ダイハツ ムーヴ 平均買取相場情報

ムーヴ 平均買取相場のご紹介

ユーカーパックにおけるムーヴの平均買取相場は、41万円です。(※2018年12月~2019年1月現在)

実際の高額売却実績を大公開!

ユーカーパックではムーヴの高額売却実績が続々と出ています。その一部をご紹介します。

ダイハツ ムーヴ

メーカー ダイハツ
車種 ムーヴ
グレード
カスタム RS SAⅡ
年式
H29年01月(2017年1月)
クロ
走行距離
11,677 km
入札件数 44件
金額 920,000円
URL https://ucarpac.com/items/43096

ダイハツ ムーヴ

メーカー ダイハツ
車種 ムーヴ
グレード  カスタムX 20thアニバーサリー ゴールドエディションSAⅡ
年式
H27年10月(2015年10月)
アカ
走行距離
15,938 km
入札件数 48件
金額 898,000円
URL https://ucarpac.com/items/24403

ダイハツ ムーヴ

メーカー ダイハツ
車種 ムーヴ
グレード
X SA
年式
H27年06月(2015年6月)
クロ
走行距離
18,684 km
入札件数 75件
金額 768,000円
URL https://ucarpac.com/items/29056

ダイハツ ムーヴ

メーカー ダイハツ
車種 ムーヴ
グレード  L SAⅡ
年式
H27年08月(2015年8月)
クロ
走行距離
20,563 km
入札件数 33件
金額 740,000円
URL https://ucarpac.com/items/33183

ダイハツ ムーヴ

メーカー ダイハツ
車種 ムーヴ
グレード
X SA
年式
H26年12月(2014年12月)
クロ
走行距離
18,370 km
入札件数 29件
金額 740,000円
URL https://ucarpac.com/items/17854

 

ムーヴの魅力とは

ムーヴはダイハツ1995年から製造販売を行なっている軽トールワゴン車です。
軽自動車を多く販売しているダイハツの中でも看板車種と言われるほどの人気を誇っており、低価格で低燃費、なおかつ軽トールワゴンらしい室内空間の広さが好評を博しています。そんなダイハツの人気車種ムーヴの歴史をまとめました。

ムーヴの歴史

初代 L600/610S型(1995年 – 1998年)

初代ムーヴは1995年8月に販売を開始しました。
イタリアのデザイン会社I.DE.Aと共同開発されたエクステリアデザインは他にはない上品な雰囲気を醸し出しており、当時話題を呼びました。
全高の高さを利用して荷室の収容スペースを大きく確保したことや広いガラスエリアによる見通しの良さなど利点も高く評価されています。

2代目 L900/910S型(1998年 – 2002年)

軽自動車の規格改定を受けて、初代の誕生からわずか3年で初めてのフルモデルチェンジが実施されました。
2代目ではフロアパンを見直し、先代のデメリットであった室内のデッドスペースの改良が図られました。
また2000年のマイナーチェンジの際には、衝突安全ボディ「TAF」の性能アップや安全インテリア「SOFI(ソフィ)」を採用するなど安全性能の向上が図られたほか、カスタムモデルではフロントデザインの一新が実施されています。

3代目 L150/160S型(2002年 – 2006年)

3代目ムーヴは2002年10月に誕生しました。
標準車はカジュアルかつ上品なデザインで万人受けするものへ、カスタムモデルは先進的でかっこいいデザイへと改良が行われ、より幅広い層をターゲットに開発が進められました。
新開発のプラットフォームが採用されたことにより居住性も更に向上し、また減速制御や先行車の追従走行が可能なレーダークルーズコントロールが搭載されるなど、3代目ムーヴは先進的かつユーザー目線での利便性の向上が図られました。

4代目 L175/185S型(2006年 – 2010年)

2006年10月にフルモデルチェンジを実施し、4代目ムーヴが誕生しました。
これまでの角ばったデザインから、丸みを帯びたフロントが印象的なワンモーションフォルムへと変更され、見た目の印象ががらりと変わりました。またホイールベースを100mm拡大したことにより、居住性も大幅に向上しています。
2008年にはマイナーチェンジを実施。標準車は内装のデザインを一新し、シート生地の質感を向上するなど細かいこだわりを見せています。

5代目 LA100/110S型(2010年 – 2014年)

4回目のフルモデルチェンジが実施され、2010年12月に5代目ムーヴは販売を開始しました。
平均で約35kgの軽量化を図るとともに、ダイハツ独自の軽自動車専用エンジンであるKF型エンジンも見直しが図られました。燃焼効率の向上とメカニカルロスを低減した第2世代KFエンジンは5代目ムーヴから初めて採用されています。
ホイールベースは先代より短縮されたものの、室内幅は軽自動車最大となる1,350mmを確保し居住性はアップしました。
また、環境性能・安全性能でも改良が実施され、更にオールマイティな自動車へと進化を遂げています。

6代目 LA150/160S型(2014年 -)

現行モデルである6代目ムーヴは2014年12月に誕生しました。
高剛性化を行った軽量高剛性ボディ構造「D monocoque」を採用するなど、更なる軽量化が図られ、足回りを改良した「D suspension」や軽自動車では初のパワーモード切替ステアリングスイッチ「D assist」が装備されるなど、基本性能の向上を重点に開発が進められました。
デザインは先代よりも更に重厚感があるものへと変更され、まるでミニバンのようなダイナミックさが話題を呼んでいます。
安全性能も向上が図られ、2015年には予防安全性能アセスメントにおいて、軽自動車では初めて最高評価のJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しました。

 

ダイハツが誇る軽トールワゴン車として進化をし続け、20年以上も安定的な人気を保ち続けているムーヴ。
今後もユーザーのニーズに応え続けてくれる車種としてどんな進化をしていくのか注目していきたい車種です。

ユーカーパックでは、今回ご紹介した以外にもムーヴの高額買取実績が続々と出ています。
愛車の売却を検討している方は、これを機にユーカーパックを利用して車を高く売りましょう!

あなたの愛車を最高額で売ろう!

ユーカーパックなら
たった1度の査定で最大5000社公開入札
だから、愛車の最高額がわかる

今スグあなたの愛車の最高額をチェック
入力はカンタン30秒!

無料査定申込はこちら

買取・査定ガイド  2019/03/13

この記事が気に入ったらいいねしよう!

ユーカーパックの最新情報をお届けします