車を売却したら自動車保険はどうなるの?

車を売却したら自動車保険はどうなるの?

自動車保険を車売却後そのまま放置していると、色々と支障が出る可能性があります。

自動車保険は自動的には解約されないので、保険料がずっとかかり続けてしまうことになります。また、特に手続きをしていないと、車を乗り換えた場合に損をしてしまいます。

早い段階で保険会社に連絡をして、手続きをすませてしまいましょう。ポイントは車を売却した後に、再度車を保有するのかどうかで異なってきます。

車を乗り換えるケース

車を廃車にしたり、売却したりすると、強制加入の自賠責保険については、保険料が還付されます。廃車にした場合には重量税と共に還付されますが、売却をした場合には売却代金の中に含まれているのが通常です。

任意保険の場合、車を乗り換えるケースでは、解約をする必要はありません。契約内容はそのままに、車両変更の手続きをとることになります。保険会社によって手続きの方法は異なっているので、自分が加入している任意保険の会社に連絡をしましょう。

保険の名義はそのままで、車両情報だけを変更する形になるので、新しい車検証を保険会社にFAXするだけで手続きが完了するというケースが多いでしょう。

保険料に関しては、似たような車種ならばそれほど大きく変わることはないと考えられますが、まったく異なる車種になった場合には保険料が上がることもあります。

車を売却した後、しばらく保有をしないケース

車を売却した後、新しい車を購入せず、しばらく保有をしないケースでは、任意保険は解約をすることになります。この際、保険会社へ連絡をして、中断証明書を発行してもらいましょう。中断証明書があれば、10年間は中断したときと同じ等級で任意保険に入りなおすことができます。

自動車保険のノンフリート等級は無事故で1年間が経過すると、1つ上のランクに上がります。1級~20級までがあり、保険料の割引率に大きく影響しますので、中断証明書を発行してもらい、再度加入するときに等級を引き継ぐようにしておきましょう。等級は6級からスタートになっていますので、6級以下の人は中断証明書を発行してもらうメリットはありません。

任意保険を解約すると、残存期間に応じて保険料が返還されますが、どのくらいの保険料が戻ってくるのかは保険会社によって異なりますので、各保険会社に連絡をして確認をしておきましょう。

保険料が上がってしまう場合

任意保険の保険料は、加入する人の年齢や等級によってまったく変わってきます。それだけではなく、車の価値によっても変わってきますので、乗り換えをするケースでは保険料が上がってしまう可能性もそれなりに高いでしょう。

車を乗り換えするときには、無駄な補償がついていないかどうかなどをチェックして、保険料の節約も考えてみましょう。同じ補償内容でも、保険会社によってまったく変わってくることもあるので、保険会社の変更も検討してみることがおすすめです。

自動車保険の等級は、保険会社が変わってもそのまま引き継ぐことができるので、7級以上の人は保険会社に中断証明書を発行してもらいましょう。この制度を知らずにせっかく上げた等級を手放してしまう人も多いので注意をしておきましょう。

売却  2017/05/25

自動車保険

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします