車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

【2019年最新版】マツダ CX-5の買取ポイントをご紹介

マツダ CX-5は、2012年から販売されているミドルサイズのクロスオーバーSUVです。第一世代の魂動デザインのエクステリアと、SKYACTIVテクノロジーによる高品質な走行で人気車に一躍仲間入りしました。2017年にモデルチェンジし、現行モデルになりました。

今回は、マツダ CX-5の車の特徴とあわせて、買取・売却のポイントについてご紹介します。

マツダCX-5

モデル特徴

マツダ CX-5は、2.0Lガソリンエンジンと2.2Lディーゼルターボを搭載するミドルサイズのクロスオーバーSUVです。

初代モデルは2012年に、「疾走する動物」をモチーフにした「魂動デザイン」とマツダの新世代共通コンポーネント「SKYACTIVテクノロジー」を全面採用した初の市販車として誕生しました。

2016年12月に初のモデルチェンジを行い、現行モデル(KF型)へと移行。キープコンセプトながら、シャープに洗練された魂動デザインと先進的な安全装備を進化させ、より上品な乗り心地を実現した第二世代SKYACTIVテクノロジーで人気です。

CX-5の特徴は、人気グレードがディーゼルターボエンジン搭載車であることです。

従来ディーゼルエンジンは燃料の匂いがし、ゴロゴロと音が鳴り、排気ガスが黒煙で環境に良くないイメージでした。マツダはこれらの印象を一変させ、世界で一番クリーンなディーゼルエンジンと評価されるまでに改良しました。さらにディーゼルエンジンの特徴である中低速域の豊かなトルクと低燃費はそのままに、ガソリンエンジンのように高回転まで回るエンジンに仕上げ、ミドルクラスSUVでは珍しくディーゼルターボ搭載グレードに6速MT(マニュアル)を採用。運転の楽しさを追求しています。

マツダCX-5

グレード・ボディカラー

CX-5現行型のグレードは、ガソリンエンジン3種とディーゼルターボ1種ごとにベースグレード(20S、25S、25T、XD)、中間グレード(プロアクティブ)、上級グレード(Lパッケージ)、最高級特別仕様車(エクスクルーシブモード、シルクベージュセレクション)が設定されます。

ガソリンエンジン搭載車では、駆動方式は搭載エンジンごとに2WDまたWDが、変速機は6速ATが設定されます。ディーゼルターボ搭載車では、ほぼすべてのグレードで駆動方式は2WDと4WDから、変速機は6速ATと6速MTから自由に選択することができます。

2.0Lガソリンエンジン搭載グレード
  • 20S 6AT 2WD
  • 20S プロアクティブ 6AT 2WD
  • 20S シルクベージュセレクション 6AT 2WD
2.5Lガソリンエンジン搭載グレード
  • 25S 6AT 4WD
  • 25S プロアクティブ 6AT 4WD
  • 25S シルクベージュセレクション 6AT 4WD
2.5Lターボエンジン搭載グレード
  • 25T Lパッケージ 6AT 2WD/4WD
  • 25T エクスクルーシブモード 6AT 2WD/4WD
2.2Lディーゼルターボ搭載グレード
  • XD 6AT/6MT 2WD/4WD
  • XD プロアクティブ 6AT/6MT 2WD/4WD
  • XD Lパッケージ 6AT/6MT 2WD/4WD
  • XD エクスクルーシブモード 6AT/6MT 2WD/4WD
  • XD シルクベージュセレクション 6AT 2WD/4WD

ベースグレードの先進安全装備は、「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」と「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」、「交通標識認識システム(TSR)」以外は、一通り装備されています。中間グレードのプロアクティブ以降ではLAS、ALH、TSRも標準装備されます。

マツダCX-5

各グレードの大きな違いは内装で、特にシート表皮が異なります。ベースグレードとプロアクティブではファブリック生地の「スクエアメッシュクロス」が、Lパッケージ以降ではレザーが使用されます。

また、室内装備で圧巻なのはBOSEサウンドシステムです。10スピーカー構成で、そのうち1点はサブトランクの大部分を占める大型ウーハーを装備。BOSEらしい重低音を運転中に楽しむことができます。

オーディオヘッドユニットは標準ではAM/FMラジオのみの装備ですが、インフォテイメントはApple CarPlayとAndroid Autoに対応します。標準で6スピーカー搭載なので、スマホ経由で音楽を車内で楽しめます。

CX-5のボディカラーは8色が設定され、うち3色が有料色です。特徴的な外装色はマツダのイメージカラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」で、抑揚の多いCX-5のボディの陰影を際立たせます。

マツダCX-5

サイズスペック

CX-5はマツダのグローバルカーであるため、日本の交通事情に適した5ナンバーサイズではありません。全幅が1.8mを超え、かなりワイドとなっており、路地裏など細い道路への侵入は気を使うかもしれません。しかし最小回転半径は5.5mで、意外と小回りが効きます。

  • 全長:4,545mm
  • 全幅:1,840mm
  • 全高:1,690mm

ワイドな全幅から想像できるように、2列シートのステーションワゴンとしては 室内空間には余裕を感じます。身長170cm位の方なら横方向、縦方向とも窮屈さを感じることはないでしょう。成人4名乗車時でもロングドライブに耐え得るスペースを確保できています。

  • 室内長:1,890mm
  • 室内幅:1,540mm
  • 室内高:1,265mm

マツダCX-5

エンジンスペック

2代目マツダ CX-5に搭載されるエンジンは、ガソリン3種、ディーゼルターボ1種の合計4種です。ガソリンエンジンは自然吸気でアクセラ譲りの2.0Lとアテンザ譲りの2.5L、CX-9にも搭載されている2.5Lターボで全てレギュラー仕様です。ディーゼルターボは初代から引き続き改良された2.2Lが搭載されます。

それぞれのスペックは、次の通りです。

2.0Lエンジン
  • 総排気量:1,997cc
  • 最高出力:115kW(156ps)/6,000rpm
  • 最大トルク:199Nm(20.3kgfm)/4,000rpm
2.5Lエンジン
  • 総排気量:2,488cc
  • 最高出力:138kW(188ps)/6,000rpm
  • 最大トルク:250Nm(25.5kgfm)/4,000rpm
  • ※25S搭載時
2.5Lターボエンジン
  • 総排気量:2,488cc
  • 最高出力:169kW(230ps)/4,250rpm
  • 最大トルク:420Nm(42.8kgfm)/2,000rpm
  • X Honda SENSING
2.2Lディーゼルターボ
  • 総排気量:2,188cc
  • 最高出力:140kW(190ps)/4,000rpm
  • 最大トルク:450Nm(45.9kgfm)/2,000rpm

短・中距離運転が主体なら2.0Lや2.5Lエンジンで十分ですが、長距離運転を楽しむようなら馬力に余裕のある2.5Lターボかディーゼルターボを選びたいところです。

マツダCX-5

燃費・動力性能等

KF型2代目CX-5の燃費は、搭載ユニットにより違います。WLTC総合で比較すると、2.0Lエンジンが14.6km/L、2.5Lが13.0km/L、2.5Lターボが12.2km/L、ディーゼルターボが16.6km/Lでディーゼルターボが突出しています。ディーゼルターボはWLTC市街地モードでも13.6km/Lと、かなり低燃費です。(燃費の数値は同じエンジンを搭載したグレードで、最低値を使用しています。)

ユーティリティ

ラゲッジルームの広さは、2列目シート使用時でゴルフバッグが4セット搭載可能な広さです。一般的な用途には十分なスペースでしょう。また、2列目シートが部分的に可倒するので、乗員人数や荷物の形状・サイズによってラゲッジルームの拡大も可能です

  • 荷室長:960~1,830mm
  • 荷室幅:1,040mm ※タイヤハウス間
  • 荷室高:790mm
  • ラゲッジ容量:505L ※2列目シート使用時、BOSE未搭載車、サブトランク含む

マツダ CX-5の買取・売却情報

マツダ CX-5はSUVで比較的取り回しの良いミドルサイズのため、中古車市場でも初代モデルから現行車まで人気があり、高価買取が期待できます。ただし最近では2017年モデルの中古が出回り始めたため、初代モデルの人気が下落気味です。初代CX-5のユーザーの方は、早めに売却や乗り換えを検討すると良いでしょう。

CX-5の人気グレードは2.0Lガソリンエンジン搭載の「20Sプロアクティブ(2WD)」と、ディーゼルターボ搭載の「XD プロアクティブ(2WD/4WD)」です。プロアクティブはベースモデルの先進安全装備を充実したグレードで、シートもファブリック生地のため気軽に使用でき、人気があります。

CX-5全体を通し人気のボディカラーは、定番色でホワイト系の「スノーフレイクホワイトパールマイカ」(有償色で3万円 税抜)と黒系の「ジェットブラックマイカ」となっています。また、マツダのイメージカラーである「ソウルレッドクリスタルメタリック」も人気です。

駆動方式は2WD、4WDとも人気です。ディーゼルのXD系ならライフスタイルやお住まいの地域の天候に合わせて、駆動方式を気兼ねなく選択できます。 高価査定が付きやすい装備としては、電動サンルーフが挙げられます。

マツダ CX-5をより高く売却するにはユーカーパック

魂動デザインを採用したCX-5以降、マツダ車全体のリセールバリューが高くなり、必ずしもマツダ系ディーラーで査定しないと査定がつかない状況ではなくなりました。 もちろんマツダ車からマツダ車に乗り換えるなら、マツダ系ディーラーで査定を行うのも良いですが、CX-5は折角の人気車なので多くの買取店で査定してもらい、客観的な中古車としての価値を確かめてみませんか。

マツダ CX-5の買取・売却なら、最大5000社以上が参加するクルマ買取オークション ユーカーパックをぜひ利用してみましょう。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号