ホンダエリシオンの買取相場

車の売却をご検討中ですか?

「ユーカーパック」では一度の査定で最大5000社以上の中古買取店から買取金額のオファーが受けられるので、
手間を掛けずに高価買取が可能です。

メーカー
車種

ユーカーパックでクルマが高く売れる理由

業界初!1度の査定で最大5000社以上からの同時見積もり

1度の査定で最大5000社以上からの買取オファー

一括査定では多くても最大10社程度の見積もりですが、「Ucar査定」では最大5000社以上の中古買取店から買取のオファーを受けることが可能です。

買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

加えて買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まり、高く売れます。

現在は中国専売車種に。ホンダの上級ミニバン「エリシオン」

エリシオンはホンダが製造販売を行なっていた上級ミニバンです。現在は日本での製造販売は終了しており、中国専売車種となっています。

エリシオンはホンダの代表的ミニバンであるオデッセイや、その他競合のミニバンと比較しても全高が高く、また当時、新開発の低床プラットフォームを採用したことにより安定した走行性能を実現し人気を博しました。

車体のサイズは、エリシオンの前身であるラグレイトよりはサイズダウンしていますが、オデッセイよりも全長、車幅ともに一回り大きく、ミニバンの中では大柄な車種となっています。

そんなエリシオンの歴史をまとめました。

■エリシオンの歴史

▼初代 RR1/2/3/4/5/6型 (2004年~2013年)

エリシオンはラグレイトの後継車として開発が行なわれ、2004年5月に発売されました。2007年1月には高級グレードである「プレステージ(PRESTIGE)」の販売を開始しました。この「プレステージ」はミニバンにおいて最高出力のエンジン性能を誇り、当時人気を博しました。

2008年のマイナーチェンジ時にはフロントグリルのデザインが変更されました。「プレステージ」もSZとSG HDDナビスペシャルパッケージに国産のミニバン初となる電子制御パーキングブレーキを搭載しました。

2012年7月には中国市場において販売を開始。一方で、2012年5月にエリシオンの、2013年10月にプレステージの日本国内生産と販売を終了しました。それ以降現在に至るまで、中国専売車種となっています。

ちなみに、日本国内では1世代だけの販売となりましたが、中国では2016年にオデッセイの兄弟車種として2世代目に移行しています。

ホンダのエリシオンは日本での生産販売は終了しているものの、車買取市場では今でも注目されています。

今すぐ!無料査定申し込み

お急ぎの方はお電話でも受け付けております。
無料査定申し込みダイヤル 10:00〜19:00年中無休
必須 メーカー
必須 車種
必須 年式

※不明の場合はだいたいでOK
必須 走行距離

※不明の場合はだいたいでOK
必須 お名前
必須 郵便番号
必須 お電話番号