車を売却したい!でも必要な書類って?

車を売却したい!でも必要な書類って?

車を売却したいと思い立っても、すぐに車を売ることはできません。なぜなら、売るにあたって必要な書類があるからです。

簡単に売れそうにみえて売れないのが車です。今回は、車を売るときに必要な書類についてご紹介します。

車の売却に必要な書類

普通自動車や軽自動車を売却したい場合、必要になる書類は全部で7種類あります。

  1. 自動車検査証
  2. 印鑑登録証明書
  3. 自賠責保険証明書
  4. 自動車納税証明書
  5. 実印
  6. 振込情報
  7. リサイクル券

まず1つ目は、自動車検査証です。車検証ともいわれており、この書類がなければ道路を走ることは認められていません。

2つ目は、印鑑登録証明書です。発行から3カ月以内のものが有効ですので、売却する直前などに取ると良いでしょう。

3つ目は、自賠責保険証明書です。これは、車が自賠責に入っているかを証明するもので、とても大事な書類となっています。

4つ目は、自動車納税証明書です。自動車税がきちんと支払われているかを確認するために必要な書類です。

5つ目は、実印です。これは、契約の際に押す必要が有るため持って行ってください。

6つ目は振込情報ですが、これは通帳のコピーやキャッシュカードなどでも代用が効きます。車を売却した際の代金を口座に振り込んでもらうために必要になります。

最後に、リサイクル券です。車を買った際に、リサイクル料として委託していた場合は、この券を持って行くと査定額に含めるなどの形で返金してもらえる場合があります。

必要書類をなくしてしまったら

車を売却するのに必要な書類をなくしてしまっていた場合は、必ず再発行が必要になります。

まず、車検証(自動車検査証)ですが、登録した陸運局に行き、再発行申請をすれば発行してもらえます。その際に、手数料がかかってしまいますので、その点だけ注意してください。

次に、自賠責保険証です。これがなければ、売却することはできません。もしなくしてしまっている場合は、契約している保険会社にその旨を伝え、直ちに再発行を受けてください。費用はかかりません。

最後に、納税証明書です。これは、車を登録している管轄の都道府県税事務所に相談することで発行してもらえます。時間がかかってしまう場合もありますが、必ず再発行を受けてください。

車検証の住所と現住所が違う場合は?

結婚した際などに住所や名前が変わるというケースはよくあることです。そういった場合、車検証や保険証の住所が現住所と異なってしまいます。

まず、住所が1度だけ変わっているという場合は、住民票を持っていけば問題ありません。しかし、何回か住所を変えている場合は、住民票の除票が必要になってきます。最後に、結婚で名前が変わっているという場合は、戸籍謄本などで旧姓を証明しなければなりません。

車を売却するのに必要な書類はたくさんあります。事情によって名前や住所が変わっていても、必要書類と情報が異なるから車を売れないというわけではありません。きちんと手続きを経て、必要な書類を揃えれば売却できます。

車は持っているだけでも税金がかかりますので、不要な場合は売却してしまうと良いでしょう。

売却  2017/01/31

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします