一括査定とは?メリット・デメリットを詳しく解説

一括査定とは?メリット・デメリットを詳しく解説

今の車を売りたい時、多くの方がまず「一括査定」に申し込むという方法を検討すると思います。

手軽に申し込むことができる車の一括査定ですが、そのサービスの詳細やメリット・デメリットに関して、ご存知でしょうか。

こちらのページでは、そんな車の一括査定の基本知識やメリットとデメリットを詳しく説明し、ユーカーパックのサービスが一括査定とどう違うのかについてご紹介します。

車の一括査定ってどんなサービス?

そもそも車の「一括査定」は、どのようなサービスでしょうか。

  1. 売却したい車の情報(車種や走行距離等)と個人情報を入力すると、一括査定サイトと提携している買取業者に一括で申し込むことができます。
    (※業者によって査定可能エリアが異なるので、エリアによって一括で申し込むことができる業者数などに差があります)
  2. 査定を申し込んだ買取業者の複数社から電話で連絡がきますので、1社1社と査定の日程を調整します。
  3. 決まった日程で買取業者が自宅へ訪問し査定を行ないます。その後、買取額が提示されます。
  4. 査定を受けた買取業者と商談をし、売却したい会社を選び、車を引き渡す。

上記が一般的な車の一括査定の流れになっています。

一括査定のメリットとは

一括査定のメリット

1.情報を一度入力するだけで複数の買取業者に査定を依頼可能

通常複数の会社に査定の依頼をする場合、それぞれの買取業者に査定の依頼をする必要がありますが、一括査定サイトでは簡単に複数の会社への査定依頼が可能です。複数の会社に簡単に査定の依頼が可能なためインターネットの普及とともに自動車買取のシェアを伸ばしています。そのため、一括査定サイトに中古車買取店や販売店が1買取業者として参加しているのが現状です。

査定の依頼も簡単で、一括査定サイトに個人情報(住所、氏名、電話番号・メールアドレス)と車の情報、たとえば「トヨタ プリウス 2016年式 走行距離 3万km」などの情報を入力するだけです。これらの個人情報と車両の情報が瞬時に一括査定サイトに参加しているA社、B社、C社、D社、E社などの買取事業者へと送られます。

その送られた個人情報や車両の情報をもとにA社、B社、C社、D社、E社などの買取事業者がそれぞれ、申込者に査定のアポイントを取り、実際に会って車を査定をして買取金額の提示をする仕組みとなってます。

2.複数の買取業者の競争で、査定額が上がる可能性もある

車を高く買い取ってもらうためには、複数社で買取価格を競わせる必要があります。一括査定では査定の申込を一気にまとめて行うことが可能なため、簡単に複数社の見積もりを取り、各社の買取金額を確認ができます。

買取査定額に関しては、買取業者ごとに大きな差が出ることも多々あります。その為、1社、2社の買取査定額だけで売却の判断をすると買い叩かれる可能性があります。車の売却時に損をせずに、高額で売却することができる可能性を高めるために、一括査定でできる限り多くの買取業者の査定を受け、買取金額を提示してもらうことが必要です。

一括査定の有名なデメリットとは

一括査定のデメリット

メリットと同時に、車の一括査定にはデメリットも存在します。ここではよく耳にするデメリットをいくつかご紹介します。

一括査定のデメリットとしては、

①個人情報が拡散してしまって多くの営業電話を受ける
②見積もりの数だけ査定・商談をしなくてはならない
③買取業者が後ろでつながっており談合される可能性がある

ということがあります。

1. 個人情報が拡散してしまって多くの営業電話を受ける

一括査定のデメリットとして最も耳にするのは、この『大量の営業電話がかかってくる』という点です。

一括査定サイトに申し込みをすると昼夜・深夜にかかわらず、買取業者よりたくさんの営業電話がかかってきます。一括査定サイトを利用した人のうち70%程度の人が一番最初にアポが取れた買取業者に決定してしまうといわれています。そのため、各買取業者は一秒でも早く電話をかけて査定のアポイント取得し、他の買取業者よりも早く査定・買取をしに訪問しようとします。

実際に訪問した後、営業マンが「その車を売ってくれるまで帰りません」などと言い立てる、押し売りならぬ「押し買い」をされたという事例が国民生活センターなどにも苦情として寄せられているようです。

