中古車オークション代行とは?メリットとデメリットを解説

中古車オークション代行とは?メリットとデメリットを解説

安く自動車を購入したい、または所有している自動車を高額で売却したいときに、中古車オークション代行が選択肢に入ってくるかもしれません。

そこでここでは、中古車オークション代行の仕組みやメリット・デメリットについて解説していきます。

中古車オークション代行の仕組みとは?

中古車オークション代行とは、オートオークションと呼ばれる市場を介して、顧客から依頼のあった車の購入または売却を代行するサービスです。オートオークションは車の卸売市場のことで、全国のカーディーラー・中古車店・車買取専門店などが利用しています。

オートオークションに参加できるのは、オークション会場を経営している企業と契約している業者のみです。

中古車関係の業者であっても、契約を締結していなければオークションに参加できませんし、当然ながら一般消費者がオークションに直接かかわることはできません

ただし、一般の人でも中古車オークション代行に販売・売却の代行業務を依頼することで、間接的にオートオークションを利用することが可能です。

中古車オークション代行を利用するメリット

中古車オークション代行を利用するメリットとしては、安く購入しやすいという点が挙げられます。

通常、中古車販売店などで売買を行う場合、維持費や広告費などといった諸経費が発生します。そのため、販売価格には諸経費分が上乗せされているのが一般的です。

対して、オークションに出品されている自動車には維持費や広告費などがほとんど発生しないので、安い価格で落札できる可能性が高くなります。また、希望の車種の検索は代行業者が行ってくれるので、顧客が自らの足で販売店を見て回る必要はありません。

それから、売却時に自動車を高く売りやすいのもメリットです。直接オークションに出品するため、中古車販売店や買取専門店などに売却するときよりも中間マージンがかからず、出品価格を高く設定しやすくなります。

中古車オークション代行を利用するデメリット

中古車オークション代行を利用する際、気をつけなければいけないのは、出品された自動車の試乗ができないという点です。

希望の車種を見つけても、自分で乗って車の状態をチェックするということができず、返品やクレーム対応なども基本的に受けつけていません。

そのため、落札を希望する自動車の状態チェックは中古車オークション代行業者の役目になりますが、なかにはチェックを怠る業者もいるので要注意です。業者を選ぶ際は、自動車の状態チェックの有無と、不具合があった場合の対応についてよく確認しましょう。

さらに、落札価格の相場に波があるのもデメリットです。オークションである以上、どんな参加者が集まるか、どの車種に人気が集中するかは、その都度変わってきますので落札価格が一定ではないのです。

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

今スグあなたの愛車の最高額をチェック
入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

購入  2018/09/06

中古車オークション

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします