車を売却する時に!ETC関連で必要な手続きと車載器の取り扱いマニュアル

車を売却する時に!ETC関連で必要な手続きと車載器の取り扱いマニュアル

車を売却する時、ETCの取り扱いはどうすればいいのかを知っていますか?

ETC車載器の扱いを始め、必要な手続きとしてどのようなものがあるのか、個人情報を抜き取られてしまうリスクはないのかどうかは気になる所ですよね。

そこで、車を売却する際のETC車載器の扱いやETC関連の手続きについてご紹介していきます。

セットアップが必要!車乗り換え時の注意点

車を新車に乗り換えた時はETCのセットアップをしなければならなくなるため、予め注意しておくことをおすすめします。

セットアップとはETC車載器に車両情報を登録することですが、自力ではできないので、ディーラーや専門業者に必ず頼むことになりますから覚えておきましょう。セットアップ費用は業者によってまちまちですが、2,500円程度が相場となっています。

下取りや買取りに出された車は、新しい持ち主の元へ納車された際に、再セットアップされるのが通常です。しかし、この時点で車の元持ち主になりますから、再セットアップ時の手続きに関与することは基本的にありません。

ただ、マイレージを登録している場合、車の新しい持ち主が付いていたETC車載器で登録しようとしてもエラーとなってしまいますから気をつけましょう。

マイレージサービスを利用しているなら!情報変更の手続きを

ETCカードそのものには車両情報が登録されているわけではありませんから、特に情報変更の手続きをする必要はないです。しかし、ETC車載器のためにマイレージサービスを利用している場合、車を売却する時にそのサービス上で車両情報を変更する手続きが欠かせません

新しい情報に書き換えないままにしておくと、売却した車が新しい持ち主に納車された際にマイレージが登録できずに迷惑をかけてしまいます。また、変更しないままにしておくと登録が抹消され、保有していたポイントが消失してしまう場合がありますから注意です。

車を売却した後はしばらく新しい車に乗る予定がないのであれば、マイレージサービスの解約をしておいたほうが不便はないでしょう。

ETC車載器の有無は査定基準に影響なし?取り外したほうがいいの?

車の売却時にETC車載器をそのままにしておいても、個人情報が抜き取られてしまうという心配は皆無です。ETCカードの抜き忘れでもしない限りは、特にトラブルに発展することはないと考えていいでしょう。

しかし、ETC車載器が車に搭載されているからといって、売却の査定基準に影響があるわけではありません。つまり、ETC車載器があるから査定額が高くなるということは殆どないと思ったほうがいいです。

それなら取り外したほうが圧倒的にお得だと思うかもしれませんが、必ずしもそうだとは言い切れません。新しい車にETC車載器があるなら使い道はないですし、ETC車載器そのものを売却しようとしても安価な可能性が高いです。

また、下手に取り外せば、取り付け時についた穴やテープ跡が目立ち、売却時の評価が下がってしまう可能性すらあります。手間やリスクを考えると、そのまま車を売却してしまったほうが得策だと言えるケースのほうが多いでしょう。

売却  2017/04/19

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします