トヨタMR−Sの買取相場

車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

お客様の声

車種
MR−S
年式
H19年07月(2007年7月)
走行距離
37,280 km
総合満足度
4.5
おすすめ度
4.5

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

ハンドリングマシンに生まれ変わったミッドシップスポーツ、トヨタMR-S

日本初のミッドシップカーであるトヨタMR2の後継車として1999年に登場したのがトヨタMR-Sです。

MR2は初代のAW11型(及びAW10型)の登場時こそNAエンジンのみでしたが、スーパーチャージャー搭載モデルが追加されてハイパワー化の道を歩むことになります。2代目のSW20型では排気量が2Lに上がり、ターボチャージャー付の3S-GTE型エンジンが搭載されるグレードもあります。

ハイパワーが与えられた一方で足回りのキャパシティが不足しており、一般のドライバーには少々運転が難しい側面もありました。

MR-Sではこの点を改良し、軽いボディと程良いパワーで軽快に走るモデルに生まれ変わっています。

MR-Sのおすすめポイント

ミッドシップレイアウトのオープンカーという、スポーツカーの究極の形を気軽に楽しめるのがトヨタMR-Sの特徴です。

1970年代のスーパーカーブーム以降、スポーツカーの理想形としてミッドシップに憧れる車好きは増える一方でしたが、購入するには敷居が高いものでした。

MR-Sはこの究極の形態を手軽に楽しむことができるうえ、信頼性の高いトヨタ製のために日常でも安心して使うことができます。

休日に気持ちの良いドライブを楽しめるだけではなく、雨に日に買い物に出かけて街中を走っても全く問題がありません。

MR-Sのデザイン(外観・内装)

ミッドシップならではの低いボンネット、極限まで切り落とされたリアオーバーハング、そして幌付きのオープンボディというスポーツカーの理想形のようなスタイリッシュなフォルムがトヨタMR-Sの外観の特徴です。

スポーツカーらしく内装もややスパルタンな仕上げになっているものの、適度にトヨタらしさを残すことで、スポーツ走行から日常使用まで難なくこなす操作性の良さを備えています。

また、内装はスポーツカーながら利便性も考えた工夫がされています。シート背後にラゲッジスペースを確保するなど、トヨタらしい細やかな心遣いの設計です。

MR-Sの走りやすさや乗り心地

トヨタMR-Sはライトウェイトスポーツカーの性格が濃く、先代のMR2(SW20型)に比べて約200kgも車重が軽くなっています。

そのためハンドルを切った時のノーズの反応が驚くほど早く、ミッドシップの持つ潜在能力の高さをすぐに感じ取ることができます。

足まわりの路面への追従性も向上し、突き上げの少ない快適な乗り心地を実現しています。

また、日本初のシーケンシャルマニュアルトランスミッションを搭載し、AT限定免許のドライバーでもマニュアル操作を楽しめるようになった画期的なモデルです。

MR-Sの燃費/排気量

トヨタMR2の時代と違って、トヨタMR-Sではエンジンが1種類のみに絞られています。1.8Lの排気量を持つ、直列4気筒DOHC・VVT-iの1ZZ-FE型エンジンは最高出力140馬力を発揮します。

スポーツ走行では高回転まで気持ち良く吹き上がる一方、日常使用での低速トルクも十分に発生することが特徴の新世代エンジンです。

燃費は5MTで1Lあたり14.8km、6AT(シーケンシャル)が1Lあたり14.0km(ともに10/15モード走行)となっており、スポーツカーとしてはかなり良好な数字です。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号