車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

スズキ「ワゴンR」は使い勝手も良い!

スズキのワゴンRは、軽ワゴンというカテゴリを作り上げました。実はワゴンRが登場する前、多くの軽自動車は背の低いタイプがほとんどでした。

思い切って背を高くしたことで、さらに運転しやすくなり、限られた広さの軽自動車でも車内空間を有効に活用出来るようになった代表的な一台なのです。

発売当初から5ドアを採用し、後部席にも大人が乗れる十分な広さを確保するなど、毎日使う軽自動車だからこその特徴を歴代のワゴンRが備えて来ました。本当に使いやすい機能が満載だからこそ、ワゴンRは軽自動車を代表する一台となったのです。

ワゴンRのおすすめポイント

軽自動車であるスズキのワゴンRは、ランニングコストに優れています。しかも車高も十分に高く、例えば平均的な体格の成人男性であれば運転席に腰掛けてみても天井の高さも気にならないでしょう。

コンパクトな車格だけに運転もし易い上に、5ドアなので大人4人が乗れて荷物もハッチを開けて出し入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

燃費も良く運転もし易いので、近場から郊外まで行き先を選ぶことなく使えるので、いろいろなシーンで活躍してくれます。

ワゴンRのデザイン(外観・内装)

新型ワゴンRは、外観で2つのデザインとなりました。これまでワゴンRの特徴的だったたて長のヘッドライトは、FXではほとんど正方形になり、FZでは上下にセパレートされ斬新に生まれ変わりました。

もともとコンパクトで運転のし易い軽自動車なので、女性や初心者ドライバーにオススメという印象がありました。しかし今回のワゴンRでは、どちらのデザインを選んでも性別を問いません。

また内装は全体的に落ち着いていて、しかもダッシュボードに大きな棚のあるデザインに変更されたので、スマートフォンなどの小物などを置いておけるなど、普段使いにも配慮されています。

ワゴンRの走りやすさや乗り心地

ワゴンRは、まるで氷の上を滑っているかの様に軽やかに加速していきます。

ノンターボではありますが、エンジン出力をしっかりと加速につなげて行くので、日常の運転中に非力さはほとんど感じません。むしろその走りと好燃費の両立には驚かされるでしょう。

ワゴンRはドアを閉めるだけで、遮音性があり、エンジン音すら遠くに感じます。走り出せば、実にキビキビとしていて、さらに足まわりもフワフワとした頼りなさがありません。

スズキのワゴンRの燃費/排気量

好燃費が期待される軽自動車の中でも、ワゴンRの燃費は優秀です。まずはカタログ数値で、1Lあたり33kmを超えています。そして気になる実際の燃費ですが、街中メインの使用で約1Lあたり21km前後を達成しています。

小型車などと比べても軽量だと言われる軽自動車ですが、とは言っても排気量660ccでこの燃費を達成させるのは十分に評価が出来るはずです。

さらに、モーターアシスト機能などが追加されたことでさらに燃費がのびる可能性も期待されます。

ワゴンRの歴史

初代 CT21S/51S / CV21S/51S型(1993年 - 1998年)

それまでの軽自動車のイメージは「女性に好まれる小さな車」でしたが、「男性にも受ける軽自動車」を作ろう、とワゴンRの開発が開始しました。前述のように高さを出すことで得た室内空間の広さは、ワゴンR発売当初の一番の特徴と言っても過言ではないでしょう。

エクステリアに関しても男性にも受け入れやすいデザインとなっており、まさに軽自動車=女性が好む、というイメージを覆すようなこだわりが各所に見受けられます。

結果として、その広さと利便性から男性だけでなく老若男女の幅広い層に人気を博しました。

2代目 MC21S/11S/22S/12S型(1998年 - 2003年)

初代発売から5年後に最初のフルモデルチェンジを行ないました。
先代で好評を博した室内空間の広さはそのままに、エクステリアは初代と対照的に丸みを帯びた優しいデザインに変更されました。その結果、女性層に大きく支持されることに。

また、2000年3月には発売以来初の月間販売台数3万台を突破し、発売から好調な売れ行きをキープし続けていることが伺えます。

2代目でのマイナーチェンジでは、リアシートのスライド機能の追加や、4WD車に軽自動車初となるシートヒーターを標準装備するなどの改善が行われました。

3代目 MH21S/22S型(2003年 - 2008年)

3代目では初代のような角ばったエスクエアデザインへの変更が行われました。走行性能でも改善が行われ、安定した静かな走りが高く評価されています。

また3代目ではスポーツモデルであるPRに軽自動車初となる直噴ターボを採用するなどの改善が行われました。

2007年には、これまでのモデルと異なるエクステリアデザインが印象的な「ワゴンRスティングレー」が販売を開始し、話題を呼びました。

4代目 MH23S型(2008年 - 2012年)

スタイリッシュな外装が印象的な4代目が2008年にデビューしました。
4代目ではリアドアの開口幅の拡大や、居住空間の大幅な拡大、160mmまで前後にスライド可能なリアシートスライド機構など、更なる利便性に繋がる改善が施されています。

また燃費性能の向上も行われ、ターボ車とノンターボ車のCVT仕様のエンジンにはワゴンRでは初めて電子制御スロットルが採用されました。

2010年にはワゴンR初の海外仕様車が発表され、インドやインドネシア、パキスタンなどで販売を開始、日本のみならず世界でも拡販を進めています。

5代目 MH44S/44S型(2012年 - 2017年)

スズキの次世代環境技術「SUZUKI GREEN Technology」の第一弾車種として5代目ワゴンRの開発は進められました。

スズキの技術を駆使した「エネチャージ」や「エコクール」を搭載し、エンジンへの負担を減少し更なる低燃費車種として進化を遂げました。

また5代目の後期型になると、「後退時左右確認サポート機能」や「自動俯瞰機能」などの機能が追加され利便性がアップします。簡易型ハイブリッドシステム「S-エネチャージ」も搭載され、更なる燃費向上に貢献しています。

6代目 MH45S/55S型(2017年 - )

現行モデルである6代目は2017年に販売を開始しています。
6代目にはスズキの次世代テクノロジーである「HEARTECT」が採用されています。

「HEARTECT」は、構造や部品の配置を全面刷新することで、アンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立しており、更に低燃費で走りもスムーズに進化しています。

軽自動車で初となるアンブレラホルダーを採用するなどユーザーに嬉しい機能が多く追加されています。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号