一括査定のビジネスモデル

こういった苦情の背景には、一括査定サイトのビジネスモデルが関係して言います。一括査定では、サイトに入力された個人情報と車両情報をサイトの運営会社が提携する買取業者に販売することで、収益をあげています。

つまり一括査定サイトと提携している買取業者は、申込者の車両情報と個人情報を一括査サイトから購入していることになります。買取業者の立場でいうと申込者と対面し、営業活動をして車の買取をしなければコストの回収ができなくなります。

そのため各社はそのコストを回収しようと積極的な営業活動をするため、前に説明したような「押し買い」などといった状況が起こるのです。

また、一括査定サイトから個人情報や車両情報を購入する買取業者は全てライバルとなるため、我先にと積極的な営業活動を繰り広げます。さらに、買取事業者間での情報共有はされていないため、既に車の売却が完了しているにもかかわらず、電話営業が継続的にかかってくるなど、一括査定サイトは手軽な反面、利用者の負荷が高いといった問題もあります。

2. 見積もりの数だけ査定・商談をしなくてはならない

一括査定サイトから情報を入力すると、確かに査定の依頼は1回で済んで、申込みの手間は最小限ですが、あくまで提携会社への申込みを代行しているだけです。

一括査定のデメリット

申込後、査定の日程調整や立会い、買取業者から買取金額の提示を受けた後の商談に関しては、すべて自分で行う必要があります。実際に提示された買取価格が本当に妥当な金額なのか、金額を見るだけではよくわからない方も多いはずです。車の知識がない場合、「素人」対「自動車買取のプロ」である買取業者との商談を行なわなければならず、負担が大きいといえます。

3.買取業者が後ろでつながっており談合される可能性がある

一括査定サイトを使い慣れている一部の利用者の中には、複数の買取業者を同じ日、同じ時間に合わせて査定に来てもらいその場でまとめて商談をする方もいらっしゃいます。

一見、効率よく複数の買取事業者を競わせながら車の売却ができるように見えますが、必ずしも高額での車の売却が実現するわけではないようです。

買取事業者で一括査定を利用していた営業マンによると、一括査定サイトを利用する買取事業者はある程度決まっているため、毎回同じ会社の営業マンと顔を合わせる場合が多いそうです。買取価格を提示する買取事業者同士で買取価格について口裏を合わせられてしまうと申込者はその事実を知ることは難しいです。

このように、買取事業者のコミュニケーションが取れる状態での、複数者からの見積もりだと結託して安く買い叩かれてしまうケースも考えられます。

一括査定サイトには手軽に複数の買取事業者から買取金額の提示を受けられるといったメリットがある反面、上記のような問題もあります。

一括査定サイトのメリットを活かしながらも、デメリットをになる部分を改善し、車を売りたい方が「簡単」で「安心」して「高く車を売却できる」ようしたのが、ユーカーパックの車買取オークションです。

車にも、オークションという方法があります

ユーカーパックは、1回査定を受けるだけで最大8000社以上(2019年9月)の買取業者(買取業者だけでなく、中古車販売会社なども多数)から買取価格の提示を受けることができる「車買取オークション」のサービスを提供しています。

ユーカーパック

ユーカーパックの車買取オークションは従来の「車買取や一括査定の仕組み」を進化させ全く新しい車買取の仕組みを提供しています。

【簡単】車の査定は1回だけ!

査定をするのはユーカーパック1社だけです。複数の買取業者と、1件1件日程調整や査定の立ち会いをしなくて済みます。

【安心】個人情報が多くの会社に渡ることはありません!

オークションに出品されるのは車の情報のみです。買取業者とのやり取りもユーカーパックが代行します。そのため、複数の会社から営業電話を受けたり、商談をする必要はありません。

【高く売れる】競い合って買取価格がグングン上がる仕組み!

ユーカーパックのオークションに参加している買取事業者は8,000店以上(2019年9月現在)となります。オークションには、たくさんの買取業者が入札に参加しているため、あなたの車を本当にほしい業者が競り合うことで、買取価格が高くなり、買取事業者同士はどの会社が入札しているか確認できないため談合の可能性もなく、買取業者との交渉もユーカーパックの専門スタッフが代行して行います。

ユーカーパックの車買取オークションについてもっと詳しく知りたい方は下記も合わせてご覧ください。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

今スグあなたの愛車の最高額をチェック
入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

買取・査定ガイド  2018/02/23

一括査定とは

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします