中古車オークション代行のトラブルまとめ

中古車オークション代行のトラブルまとめ

中古車を購入する際に、オークション代行を利用すると安く済む場合があります。

しかし、オークション代行は販売店では起きないトラブルが発生する点を留意しなくてはなりません。この記事では、中古車オークション代行のトラブルについてまとめています。

届いた車が故障車!しかも修理料金を負担してくれない

中古車オークション代行業者が落札した車が故障車だった、というのはよくあるトラブルです。納車日を迎えて車に乗ってみたらエンジンがかからない、という最悪なケースも時折耳にします。
(独立行政法人 国民生活センター「納車後すぐに不具合が起きた、ネットオークションで落札の中古車」

このような場合、中古車オークション代行業者が責任を持って修理すべきと考える人が多いと思いますが、実際は修理してもらえないことが多いと言われています。

中古車オークション代行業者はあくまで車をオークションで落札するのが仕事であって、それ以外の費用は別料金と主張するでしょう。

中古車オークションでは車の状態を出品票で確認するだけで済ますことが多く、実車を見ないで落札するのが一般的です。そのため、納車されてから故障が発覚するトラブルが発覚することになります。

代金を持ち逃げされる!キャンセル料の支払いを求められる!

オークション代行業者に依頼する際、入札用の代金を先に支払う仕組みを取る業者には注意が必要です。相手が悪質な業者なら、代金を持ち逃げされるトラブルが起こりえるからです

条件に合う車が決まらず依頼をキャンセルした途端、音信不通になってお金が返ってこないというトラブルもあるそうです。

また、キャンセルは受け付けるものの高額なキャンセル料を請求してくる業者もあり、なかには10万円以上のキャンセル料を請求してくる会社もあるそうです。

最初に依頼したときに説明があればまだ話はわかりますが、この手の悪質業者は事前説明をしない場合がほとんどです。

本来、中古車オークションは落札しない限り、費用は発生しないものです。理不尽なキャンセル料は断固、支払わないようにしましょう。

オークション代行はトラブルが多い!

そのほかにも、落札金額をごまかしたり、無償で借りたはずの代車料金を請求されたりするトラブルも発生しています。

オークション代行を利用することで車を安く買える可能性は確かにありますが、トラブルにあうリスクはある程度覚悟しておく必要があるでしょう。

オークション代行業者に依頼をするのであれば、できるだけ大手の事業者を利用することをおすすめします。大手事業者であれば、なにか問題が発生した場合でもきちんとした対応がされずに逃げられてしまうという可能性は少ないでしょう。

中古車オークションに詳しい友人や知人がいれば手助けしてもらうのも手ですが、大手事業者であればアフターフォローもしっかりしています。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

今スグあなたの愛車の最高額をチェック
入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

購入  2018/12/25

車売却時のトラブル

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします