!コンパクトボディーのホンダ フィット

ホンダ フィットは本田技研工業が開発し販売している車です。

ホンダの車の中では、軽自動車を除くと最もコンパクトな車で、優れた走行性能と低燃費を両立しているのが自慢です。ホンダ独自の特許技術を使用することにより、他社のコンパクトボディー車よりも広い室内空間であるのが特徴です。

エンジンは1,300ccで最近はハイブリッド車のラインナップもあります。今話題の衝突回避システムなども搭載され安全性にも優れています。

フィットのおすすめポイント

ホンダのフィットのオススメポイントとしては、コンパクトボディーであるがゆえに小回りが効くことでしょう。街乗りでは快適な操作性を誇ります。

他社のメーカーの1,300ccの車が100馬力に達していないのに対して、フィットでは100馬力を超えています。そのため、軽快な走りを楽しむことができ、高速道路などでも快適な走行を楽しめます。

また、室内空間が広いのが魅力でもあります。燃料タンクを床下に収納することで、後部座席や荷室が広いのがメリットです。

デザイン(外観・内装)

ホンダのフィットは、大胆さの中にも繊細さが感じられるまとまりの良いデザインです。空力性能まで追求し、アンダーカバーまで採用しているため、燃費の向上にも貢献しています。カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

室内空間については、居心地の良さにこだわった設計が行われています。デザインや質感にもこだわり高級感と使いやすさの両立が実現されています。見た目にも触れてみても心地よさが感じられるデザインです。

走りやすさや乗り心地

ホンダのフィットは、コンパクトなボディーながらもパワフルなエンジンが搭載されているのが魅力です。どんな道でもキビキビと走行することができます。

操縦安定性と乗り心地の良さを両立するサスペンションを採用しているため、不快な揺れもなく気持ちよく乗れる車です。

ハンドリングについては、ステアリングコラムシャフトを大口径化しているため、ステアリングから感じる振動を低減し、高速走行などでも安定したハンドリングが行えます。

燃費/排気量

ホンダのフィットには、1,300ccのエンジンと1,500ccのエンジンラインナップがあります。1,300ccのエンジンでも100馬力を超えていますので、パワフルな走りが楽しめます。

FF仕様と4WD仕様のラインナップがあります。燃費についても低燃費を実現していて、1,300ccのFF仕様車ではガソリン1Lあたり約24km、4WD車については1Lあたり約20kmです。1,500ccについてはFF仕様車で1Lあたり約22km、4WD仕様車で1Lあたり約19kmです。

その他ハイブリッド車のラインナップがあり、FF仕様で1Lあたり約36km、4WD仕様で1Lあたり約29kmの低燃費を誇ります。

フィットの歴史

初代 GD1/2/3/4型(2001 – 2007年)

初代フィットは2001年に誕生しました。
燃料タンクの位置をホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」により車体中央に置くことで広い室内空間を確保することが可能に。「コンパクトカーなのに広い室内空間」が人気を呼び、デビュー直後から本来の月販目標台数8,000台を大きく上回る約48,000台を受注し、当時の日本車の受注台数歴代トップの快挙を成す大ヒットとなり話題を呼んでいます。

大ヒットの結果、2001年には「グッドデザイン賞」、「2001 – 2002日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、2002年には「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど多くの賞を獲得しました。

また、2002年には発売開始から約1年で、日本国内での年間販売台数で33年間首位を譲る事のなかったトヨタのカローラを上回り、首位を獲得。その勢いは止まることなく、2007年6月末には世界累計販売台数が200万台を達成しました。

2代目 GE6/7/8/9型(2007 – 2013年)

2007年10月に初めてのフルモデルチェンジが実施され、2代目フィットが誕生しました。

2代目では先代よりも一回り大きいボディサイズへと変更が行われ、更に広い室内空間を実現しています。

初代に引継ぎ、「グッドデザイン賞」、「2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、また2007年11月末には国内累計販売台数が100万台に達成しました。

2代目では、NASVAが実施した自動車アセスメントでは衝突安全性能総合評価において運転席、助手席ともに6スターというトップレベルの評価を獲得し安全面でも高評価を得ています。

販売は初代から好調をキープし、2007年11月から2008年9月まで国内乗用車販売台数で11か月連続首位を記録。また、2007年度登録乗用車販売台数で第1位を獲得し、12月には2008年登録車販売台数で第1位を獲得しています。

3代目 GK3/4/5/6型 (2013年 – )

3代目フィットは2013年にデビュー。ホンダが推進するグローバルオペレーション改革を担う車種として開発が進められました。

パワートレインは「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」を導入し、全てのエンジンがSOHCからDOHCに変更され、アイドリングストップ機能の追加など燃費性能の向上が図られています。

またプラットフォームも3代目から新設計され、室内空間やパッケージの自由度が最大限に高められるのと同時に静粛性能、操舵安定性、乗り心地の改善が図られました。
安全性能の強化も行われており、多方面で時代のニーズを反映させた車種へとレベルアップしています。

ホンダの人気車種として幅広い層から支持され続けているフィット。
そろそろフルモデルチェンジが実施されるのでは、とユーザーの間では噂もされており、今後もその動向をチェックしていきたい車種です。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号